ピクシブ百科事典

沖田総悟

おきたそうご

漫画・アニメ『銀魂』のキャラクター。
目次[非表示]

プロフィール

年齢18歳
身長170cm
体重58kg
誕生日7月8日
声優鈴村健一(幼少期:岡本奈美
実写版キャスト吉沢亮


真選組一番隊隊長。武州出身。

性格

一口で言うと「腹黒、毒舌、ドS」。真選組副長の座および土方の命を常に狙っている。そのドSさから、土方に「サディスティック星から来た王子」と称されたり、新聞に「サド王子」と載ったこともある。テンションの低い飄々とした喋り方が特徴。頭の回転は速く、作中では読者すら騙そうとした事もあり、サドだけでは説明できないエキセントリックな性格の持ち主でもある。ちなみに未成年者だが、酒を好むような描写や台詞がある。

語尾に「~でさァ」「~ですぜィ」と付けて、かったるく喋る江戸っ子口調。落語を愛好しており、落語番組をよく聞いているようで、ドラマCDでは解説役を担当。 昼寝の際には目玉が描かれた赤いアイマスクを着用する。 大抵のことを器用にこなし、運転免許の他に「宇宙毒物劇物取扱免許」も所有しているらしい。桂のように目を開けて眠るだけでなく、立ち寝の才能もある。

短い時間で女性を惚れさせ自分に絶対服従の下僕に調教できるという特異な能力を保有しており、そのせいかギャルゲーも猛烈に上手い。好きなジブリヒロインは(強いて言うなら)魔女の宅急便キキ

つかみ所のない態度を披露する一方、ややナイーブで打たれ弱い側面も併せ持つ。
本人曰く「Sだからこそ打たれ弱いの!ガラスの剣なの!」とのこと。

名前の由来は、新選組一番隊隊長を務めた沖田総司初期設定では、性別は女性だった(外見は寺門通及び女体化した姿に酷似している)。武器として設定されていた番傘は、神楽をはじめとした夜兎族に引き継がれた。

外見

ひとひらの
おまわり


色素の薄い中性的な顔立ちであり、その面差しは彼の姉・ミツバとよく似ている。眼の色は「青」(アニメでは「赤」)。なお、14歳時と3年後での容姿は現在とほぼ同じで、また女体化しても基本的な顔立ちは変わらない。新八曰く「一歩間違えれば殺人鬼になっていた、取り柄と言えば顔だけの変態ゴミ屑野郎」(48巻)。

剣客として

剣の腕前は、土方からは真選組随一と評されている(ただし、普段は剣よりもバズーカを使用していることが多い)。作中では真正面から走ってきた自動車を真っ二つに断ち割り、周囲から浴びせられるアサルトライフルの銃弾を悉く打ち払う技を披露した。魔剣マガナギに侵食された際は、逆にその力を取り込んで銀時に一太刀を入れ、彼からは「末恐ろしいガキ」と評された(48・49巻)。剣才に恵まれると同時に、その残忍さも度々強調されることがあり、信女からは「私と同じ人殺しの目」と言われた(42巻)。

実際に、沖田の戦闘シーンは近藤や土方達よりも敵を「肉塊」状態にする傾向があり、非常に血生臭い。将軍暗殺篇(56巻)では、切り捨てた敵を「ホルモン」「レバー」と揶揄し、モザイクが掛けられるほどの惨さであったため、その場にいたそよ姫からは「ホルモンもレバーも食べられなくなってしまった」と、後で恨み言を吐かれた。また、対峙した神威からは「死と隣あわせの戦場でしか生を実感できない」と、同類(なかま)認定をされたが、彼のように「戦闘狂」と恐れられるほど戦いに没頭するわけでもなく、どちらかと言えば戦いそのものよりも局面を見て動く傾向がある。

だがその一方で、若さ故か近藤や土方らとは異なり精神的な脆さもあり、激情に駆らると本来なら剣の腕では勝るはずの土方にすら敗北してしまう。そのためか、原作者からは「真選組内で剣の腕は最も立つ」とは明言されているが、決して「真選組最強」とは言われていない(勝負の局面においては、余程の実力差がない限り精神面などでも強さは変わるとのこと)。

