ピクシブ百科事典

沢渡拓郎

さわたりたくろう

沢渡拓郎は、漫画『鉄のラインバレル』のキャラクター。

沢渡拓郎とは、『鉄のラインバレル』に登場するキャラクター。加藤機関私設部隊四番隊隊長。機動力を強化したアルマ・イダテン、イダテン弐ノ型を駆る。ラインバレルを「二本角」と呼んでいる。
上官である加藤久嵩とは呼び捨てで呼ぶほどの仲で、陸が目に余る行動を起こした時にはその始末を任されているなど、久嵩からもかなり信頼されている。

元は世界各地の戦場を回って戦っている俗に言う戦争屋で、ある戦場で加藤機関と接触する事になり、そのスカウトを受ける事になった。しかし、戦う動機は「偽善者共をぶっとばす」という、極めて恣意的な理由で、更には見せしめで民間人を虐殺する等、残忍非道な面を持ち合わせている危険人物でもある。

後にシャングリラに封印されていた最後のマキナ・ロストバレルを強奪し、そのファクターとなった。

原作・アニメ版とで大きく動向が異なるキャラの一人。アニメ版においては「粗暴だが仲間想いの男」として描かれていてJUDAとも最終的に共闘する。だが原作版後半においては「自分なりの正義を貫くために手段を選ばず行動するダークヒーロー」として描かれており、最後の最後にてようやく自分なりのケジメとしてJUDAと共闘する。

ラインバレルが原作漫画版設定で参戦したスーパーロボット大戦UXにおいては、終盤原作通りロストバレルのファクターになる……のだが当時はこれ以上原作が進行していなかったのでデウスエクスマキナとの決着がオリジナル展開で着いてしまい、以降はロストバレル共々割を食う形になり全く登場しなくなる。仲間にもならずエンディングにおいては逃げ続けていた所を運悪くあの地獄コンビに捕捉され、その後の生死は不明……という原作終盤の活躍ぶりから考えるとある意味悲惨な扱いとなっている。

キャラクターボイス

稲田徹が担当している。

関連タグ

鉄のラインバレル 加藤久嵩

pixivに投稿された作品 pixivで「沢渡拓郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1129

コメント