ピクシブ百科事典

流星人間ゾーン

りゅせいにんげんぞーん

流星人間ゾーンは、東宝映像が作成した特撮ヒーローシリーズ。
目次[非表示]

概要

1973年4月から9月まで全26話が放送された。
同じ東宝特撮の花形怪獣である、ゴジラキングギドラガイガンがゲスト出演した。
スタッフ面においても田中友幸、本多猪四郎、福田純、古澤憲吾といった1960年代の東宝特撮映画を手掛けた実力スタッフや本作で監督デビューを果たした小栗康平、蓑輪雅夫、1970年代の東宝特撮映画の特撮監督として有名な中野昭慶、1980年代の東宝特撮映画の特撮監督を手掛ける事になる川北紘一らが参加している。
敵側のガロガバラン星人が送り込む怪獣恐獣(きょうじゅう)と呼称される。

ストーリー

ピースランド星ガロガバラン星人の侵略を受けて壊滅。生き残ったピースランド星人は宇宙船でバラバラに脱出。安住の地を求めて宇宙をさすらう難民、流星人間になった。
ある一家は地球に漂着し、防人(さきもり)家を名乗って暮らし始める。
だがガロガバラン星人は地球をも侵略目標に。宇宙ステーションを建設し、恐獣ミサイルで地球に恐獣を送り込む。
防人一家は第二の故郷地球を守るためにガロガバラン星人に立ち向かう。

登場人物

防人光(さきもり ひかる)
長男。自動車会社のテストドライバー。
「ゾーンファイト・パワー」のかけ声で戦闘スタイル(等身大)に変身。
さらに「ゾーン・ダブルファイト」のかけ声で巨大化し、ゾーンファイターとなって恐獣と戦う。巨大化できるのは光だけ。
防人家への通信時には『「ランドスーピ」より「ミリファー」へ』というコードを使用する。

防人螢(さきもり ほたる)
長女。ゾーンエンジェルに変身。弟の明と共にスモーキーに乗ってゾーンファイターを援護する。中盤以降ではゾーンエンジェルも巨大化する案もあったが、巨大化したゾーンエンジェルのデザイン画が存在していたが、劇中には巨大化する事はなかった。

防人明(さきもり あきら)
次男で末っ子。ゾーンジュニアに変身。

防人陽一郎(さきもり よういちろう)
三兄弟の父で防人家の大黒柱。地球人の表向きの顔としては「防人玩具研究所」を経営。

防人月子(さきもり つきこ)
陽一郎の妻。

防人雷太(さきもり らいた)
陽一郎の父。防人家にある秘密兵器「ゾーンサンダー」を使用すると彼の寿命を縮ませてしまう。

城タケル(じょう - )
城模型店の若い店主でアマチュア天文家。ガロガの起こした事件に巻き込まれた際に防人家と知り合い、共に戦う。
普通の地球人だが雑兵のガロガ星人相手なら互角に戦える。
レギュラーのようでいてそうでもなく、たまに登場しない回がある。最終回とか!

ガロガバラン星人
ガロガ星人とも呼ばれる。複眼と長い触角を持った昆虫を思わせる顔をしている。
宇宙支配のために生物の住む星を次々と攻撃している。
地球侵略にあたっては宇宙ステーションを築いて前線基地とし、恐獣と呼ばれる巨大生物を恐獣ミサイルで地球に送り込む(単体および複数のガロガが恐獣に変身することもある)。
地球人に化けることが出来るが、その時は手に水かきがあるので見分けることが可能。
最高司令官は「ゴールドガロガ」、その下に指揮官として「レッドガロガ」「ホワイトガロガ」がいる。
随分地球に馴染んでいる感もあり、「ガロガはな、悪魔以上のワルなんだよ」など妙に饒舌な者も多い。
触角の付け根が弱点なのだが、いつも触角を取り外し鞭にして、振り回している。

