ピクシブ百科事典

浅海サキ

あさみさき

『魔法少女まどか☆マギカ』のスピンオフ作品『魔法少女かずみ☆マギカ』の登場人物。
目次[非表示]

概要

主人公かずみもその一員である魔法少女の集団「プレイアデス聖団」の一員。ニコ共々裏の事情を知っていると思われる発言が多く、どことなく怪しい描写が多い人物。単行本のおまけページでは作画担当の天杉氏の分身としてはっちゃけている。
ちなみに2巻以降は現実逃避している。おいたわしや…

恋愛小説が好きでクールな印象の眼鏡っ娘。短めの銀髪で目の色はワインレッド。左目の下に泣きぼくろがある。
背が高くスレンダーな印象を受けるが、胸はプレイアデスの中で里美に次いで大きく、出るところの出たグラビア体型である。
言動はどこか男っぽく、父親に直されたが昔は一人称がボクだった時期がある。
変身すると衣装が乗馬服ベレー帽になり、かけていた眼鏡がモノクル片眼鏡)になる。なお、下半身は白タイツ。誰だはいてないとか言ったのは。
ちなみに普段の立ち振る舞いから読者からはリーダーと思われていたが、実は彼女がリーダーと言われているシーンは一箇所もない。それもそのはず、聖団は円卓の騎士なのでリーダーは存在していない。つまりサキさんはリーダーなどではないのだ。

彼女の”願い事”

ソウルジェムに込められた願いは「妹が残したスズランが永遠に咲き続けること」。
スズランの植木鉢をもって「スズランたくさん咲かせて結婚式のブーケにする」と語る妹の美幸に「どんな男を連れてきても私が認めん!」と、姉馬鹿全開の発言。とても微笑ましい光景だが次のページでは、
詳しい状況は不明だが数年後、横転したトラックの事故に巻き込まれ、血を流して名前を何度も呼びながら、ガラスの破片で喉を貫かれて横たわる美幸に手を伸ばすサキさん
――という普通にハードなシーンである。これが浅海サキの絶望。
妹を失ったショックから、古代の海の魔女に付け入られ、海香たちともども飛び降り自殺しようとしたところを和紗ミチルに助けられる。その後、魔法少女の存在を知り、ジュゥべえと契約した。なお回想で、美幸がサキさんを「サキちゃん」と呼んでいたため、美幸を妹と口にしたため驚いた読者がいた。

ソウルジェムの色は、シンボルマークは葉っぱ、位置は左手の甲

戦闘スタイル

武器は伸縮自在の乗馬鞭。調教用の鞭にもなる。間違ってもその状態の時のサキに四つんばいの魔女を踏んでくれなんて言ってはいけない。
固有魔法は生命活動さえ操れる電撃。この電撃はのように落とすことができ、これでユウリ様が連れていたコルノ・フォルテ(牛)を牽制しり、御崎邸から「アンジェリカ ベア」までかずみとともに海香やカオルが追うことのできない速度で移動した。いや、させられた。なお、身体能力をかなり向上させるために可能なこの超速移動能力をしようすると髪が伸びる模様。
身のこなしもなかなかのもので、かずみ、ニコ双樹あやせとの交戦中に不意を打ってあやせが二人に投げつけたイーブルナッツを乱入がてらにキャッチして見せて、前述の超速能力でイーブルナッツの入った箱を奪った。
また合体魔法エピソーディオ・インクローチョをみらいとともに使い、雷撃のくまを召喚している。ヨーヨーのような電撃攻撃「ピエトラディ・トゥオーノ」がトドメ技。

キャラクター

初登場は1巻収録の3話。御崎海香牧カオルが魔女にさらわれ途方にくれるかずみの前に若葉みらい神那ニコ宇佐木里美とともに脈絡もな…颯爽と現れた。かずみに対するあやしい言動などで黒幕や、その後見事な指揮で聖団のリーダー。などと勘違いされる
だがユウリ様に吹っ飛ばされた挙句脳天ぶち抜かれ、かずみを助けようと突撃するもシールドでまたも吹っ飛ばされ、あまつさえ少女らしからぬ「ぎゃああああああああああ゙」という悲鳴をあげるわ、顔芸を披露するわ、かずみに聖団にまつわる事実を明かすシーンで覚悟を決めた仲間に気圧されるシーン等から親しみを込めて「サキさん(笑)」「サキダイン」とも呼ばれていた。
幼少期は上記にも述べたがみらいと同じボクっ子であったが父親に厳しく改めさせられる。いまでも無性に『ボク』と言いたくなる時がある。それゆえ、一人称が「ボク」のみらいに「昔の自分を見ているようで嬉しくなると語る。
みらいがサキを慕う理由がよくわかるシーンだが、「サキさんとみらいが同い年」という衝撃の事実が判明するシーンでもある。

ここから重要なネタバレを含みます


恩人である和紗ミチルのことは妹のようにかわいがっており、彼女がグランマの形見であるピアスをなくした時には父親に頼んで同じものを探してきてもらう(その光景にみらいは嫉妬していた)。
おそらく亡き妹の面影をミチルに見ていたのだろう。
心無き殺戮者と化したとはいえ、同じ顔をしたミチルのクローン(かずみシリーズ)も殺すことが出来ずに他のメンバーに内緒で隠していた。
だが里美にはバレており、「ファンタズマ・ビスビーリオ」で操られてナイフでかずみを殺しかけたが、全力で拒否。ナイフを自分の膝に刺してかずみを殺すことは回避したもの、別の命令でかずみを里美とかずみシリーズが待つ「アンジェリカ ベアーズ」に雨の中、膝にケガをしているのにも関わらず、連れて来させられてしまい、そのまま気絶する。
気だついた時にはかずみが里美の死体を滅多打ちにするという酷い光景だった。
友達を殺したこと、自身が魔法で作られた偽者であるという事実にショックを受けていたかずみを落ち着かせようとするのだが、あろうことか「君は悪くないんだ、ミチル」と言ってしまい、かずみは聖団の前から逃げ出すこととなる。
その後、魔女化したかずみの自分を殺せという言葉についにかずみを殺す覚悟を決める。
「繰り返す。何度でも繰り返す。本当のミチルを取り戻すその時まで私は、かずみたちを殺し続ける。そしてその罪を身に心に刻み続ける!!」
しかしトドメを刺す寸前で、かずみの芝居であることを見抜いたカオルにとめられる。
様々なことの間に挟まれ、苦悩するサキの目の前で、「サキを悩ます元凶」としてみらいがかずみをぶった切ってしまったことを切っ掛けにソウルジェムは限界を迎えた。ニコが駄目押しで押し込んだカクシアジにより魔女化が進行。
「生命活動さえ操る電撃」で魔女化に耐えるも、結局は魔女・あすなろの昴と化し、自分を最後まで抱きしめていたみらいを食い殺し、カンナのコネクトで操られる。
魔女になってもいいところなしのサキさんだったが、最後の最後でかずみのためにカンナのコントロールを振り切り、キュゥべえにとって興味深いことを行う。その行動に海香とカオル、そして読者が涙した。

余談

かずみ☆マギカ3巻の本編の最後。超重たいシーンのすぐ隣のページで、すっごく楽しげな猫耳SM姿の里美と一緒に涙を浮かべた猫耳猫尻尾をつけたサキさんの姿が拝めたりするのでファン必見。

関連タグ

かずみ 牧カオル 御崎海香 若葉みらい
宇佐木里美 神那ニコ 和紗ミチル ジュゥべえ
あすなろの昴

pixivに投稿された作品 pixivで「浅海サキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37779

コメント