ピクシブ百科事典

沢村栄治

さわむらえいじ

日本プロ野球創成期に活躍し、沢村賞にその名を冠する投手。

1917年生まれ、1934年に日本代表としてアメリカ代表と対戦
同年12月の大日本東京野球倶楽部発足とともに入団
1944年、フィリピン沖で戦死
背番号14は読売ジャイアンツ永久欠番となっている。

のちにTV番組内で巨人軍の後輩青田昇がバッティングマシーンで沢村のストレートを再現するという企画が行われた。
その中で青田が『このスピードぐらいだった』と言った時のスピードは時速160キロであった。
(しかし、沢村は度重なる徴兵と手榴弾を投げさせられたこと、マラリア感染が原因で体を壊してしまう。)

死後、1947年に川村の功績をたたえ、巨人の永久欠番とともにその年の最優秀投手に贈られる「沢村栄治賞」(沢村賞)が設立、南海の別所昭(のちに巨人に移籍、別所毅彦に改名)が受賞した。
(1950年の2リーグ分裂後はセントラルリーグの投手が対象、1989年からはパシフィックリーグの投手も対象、全球団が対象になる。)

pixivに投稿された作品 pixivで「沢村栄治」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2329

コメント