恐獣

恐獣レッドスパーク
恐獣ジキロ
恐獣デストロキング
四次元恐獣ドロラ
恐獣ワルギルガー - スパイラー=サチオの相棒。サチオが防人一家を騙すため見せかけの戦いを演じるが、かえって怪しまれることに。
恐獣スパイラー - ホタルの幼馴染サチオが正体をあらわし変身した。が、他の全員に最初から正体がばれていた。
宇宙超恐獣キングギドラ
角恐獣ドラゴンキング - 本編にまったく関係ない冒頭の戦闘シーンのみに登場した恐獣。別の話でもう一度チョイ役で登場した。
角恐獣ギルマラス - 獲物がブラック派なのに、コーヒーじゃなくてミルクに毒を入れるという失態を犯した、ホタルちゃんに化けたガロガ13号が変身。ドラゴンキングとは一切関係なし。
恐獣ゲルデラー
ガロガゴリラ - ガロガのレッドスパイダーにかまれ、怪獣化したゴリラ。ガロガの犠牲になったゴリラであって、ガロガ産のゴリラでもなければガロガの部下のゴリラでもない。
蜘蛛恐獣スパイダウロス-恐竜タイプの怪獣に蜘蛛のデザインを取り入れた意欲作。毒蜘蛛超獣カーンジョルジョの先祖といえよう。
恐獣シップドロー - めずらしいグニョグニョ系の恐獣。シャドラーの前座だが、生死は不明。
恐獣シャドラー - ヒカルの影から現れ、ゾーンのエネルギーを全吸収してしまう。本編描写からすると最強かもしれない。
未来恐獣ガイガン-本作で一度ゴジラに倒された後、かの有名な「ガイガン忍法生き返りの術」によって復活した。ゴジラ怪獣大決戦でも使われた。
恐獣バラキドン - から作られた最強の恐獣。 寒がりなので、見かけたらガンダースノーゴンあたりをぶつけるとよい。
恐獣ガロボーグ - メカっぽい外見だが意外とお茶目なところがある。ガッタイダーのように脳味噌丸出しになっている。
恐獣デッドラゴン
恐獣サンドラ - 頭が巨大なドリルモゲラやペルミダーの親玉?
恐獣モグランダ - こちらは背中にドリル。フィルム逆回しでエネルギー玉を吸いこむ場面があるため、たまにドリルも逆回転している。
恐獣バルガラス - に変身する。死んだ後いきなり十字架のお墓が出現して昇天する。クリスチャンか何か?
恐獣ガンダーギラス-危険な爆薬PS73を呑み込んでいる。揺れると爆発するぐらい危ない物入ってんなら輪投げとかでもまずいのでは……
恐獣ゴラム-デストロキングにつぐ双頭の恐獣で二丁拳銃の使い手、頭部には子供の脳が入っている。
ジュラー - ホワイトガロガが持ってきた宇宙植物。
カスタムジュラー - ジュラーの子供。子供……?
恐獣スーパージキロ-ジキロの磁力を10倍強化した恐獣。磁力を狂わせることで時間をも操る(メカギラルスかな?)とんでもない奴だが、尺をメロドラマに持って行かれて有耶無耶になってしまった。
大恐獣バクゴン-幻覚によって楽園に見せかけたゴミ捨て(不法投棄)場に潜んでいた最強の恐獣(またか)。ぬいぐるみのような質感からくる可愛さに定評がある。
恐獣ニードラ-針吹き恐獣・殺し屋恐獣ともよばれる手裏剣の使い手。ホラータッチなストーリーのさなか登場する、山奥に隠されたガロガ拠点のガードナー。内臓や骨が剥き出しなイカスデザインで、グロかわいい。
恐獣軍団 - カブトギラー、ジキロ、スパイダウロス、ガロボーグ、モグランダからなる連合軍。山のあたりをウロウロしている。本当に隠す気があるのだろうか。ハイカーに見つかってんじゃねぇよ。
恐獣軍団長カブトギラー - 再登場恐獣を束ねる新キャラ。ギンガメアリゲルゲトカゲロンのポジションでありながら、なんと真っ先に抹殺されてしまうあのさぁ・・・
コバルト恐獣グロテガウロス - 毒々しいピンク色のコバルトガロガたちが合体した恐獣。コバルトガロガのプロテクターを受け継ぐ。最終回の敵だが、特にどうということもない。

ゾーンファイター

ゾーンファイター(大)



防人光が恐獣と戦うために巨大変身した姿。
「テーっ」という掛け声はウルトラマンAと同じである(納谷悟朗氏)。
活動するには太陽光線を元にしたプロトンエネルギーが必要。エネルギー残量はベルトのバックルに表示される(→赤の点滅)。
余りに強い描写が多いため、一部では特撮史上最強のヒーローとまで呼ばれている。
詳細は該当項目参照。


メカニック

スモーキー
偵察や攻撃に使われる小型の宇宙艇。ゾーンエンジェルとゾーンジュニアが搭乗。
ゾーンファイターがエネルギーを消耗したときは「ゾーンマーカーチェンジ」によってエネルギーを回復させる役目を負う。

マイティーライナー
普段は一般の乗用車に擬装しているが、変形すると小型戦闘機になる。等身大のゾーンファイターが使用。

関連タグ

東宝 特撮 東宝特撮
流星ミサイルマイト
ゴジラ キングギドラ ガイガン

外部リンク

流星人間ゾーン - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「流星人間ゾーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48445

コメント