ピクシブ百科事典

消失点

しょうしつてん

消失点とは遠近法における用語の一つである。

遠近法で本来平行である2つ以上の線を平行でなく書く場合にそれが交わる地点のことである。

例えば日常生活でも同じ太さであるが遠くを見れば狭まっているように見える事がある。
勿論、実際には道の太さが変化することはない(現実問題では車線の本数変化などで有り得るが)ため、
これは目の錯覚ではあるが視覚の情報で判断するならば
最終的に道幅が0になる(=両方の線が交差する)ように見えるはずである。
このような場所をイラストでは消失点と呼ぶ。

消失点は基本的にイラストにおいて1箇所に纏まっている事が多い為
遠近感のあるイラストを描く際には消失点の位置をしっかりと考えておくことが望ましい。

関連タグ

パース 遠近法 平行線 奥行き

pixivに投稿された作品 pixivで「消失点」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 123472

コメント