ピクシブ百科事典

涅見子

くりまみこ

「なるたる」に登場する人物。

概要

CV:雪野五月

黒の子供会の一員で、竜の子シェオルを保持する、ひどく浮世離れした少女。須藤と同居している。
家では常に裸でおり、外出時にも下着を着用せず、常に何かに向けて対話している。シェオルはあまりにも巨大すぎたため終盤までリンクすることが出来なかったが、鶴丸を尋ねた際居合わせたチンピラに強姦されその最中にリンクに成功、圧倒的な能力でチンピラたちを殺害した。その際に通常の竜の子より遥かに優れた能力を持つ竜の子であることを鶴丸に見せつける。強姦を受けた跡を修復せずに放置しておき、最終話ではシイナ同様に懐妊。ラストシーンでは彼女の子供である男児が登場している。
リンクしている竜の子・シェオルとは地球そのものであり、シイナの竜の子と2匹で地球を構成している。最終的にはシェオルで人類を滅ぼし、シイナと2人だけ生き残る。またその際、性格も口調も一転している。シェオルとはヘブライ語で「黄泉」の意味。

関連タグ

なるたる
鶴丸丈夫

pixivに投稿された作品 pixivで「涅見子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6823

コメント