ピクシブ百科事典

温泉浣腸

おんせんかんちょう

アナルセックスの際、射精ではなく放尿すること

お尻の穴男性器を挿入し、そのまま腸内で放尿する行為。
膣内で放尿した場合は温泉浣腸ではなく膣内放尿のタグがつけられる。
後背位等、挿入場所がわかりにくく尚且つ放尿している描写がある場合、今の所こちらのタグが優先的につけられる傾向にある。

イラストであれば大変興奮する行為ではあるが、現実に行うとなると様々な障害がある。
相手の同意を得る事は勿論だが、行為の必然上、ゴムを付ける事ができないので、衛生面・性病予防の面でかなりの問題が生じる。
あらかじめ腸内を洗浄しておけばゴム無しでも比較的安全ではあるが、洗浄済みでは温泉“浣腸”の意義が失われるのが悩みどころ。
また、男性器の仕組み上、基本的に勃起時は放尿できない(尿意が消えてしまう)ので通常は不可能である。
勃起時にも尿意が消えない特異体質の人や、勃起時にも尿意を消失させない訓練をつんだ者は勃起時にも放尿できるらしい。
例外として、起きたばかりの朝勃ちと尿意を利用すれば、普通の人でも勃起したまま放尿は可能ではある。
ただしこの場合、温泉浣腸するにはシチュエーションがかなり限定されてしまう。

関連タグ

 性行為 SEX
アナルセックス 放尿 膣内放尿
便所 肉便器 浣腸 アナル
くそみそテクニック 性行為感染症

コメント