また、違法賭博施設である地下闘技場・煉獄関を潰すよう万事屋に依頼するなど、自分なりの正義感も持ち合わせている模様(6巻)。汚れた目でこそ見える「汚してならないものを汚させない」という信念を持ち、それを守るために自らの手を汚し殺人鬼と蔑まれるのも厭わない(31巻)。

人間関係

幼くして両親を亡くし、病弱な姉・ミツバに育てられた過去を持つ。そのため、唯一の肉親である姉を非常に慕っていた。また彼女の前では、人が変わったかのように一人称が「俺」から「僕」になり、姉のことを「お姉ちゃん」「姉上」と呼ぶシスコンと化す。給料のほとんどを姉の治療に費やすなど、意外にも身内には優しく尽くす。幼少期は特に表情の薄い子供で周囲に馴染めず孤立していたが、そんな自分に親身になって接してくれた若かりし頃の近藤に懐き、彼の祖父が開いていた剣術道場に通うようになる。しかし、近藤や姉の隣にいるのは常に土方であり、自分はそちら側にいられないと感じ、一方で土方が姉の想いを拒んだことで、土方に対し複雑な葛藤を抱くようになる →ミツバ篇(15・16巻)。

葛藤を乗り越えた後でも、土方への嫌がらせは止めるつもりはないらしく、時に度を越した労力と忍耐を厭わない(27巻)など、その心境は謎に包まれている。とはいえ、お互い内心では深く信頼し合っているのか共に行動することが多く、真選組動乱篇(19・20巻)では土方が妖刀に呪われている事を沖田にだけ打ち明け、任務では最も重要な局面を単身で任させる事が多い。なお、誰も口にしようとしなかった土方特製マヨカツ丼を、土方以外でただ一人平然と食した上で「犬のエサ」と断じている(6巻)。

前述のことから近藤のことは心から慕っており、彼に刃を向ける者に対しては一切の容赦がない。その姿勢はやや盲目的であり、近藤に暴言を吐いた要人を反射的に斬りかかろうとするほど(3巻)。動乱篇では、副長の座を手に入れるという目的と利害の一致で伊東の陰謀に加担したように見えたが、伊東が近藤にまで手かけようとしたことにより離反。沖田の方も伊東の野心をあらかじめ読んでいたようで、伊東一派を土方が定めた局中法度の下で粛清した。

さらば真選組篇にて近藤が逮捕された際は、土方と違い左遷されるわけでもなく真選組の制服を着たまま街を彷徨い、自身に接触してきた桂派の攘夷志士達を相手に「ただの人斬り」を自称し虚ろな表情で抜刀した。すんでのところで通りかかった神楽が止めに入り事なきを得たが、危うく人斬りの道に足を踏み入れるところであった。

銀時のことを「万事屋の旦那」と呼び慕っており、また妙に息が合い「ドSコンビ」として腐れ縁の仲(悪友)となっている。その様は、土方からは「俺には全く懐かなかったのに!どーいう事だどんな手使った!」とあからさまに悔しがられるほど。血生臭い事を嫌う神楽とは特に折り合いが悪く、会う度に喧嘩を繰り広げる犬猿の仲だが、誰よりもお互いの強さを認め合うライバル同士でもあり、非常時には共闘することもある →六角事件。新八に対しても柳生篇(13~15巻)の際にはライバルと認識しており、文通篇では協力している。

趣向が正反対なさっちゃんとは、その性癖故に絡みが散見される(銀時からは「お前ら金払うからジャンプから出ていけ」とまで言われた)が、『銀魂五年生』によれば当人たちの間に好意は一切無い様子。意外と隊外の交友関係が広いようだが、「爺さん」や「ヒロ君(地愚蔵)」、はては「猫」など、その関係性は謎に満ちたものが多い。

関連イラスト

沖田
沖田


沖田総悟
沖田さん


武州時代

転んだ
幼年冲田



関連タグ

銀魂 真選組 万事屋 見廻組 武州 沖田ミツバ
ソーゴ・ドS・オキタⅢ世閣下 / バカイザー 初期沖田 / 総子
5年後沖田総悟 沖田姉弟 シスコン ドSコンビ 悪党とおまわり

他の記事言語

Okita Sougo

pixivに投稿された作品 pixivで「沖田総悟」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67364736

コメント