ピクシブ百科事典

水龍敬ランド

みずりゅうけいらんど

水龍敬ランドとは、漫画家「水龍敬」氏の作品に登場するような貞操観念から開放された、架空の性的テーマパークである。
目次[非表示]

MIZURYULAND
+夢を叶えるテーマパーク+

言葉の成り立ち

twitterにおいて伊藤エイト氏が
「水龍敬さん 最終的に黒ギャル複合施設のオーナーとかになって
 その中での出来事を漫画にする世界初の自家栽培エロ漫画家とかになりそう」
と言うツイートを行った。
このツイートを見たとある人物が上記の複合施設を指す言葉として「水龍敬ランド」と言う言葉を使用したことで、この言葉は誕生した。

これらのやり取りが水龍敬氏の目に留まりフォロワーに拡散された結果、様々な人物が自分の想像する「水龍敬ランド」の様子やアトラクションなどの設定についてツイートするようになった。

最初期は漠然と「水龍敬氏の作品にイメージされる世界観」を元に施設について想像していたこともあり、はっきりとした共通のイメージは存在していなかった。
その後水龍敬氏が数多くのツイートを閲覧した結果を元に、想像した園内の様子が投稿されたことにより一部設定のようなものが形作られた。

しかし水龍敬氏によればこの設定も「マップやアトラクション等のアイデアはあくまで一例です。自由にご想像下さい」と言うことである。細かいことは気にせずどんどん妄想を広げよう。

現在これらの話題のつぶやきには #おいでよ水龍敬ランド や #水龍敬ランド などのハッシュタグが
使用されている。

水龍敬ランド

水龍敬氏によると
セックスへの罪悪感や嫌悪感を払拭し、生き物として本来の姿に立ち返って、まるで食事を楽しむように、みんなが安全で自由な性を楽しむことができる…それが水龍敬ランドの基本コンセプト
とのことである。


園内のシステム(水龍敬氏設定準拠版)

入園するためには入園日の一週間以内に行われた性病検査の診断書を提出する必要がある。
入園に関する年齢制限などは設けられておらず、大人は有料、子供は無料で入園できる。
入園者は専用のICタグを身につけ、体に可能なプレイを示した意思表示シールを貼ってから入園する。
この意思表示シールは園内での不本意な性交渉を避けるために必要となっており、本人の意思に反する性交渉はもちろんご法度である。

園内には性交渉を行う施設以外にもホテル売店があり、決済はICタグを使用した電子マネー「パコル」を使用する。

内容が不足しており文章の推敲も必要なため、加筆修正求む。

関連イラスト(ここに出せる範囲のもの)

メスレオンさんⅡ
ギャル子ちゃんat水龍敬ランド
フェチフェス水龍敬ランドの幸和あいきちゃん!



関連ネタ

もっこりランドレスリングシリーズ
TDNランド真夏の夜の淫夢

pixivに投稿された作品 pixivで「水龍敬ランド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8073826

コメント