ピクシブ百科事典

永遠の闇

えいえんのやみ

「永遠の闇」とは、RPG「ファイナルファンタジーⅨ」のラストボスである。
目次[非表示]

「ここはおまえたちの世界とは別の次元、 そして私は永遠の闇……」

概要

ファイナルファンタジー9」のラスボス
クジャが死に際に放ったアルテマによって、別次元である『絶望の丘』に飛ばされたジタンたちを待ちうけていた、強大な力を持った存在。

このラスボスの知名度を上げている要素は何よりもその唐突すぎる登場(前座のトランス・クジャを倒すといきなり現れる)であり、ストーリー途中にもこのキャラについては何の言及も無く、発売から長い時を経た今でもネタにされ続けている。

外見は天使の格好をしたペプシマンといったもの。顔にはエヴァンゲリオンリリスに似た仮面を被っているように見える。
名前は「ファイナルファンタジー3」のラスボス「暗闇の雲」へのオマージュである。
ディシディアファイナルファンタジー」ではプレイヤーキャラとして参戦した暗闇の雲の最強武器として登場する。

必殺技とも言うべき「グランドクロス」はランダムで複数のステータス異常をパーティ全員に発生させるというもの。

無機的な外見だが実は喋る事が出来る。

ジタン「お前は誰だ!」←全プレイヤーの心情を代弁した台詞である。
なお、のちにスタッフから「クジャの"死"を恐れる心が呼び出してしまった存在」と説明がなされており、FF4ゼロムスと類似する存在節もある。

また、FF9の召喚獣は「召喚獣が伝説となる」のではなく「伝説が召喚獣として具現化する」
つまり召喚獣とは「人の想いが生み出す存在」という設定がサブイベントで語られており、そのほか、永遠の闇の思わせぶりなセリフから、永遠の闇の正体は「生あるものの死に対する恐怖と、そこから生じる絶望が生み出した召喚獣で、クジャの強大な魔力と、彼自身の抱く死に対する恐怖と絶望が永遠の闇を召喚した」という説が一部のファンの間では囁かれているらしい。

戦闘

ラスボスとだけあって、それ相応の強さを見せつけてくれる。
全体に大ダメージを与える物理攻撃の「ニュートンリング」、HPを残り1にしてしまう特殊攻撃「青の衝撃」、の三大属性の最上級魔法、ホーリーメテオフレアの三大高等魔法に、シェル・プロテスの防御魔法、さらにはケアルガによる回復まで行使できる。
特に厄介なのが先述ある「グランドクロス」で、作中で発生する全16種のステータス異常をランダムで付着させるという効果があり、猛毒・ゾンビ・死の宣告といった厄介なステータス異常を重複されることも多い。
また隠し要素として、実は本体以外に4体のユニットが付属しているらしく、上記の小技類の大半はこの4体のユニットが繰り出しいるらしい。ゆえに、行動速度を挙げる魔法『ヘイスト』を掛けているわけでもなにも拘らず、こちらが一人行動するまでに2回以上行動してくることも珍しくはない。

関連タグ

ファイナルファンタジー9
ラスボス 暗闇の雲
グランドクロス
私だ お前だったのか

pixivに投稿された作品 pixivで「永遠の闇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35190

コメント