ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

日本の元歌手。1965年6月20日、愛知県東海市(旧横須賀町)出身。
ソロ活動も行っていたが、主におニャン子クラブの元メンバー(会員番号12番)として知られる。
夫は現役当時からの師匠的存在であった、作・編曲家兼ベーシストの後藤次利

1994年に結婚・引退(活動自体はその少し前から休止状態)が報じられて以降、おニャン子クラブの同窓会や「あの人は今」系の企画にも参加せず主婦に専念していたが、2010年3月に資生堂の新化粧品ブランド「IN&ON」のCMにおいて、約20年振りのメディア登場となった。

AKB48に例えるならば、彼女と国生さゆりの関係がちょうど前田敦子大島優子に相当する…と言えば、当時の人気の一端が伝わるだろうか。

唯一の悪役

おニャン子クラブのメンバーだった頃、メンバーの中で初めてソロ活動を行ったのも河合である。その初仕事は当時フジテレビ系列で放送された、斉藤由貴主演のドラマ「スケバン刑事」、斉藤演じる主人公・麻宮サキに倒されるスケバンの役で、今で言う所のモブであったが、宮原妙子と言う役名がついていた。劇中のセリフ「ゲームなんだよ!!」は「夕やけニャンニャン」でもたびたび取り上げれた逸話がある。河合以外のメンバーも勿論数多くのドラマに出演しているが、悪役として出演したのは後にも先にも河合だけである。

「12」にまつわる話

1年=「12か月」や半日(午前/午後)=「12時間」、12方位など、「12」は生活に広く根付いた安定した数、とも言われる(一方で、次に来る「13」はその安定を崩し、また北欧神話における「招かれざる13番目の客」ロキ聖書における「13番目の席の裏切り者」ユダ等、宗教的要因も含めて忌み数と呼ばれる事が多い)。

しかし、河合がおニャン子クラブから卒業するにあたって、その出席番号である「12」が永久欠番制定された事で意味合いが変わった。
実際のところ河合の卒業はあくまで円満、次のステップへ進む儀式的なものだったのだが、「おニャン子の12番」を愛したファンにとって悲しい現実であったのは事実で、それがいつしか『ウルトラセブン』の欠番エピソード「遊星より愛をこめて」が「第12話」であった事と結び付き(最初の指摘は「ファンロード」の読者投稿欄と考えられる)、呪いの数字として認知されてしまったのである。

関連タグ

河合 その子

pixivに投稿された作品 pixivで「河合その子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1631

コメント