ピクシブ百科事典

水鏡秤

みかがみはかり

「水鏡秤」とは、ゲーム『逆転検事2』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

検事審査会に属する美人裁判官
法を絶対のものとしているため、法に背く者には厳正に裁きの鉄槌を下す。
常に伸縮自在の木槌を持ち歩いており、地に叩きつけて相手を威圧する。対決のときのボイスは「異議あり!」ではなく「却下!」。

却下!



検事審査会の一員であり、過去(前作:逆転検事)の一貫の事件にて御剣の捜査方法に異議を唱え、捜査権や検事バッジの剥奪を警告するなど、幾度も御剣の前に立ちはだかる。
これは有罪判決に拘っていたかつての御剣との対比である。
しかし御剣が美雲を助けるために検事バッジを捨てた時は、まさか御剣が自ら検事バッジを捨てるとは思っておらず驚きを隠せずにいた。

作中では一柳弓彦とよく行動を共にしており、イラストでも一柳弓彦との絡みが多い。
実は検事審査会の会長である一柳万才の悪事の証拠を掴むために息子の弓彦に近づいたのだが、検事としての実力はともかく弓彦の一生懸命さは認めており、万才が息子を「使えない駒」呼ばわりした時は激怒していた。

年齢は御剣と同い年の26歳で、矢張からは「ハカリちゃん」と呼ばれている。
基本的には自他共に厳しく常に冷静だが、養子である相沢詩紋のことになると取り乱す一面がある。
詩紋のことは実の息子同然に大切にしており、詩紋も実母のように慕っている。


関連イラスト

ご静粛になさいませ!
無題



関連タグ

逆転裁判・逆転検事シリーズキャラクター一覧 逆転検事
一柳弓彦 御剣怜侍

pixivに投稿された作品 pixivで「水鏡秤」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 147864

コメント