ピクシブ百科事典

江ノ電

えのでん

江ノ島電鉄の通称。タグとしてはこちらが多く用いられているため、本項目で解説する。
目次[非表示]

概要

江ノ島電鉄」のこと。略して「江ノ電」と呼ばれる(江ノ電バス等を指すこともある)。
藤沢から鎌倉の10.0kmを結ぶ、全線単線直流電化の民間の鉄道。
海沿いを走る風光明媚な路線として知られ、鉄道ファンや旅行愛好家からも人気が高い。

昔は「江ノ島鎌倉観光」という社名で、東証に上場していた(上場廃止後、小田急電鉄の100%子会社に)。昭和30~40年代の一時期は、モータリゼーションに押され、累損を抱えて路線の存亡も危惧されたほどだったが、昭和50年代から新車導入、また観光客の増加により、今では小田急グループの中でも優良子会社に数えられる。その小田急の路線である江ノ島線とは藤沢駅で接続する。同線には片瀬江ノ島駅があるが、江ノ電の江ノ島駅とは離れているため乗換えにはお勧めできない。
2009年より京福電気鉄道(嵐電)と業務提携。


こぢんまりとした車両が半径30mの急カーブや軒下を縫い、トンネルに軌道敷区間を走る。たった10kmの路線とは思えないほど沿線の表情に富む。また、観光路線らしく、グッズも多数そろっている。

全線が単線で、かつ交換(上下のすれ違い)可能な停車場が最低限しかないため、ラッシュ時でも12分間隔できれいに数字が5つ並んだ時刻表が見られる。平日日中、ならびに早朝深夜は2連、乗客が多くなるラッシュ時や休日は4連に増車して対応している。

常用する転轍器はスプリングポイントなので、交換駅を出る時にはおおっぴらに割り出しができる。ただし、安全側線がないため交換駅に着くのが遅れると同時進入防止の為に場内信号の前で待ちぼうけとなる(鵠沼駅除く)。

湘南鎌倉の象徴的な鉄道であるため、非常に知名度が高く、当地を舞台にしたフィクションでは高確率で登場する。とりわけ、鎌倉高校前の踏切は有名。

住宅地のど真ん中を走り抜ける区間もあり、民家にぶつかりそうなほど近くを通ることもある。
そのため、踏切を設置できる箇所が少なく、近隣住民にとって線路を渡るのは非常に億劫。
そうした事情から、踏切でない場所を通ろうとする住民が後を絶たず、「勝手踏切(私設踏切)」も多く設置されている。
もちろん危険な行為であるため、江ノ電側はこうした勝手踏切にフェンスを設置して通れないようにしているが、「住民の道を奪うな」という反発もあり、長谷寺駅から極楽寺駅辺りには、江ノ電の措置を糾弾するゲバ看板がいくつも見られる。

駅一覧

全ての列車が各駅に停まる。列車行き違い:○=可能、×=不可

駅名列車行き違い乗り換え
藤沢×JR東海道本線小田急電鉄江ノ島線
石上×
柳小路×
鵠沼
湘南海岸公園×
湘南モノレール湘南江島駅
腰越×
鎌倉高校前×
峰ヶ原信号場があり、列車行き違いを行う。
七里ヶ浜×
稲村ヶ崎
極楽寺×
長谷
由比ヶ浜×
和田塚×
鎌倉JR横須賀線

関連タグ

中小私鉄
江ノ島電鉄 江の島 鎌倉市 藤沢市 鉄道
路面電車 LRT:含まれる場合がある。

関係のある作品

青い花:舞台が鎌倉市周辺で、江ノ電が作中で度々登場する。また一時期コラボをしたこともある。
ハナヤマタ:作中に江ノ電が登場するということでヘッドマークを車両に掲出している。
由比ヶ浜結衣:ライトノベルやはり俺の青春ラブコメはまちがっている。の登場人物。由比ヶ浜駅(及び由比ヶ浜)が名前の由来になっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「江ノ電」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 246967

コメント