ピクシブ百科事典

永野護

ながのまもる

日本のメカニックデザイナー、イラストレーター。ネトゲ廃人。ゲーマー。
目次[非表示]

概要

1960年1月21日生まれ。京都府舞鶴市出身。
拓殖大学中退後、アニメ制作会社サンライズに入社。
1984年放送のテレビアニメ『重戦機エルガイム』のメカニック・キャラクターデザイナーに抜擢されて注目を集め、以後アニメ・漫画等のメカニックデザインを中心に活躍している。
デザイン業だけでなく漫画作品やアニメーションの制作も行っているが、当人が「漫画家と呼ぶな」と主張しているので、敢えて漫画家とは書かない。
代表作は『重戦機エルガイム』『機動戦士Ζガンダム』『ファイブスター物語』等。
現在、『ファイブスター物語』や『ゴティックメード』の制作・著作権管理を中心に行っている株式会社EDIT代表取締役。

長らくインディーズアニメ映画作品『花の詩女 ゴティックメード』の制作に注力し、
「ファイブスター物語」の連載を中断していた・・・・・・のだが2012年にようやく完成。
そして2013年に9年ぶりに連載を再開した・・・と思いきや、
まあビックリ!連載再開と同時に、今までの設定を投げ捨てるかのような、
数々のデザインやメカニック等の名称変更を行い、結果、多くのファンが阿鼻叫喚に包まれた。
しかし、それでもなお付いて行く悟りを開いた長年の永野ファン達の姿は、
多くの漫画ファンにも深い感銘を与えた。

作風

作中世界におけるロボットの用途や役割から、可動域や制動性といった構造を合理的かつ堅実的に突き詰めたシャープで洗練されたデザインを特徴とし、良くも悪くも今のアニメロボットデザインの方向性を決定付けた人物。

『重戦機エルガイム』にて独立可動する内骨格フレームに外部装甲を被せてロボットを構成するムーバブルフレームという構造概念を考案し、「パネルラインに沿って細かく分割され、関節の動きに連動して動く装甲」、「つま先と踵の分離」や「緻密かつ合理的に配された動力ピストンやエネルギーケーブルといったディテール」等の革新的なアイディアやスタイルを、それまでモノコック・セミモノコック構造的な(悪い言い方をすると無骨でずんぐりした)シルエットが主流でディテールも記号的であったアニメの巨大ロボットのデザインに持ち込み、多大なる影響を及ぼした。
特に『エルガイム』で監督を務めた富野由悠季御大からのデザイナーとしての評価はすこぶる高く、その鮮烈なセンスは『聖戦士ダンバイン』で一線引退を考えていた御大を現場に踏みとどまらせる原動力となったという。
「エルガイム」以降、ロボットアニメのメカニックデザインの潮流においてただひたすら細かいディティールを付加する傾向は、「トップをねらえ!」での「ディティールを最小限に抑えその分のリソースを動きの表現に使う」という方向性が現れるまで続いた。

それ以後もヘビーメタルをベースに騎士甲冑の意匠を取り入れた『ファイブスター物語』の「モーターヘッド」、積層装甲や板バネ状の関節を持つ『ブレンパワード』の「オーガニックマシンアンチボディ)」、関節ブレーキの概念を可視化して同心円弧状に重なったパーツ同士のスライドやひねりで関節を動かす『花の詩女ゴティックメード』の「ゴティックメード」等、現在に至るまで斬新で先鋭的なデザインのロボットを発表し続けている。

過去、現在、採用稿、ボツ稿を問わずデザインしたメカには相当の愛着があるらしく、ファイブスター物語にしばしばリファインして登場させている。
中でもナイト・オブ・ゴールドに関しては飛びぬけたものがあり、「傷つくのが嫌だ」とスパロボへの参戦に関して全否定したとの噂もある。
まあ、一度、原作アニメにも「やられキャラにするのが嫌だ」という理由で予定変更してまで出さなかったそのブラッドテンプルを、ろくな演出も無く、毎回攻撃を受けるたびに真っ二つにされるカットインと共に、さっくり倒されているので気持ちがわからないでもない。
つかあれだったら、原作アニメ通りにオリジナルオージェでええやんという。

