ピクシブ百科事典

浜面仕上

はまづらしあげ

浜面 仕上とは、ライトノベル「とある魔術の禁書目録」の登場人物。滝壺の婿。
目次[非表示]

概要

CV:日野聡

とある魔術の禁書目録」の登場人物。また、同作の主人公の一人。レベル0
アニメでは二期最終話でついに登場した。中の人の日野さんの声も相俟って「イケメンすぎる」との声も上がっているが…。
ボサボサの髪にジャージジーンズというあまり特徴のない恰好に現れているように初めはただの小者の敵キャラに過ぎなかった。しかし…

元々はスキルアウトの一員でバックレた生活を送っていた。
しかし、依頼により御坂美琴の母親である御坂美鈴の暗殺を試みようとしたところを上条当麻そげぶされる。

そげぶ後はアイテムの雑用役を務めていたが、滝壺理后との交流を経て更正の兆しを見せた。

だが、スクールとの交戦中、自分を守ろうとして滝壺が瀕死の重傷を負ってしまう。
さらに、そこにアイテムのリーダー麦野沈利が現れ、瀕死状態の滝壺に例え死んででも能力を使わせる事を要求。浜面はそれを拒否し、主張の食い違いにより交戦する事となる。
始めはレベル5とレベル0の圧倒的戦力差に苦戦するものの、麦野の拘りに着け込んだ相打ち覚悟の一発により辛勝。
以降、滝壺の方からも執着されるようになり、相思相愛の関係になった。
そして滝壺だけは守り抜く事を決意する。

だが同時に麦野からも執着され、追い回されるようになる。はーまーづーらぁー。

また、この事件によりレベル0がレベル5に勝ってしまった(しかも一方通行に勝った幻想殺しのある上条と違い、本当に完全無能力者として)ため、学園都市上層部のアレイスターに計画の障害と見なされ、以降は学園都市の抹殺部隊に命を狙われる羽目になる。

その後、一方通行に続いて第3の主人公に抜擢され、以降の主だった事件にも関わる様になって行く。エイワスの言った『誰にも選ばれず、資質らしいものを何一つ持っていなくても、たった一人の大切な者のためにヒーローになれる者』とは彼のこと。

第三次世界大戦においても、学園都市からの脱出と滝壺の治療法を探す為、麦野の追撃を振り切りつつ滝壺と共に主戦場であるロシアに渡る。そこで麦野と三たび交戦し、体晶を使った攻撃に追い詰められるが、体晶の副作用が出た麦野は自滅。その際に麦野を説得して和解した後、追ってきた学園都市の抹殺部隊を滝壺と麦野との共闘で撃破。その中で入手した「素養格付」の情報で学園都市と交渉し学園都市へと帰還した。

学園都市へ戻った後は絹旗最愛とも合流して「新生アイテム」を再結成し暗部組織間抗争以前の生活を取り戻したように思えたが・・・。
なお、学園都市帰還後に、上条&一方通行の両名と再会し、3人で互いの携帯電話の番号・アドレスを交換し合っている。

主に武器を使い戦い、銃や車の操作はお手の物。特に鍵の解除技術には光る物があり、ドラゴンライダーの精密アナログ錠を一発で解除する事に成功している。
彼が運転する車はデフォルトで盗難車。

原作や二次創作では上条と同等、もしくはそれ以上にうらやましい目にあってたりする。
浜面爆発しろとか浜面もげろなどの声もネット上ではちらほら聴こえる。
※もはや浜面に対する褒め言葉の一種になりつつもある。

また3人の主人公格の中では唯一ヒロインと恋人関係であることが明らかになっているキャラである(上条は鈍感な上にいろんな人にフラグを立てるのでキリがないし、一方通行は打ち止めの外見的になかなか一歩踏み出せずにいるため)。

しかし特定の条件下では上条以上のフラグ立て能力を発揮してしまう(公式認定)為、滝壺の方は嫉妬気味、浜面の方も滝壺と一緒に居られる時間が減ってしまう事に不満な様子。
何だかんだで相思相愛な二人である。
ただ周りに女が寄ってくるだけで

関連イラスト

とある最弱の無能力者
浜面くんと絹旗さん


無視してもしなくてもタックルじゃすまないよね
「・・・・・・立てよ、ヒーロ」



関連タグ

滝壺理后 絹旗最愛 麦野沈利 浜滝

pixivに投稿された作品 pixivで「浜面仕上」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2330697

コメント