ピクシブ百科事典

涼城白亜

すずしろはくあ

「かんなぎ」の登場人物。

もしかして→白亜(色)

概要

かんなぎの登場人物。怜悧の娘。身長は155cm。

かつて神薙神社の管理をしていた5軒の内の1つ、依代家(よりしろけ)の子孫
代替わりを繰り返すうちに現在の姓になった。父の思いとは裏腹に、ざんげの依り代になることに同意している。白亜自身は真面目な性格だが、人見知りをする性格。

料理が得意で、ざんげは料理が下手なため、白亜が協力しないと失敗する。昔は霊のような存在を惹きつけることが多く、白亜自身も悪霊に憑依されて苦しんでいた。自身の人生に絶望して首を吊って自殺しようとした際、首を吊ったナギの木が折れ、ナギの木の神・ざんげに憑依される。それ以降、その身にざんげを宿し続けている。時折、自身の意思かざんげの力が弱まるなどで憑依状態が解除されることがある。
かんなぎには珍しくむっちりボインな為、セクシー要員として活躍する場合が多い。

関連タグ

かんなぎ

pixivに投稿された作品 pixivで「涼城白亜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20279

コメント