ピクシブ百科事典

永谷園

ながたにえん

日本の食品企業。 ふりかけ類をはじめとした副食品やレトルト食品を手掛けている。 稀にかなり尖ったキワモノ製品を開発することもある。

永谷園とは、日本企業の一社である。

企業理念は「味ひとすじ」

概説

創始者は江戸時代の農家永谷宗円(ながたに そうえん)にまでさかのぼり、宗円が「青製煎茶法」(せいせいせんちゃほう)を編み出して日本の喫茶文化に一大革命をもたらしたことを皮切りに、茶屋として茶量(煎茶道用の茶匙)を切り売りするなどして成功。
時を経て1953年に企業として出発し、お茶漬け海苔のヒットによって大企業へと躍進するきっかけを得た。

おもにお茶漬けの素やふりかけなど、ご飯ものに関連する副食品を開発・生産・販売している。
一時期は外食産業にも裾野を拡大していたが、現在は撤退している。
2002年ごろから大相撲にスポンサーとして出資し、懸賞金も出している。

フリーズドライ製法による味噌汁や、ラーメン鍋やちらしずしなど手間のかかる料理を手軽にする副食品(いわゆる「○○○の素」)を多数開発している。
中には「そばめしふりかけ」や「ラーメン茶漬け」、「カレー味のふりかけ」に「トースト用ふりかけ『トッピー』」など、普通の企業が手を出さなかったような“キワモノ”メニューに敢えて突っ込んでいく怖いもの知らずな一面もあり、そういう意味では一部から「変態企業」の称号を与えられている。

CMでは多数の芸能人を起用しており、和田アキ子北島三郎の出現率が高い。
独自の撮影法やカメラワークでも知られ、ダイナミックかつシンプルな作品を多数輩出している。
低年齢向けのTVアニメ特撮番組とのコラボレーション企画にも、積極的に参入している。

以前、「新CMのコンペでタレントのダミーとして広告代理店の若手社員が食べる映像をプレゼンしたところ、想定していたタレントではなくダミーの広告代理店社員をCMに起用した」ことがある。


関連タグ

企業 食品
お茶漬け

pixivに投稿された作品 pixivで「永谷園」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 211553

コメント