ピクシブ百科事典

氷河期の災厄の象徴

ひょうがきのさいやくのしょうちょう

氷河期の災厄の象徴とは、甲鱗のワーム様が氷河期のドミナリアで如何に人々に恐れられていたかを端的に示す二つ名である。
目次[非表示]

氷河期のあいだに繁栄を極めたこのワームは、キイェルドーのありとあらゆる人々にとって恐怖の的だった。

その巨体と狂暴な性格が呼び起こした悪夢は数知れない ―

甲鱗のワームはまさに、氷河期の災厄の象徴だった。

― 「キイェルドー:氷の文明」

概要

MtGではカードの能力が書かれる欄に、明朝体(日本・中国以外は斜体)で書かれる文章がある。
これらは『フレーバー・テキスト』と呼ばれ、そのカードおよびMtG世界の背景を描写する為にある。
(フレーバー・テキストはゲームに影響を与えない。影響を与える能力の文章は丸ゴシックを使う)
確かに甲鱗のワームとまともに戦闘をしようと思えば勝ち目はないに等しい。しかし甲鱗のワームがゲーム中にこのフレーバー・テキストどおりの活躍ができるかといえば……お察し下さい
(無論、プレイヤーの呪文次第では本当に氷河期の災厄を再現できる)

なお、甲鱗のワームが登場したのは氷河期を背景とする拡張パック『アイスエイジ』から。
ちなみにこのアイスエイジ、パッケージイラストに甲鱗のワームが採用されている。
実際の強さはともかく、アイスエイジを印象付けるには十分すぎる貫禄を持っていると言える。

関連イラスト

甲鱗のワームはまさに、氷河期の災厄の象徴だった

甲鱗のワーム



関連タグ

MtG M:tG 7/6 最強のシャーク 甲鱗様

関連リンク

甲鱗様Wiki

pixivに投稿された作品 pixivで「氷河期の災厄の象徴」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 130106

コメント