また、ファッションデザインを学んでいたことから、登場キャラクターのファッションにも強いこだわりを持ってデザインをしており、『ファイブスター物語』を始めとして、永野の作品に登場するキャラクターのコスチューム・デザインは、アニメ・漫画の世界を超えて高い評価を得ている。
こうしたファッションへのこだわりについて、デザイン集『F.S.S. DESIGNS1』によれば、実家が呉服関係の仕事をしていたため幼少時より布地に囲まれて育ったのが原体験であったとのこと。

人物

自称・愛称はベーシストのクリス・スクワイアにあやかった『クリス』。

男性としては異常なほどの痩身であり、「ファイブスター物語」1巻に記載されているプロフィールには、身長175cmに対して、体重46kg、ウエスト60cmと記載されている。レディースの服を普通に着れるそうだ。

奥様は『エルガイム』でガウ・ハ・レッシィ/リリス・ファウ役を務めた声優の川村万梨阿
互いに学生時代の頃から12年の交際を経て1991年に挙式し、結婚式では富野夫妻が仲人を、披露宴の司会は銀河万丈が務めた。すげえ。
奥様にぞっこんらしく、『ファイブスター物語』に登場する女性キャラクターのファッションのブランドの多くは川村の趣味を参考している他、1989年に角川映画で『ファイブスター物語』がアニメ映画化された際にはヒロインのラキシス役に起用し、尚且つイメージアルバムではメインボーカルを任せ、その挙句2012年の『花の詩女ゴティックメード』でもヒロインのベリン・アジェリ役と主題歌のボーカルに起用している。
先生何やってんスか。
なお夫婦喧嘩の際に奥様から「お前なんかロボットが描けなけりゃただのダメ男だよ」と言われて妙に納得したそうな。

TVゲームが大好きで非常に熱中しやすく、あまりに長く続くファイブスター物語の中断ぶりを揶揄して『職業アマチュアゲーマー』と呼ばれることも。
特に『PSO』のハマりっぷりは凄まじく、ファンにファイブスター物語の連載再開をつっつかれた際に「俺はPSOをやってるんだから邪魔するな!」という名言を残した逸話もある。
過去には「バーチャファイター」にドハマりしたこともあり、そのハマりっぷりたるや「印税を投げ打って筐体を買った(by川村万梨阿)」ほど。
2014年には『ファンタシースターオンライン2』でついにコラボが実現し、永野デザインによる武器やコスチューム、NPCの「アリス」が登場した。
ちなみに「アリス」の担当声優はやっぱり妻の川村万梨阿であった。
先生何やってんスか。

ミリタリーファンであり、実在のメカの中では第二次世界大戦時のドイツ軍ソ連軍戦車への愛好が強く、兵器の造形・デザイン面においても造詣が深い。
その知識と嗜好は『ファイブスター物語』における戦車戦の描写などに反映されており、登場する地名や人物名にもその影響が見られる。また、『パンツァーフロント』ではオリジナル戦車である重戦車E-79』のデザインを担当した。
その関係からミリタリー模型ファンかつモデラーでもあり、模型制作も趣味している。その腕前はプロモデラー級で、改造コンテストでの受賞歴もある。
また、『装甲騎兵ボトムズ』のファンで、『ボトムズ』で作画監督を務めた谷口守泰とは親交を持つ。

関連タグ


その他関連事項

アイヴィー (ソウルキャリバーにおける氏の持ちキャラ)
アンナ・ウィリアムズ 風間飛鳥 (家庭用鉄拳においてスペシャルコスチュームをデザインした)
PSO
バーチャファイター(90年代にドハマりした)
川村万梨阿(声優であり永野護の妻。妻である。)

関連グループ

ファイブスター物語が好き

pixivに投稿された作品 pixivで「永野護」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 859914

コメント