ピクシブ百科事典

満と薫

みちるとかおる

満と薫は、『ふたりはプリキュア Splash☆Star』に登場する、霧生満と霧生薫のこと。主に2人が揃っている絵に使われるタグ。
目次[非表示]

概要

みっちー
霧生薫&満


彼女たちはアクダイカーンが同じ命の炎を分け与えて生み出した双子の姉妹である。23話のアバンタイトルの満と薫の回想によれば、薫の方が先に生まれたようであるが、姉・妹の区別は特に無い。
外見があまり似ていないことや本人達が言及していない。また、公式ですら「双子だけど似ていない」とコメントしている。もっとも、現実でも双子だからといって全ての双子の顔が似るわけではないが。
そもそも正体は闇の世界の住人であり本質的には人間ではない。プリキュアの敵対勢力ダークフォールの刺客である。
自分たちに命を分け与え生み出してくれたアクダイカーンには強い忠誠心を持っている。
2人とも冷めた性格をしており、失敗続きのダークフォールの同僚たちをよくけなしていた。

以下若干のネタバレを含みます。





初登場は第14話。当初はプリキュアである日向咲美翔舞の弱点を探るべく、緑の郷に潜り込んで咲と舞に近づき、彼女らの親しい友人を演じるようにしていた。

初期は同話から登場していたドロドロンに対し作戦のヒントを与えるなどするだけで、本人たちは直接咲と舞に攻撃を仕掛けていなかった。
だが、ドロドロンの失態を見かねたのか第19話では自分たちで咲と舞の心がすれ違うように仕向け、ドロドロンが退場した後の第21話では初めてウザイナーを召喚した。
この時には既に「アクダイカーンへの忠誠心」「緑の郷を心地よく感じる気持ち」との間で葛藤するようになっていた。

翌22話では意を決して遂に自分たちの正体を明かし咲と舞と直接対決を挑むことになるが、やはり緑の郷との関わりの中で心のあたたかさというものに強く感化されていたため、本気で打ち合うことが出来なかった。
やがて満と薫はアクダイカーンへの忠誠心と自分たちの心の中に芽生えた人間的な感情との強い葛藤の果てに、プリキュア(と人間)への敵意を失ってしまう。

続く第23話ではゴーヤーンにより咲と舞と共にダークフォールへ強制連行され、アクダイカーンの前でプリキュアとの和解について責められることになる。
アクダイカーンを説得しようとしたり、咲と舞が必殺技を放つのから目を逸らしていたりしたが、それも虚しく裏切り者としてプリキュア共々消されかけてしまい、その力から咲と舞を緑の郷へ逃がして退場した。
…と同時に、咲と舞を除いた全ての人間が満と薫に関する記憶を失ってしまう。

しかし実際はアクダイカーンの手でダークフォールに幽閉され眠らされていたのだった。
咲と舞はこの事を知らず、第25話でミズ・シタターレが口を滑らせたことにより発覚した。

そして物語の終盤であり、咲と舞が危機的状況下にあった第42話で遂に復活を果たす。
ここからの3話では、和解済みのことと満と薫についての皆の記憶が元通りになったこともあってか緑の郷での日常的な姿を見ることができる。
ただし、その奥には「アクダイカーンへの忠誠心」と「咲と舞や緑の郷の人々といっしょにいたい気持ち」に加えて「ダークフォールを倒すことにより自分たちが消えてしまうことへの不安」もあり葛藤し続けていた。

第43話では前の2つに関してキントレスキーから「筋が通っていない」と指摘されながらも、葛藤については一時的に退場する前のように「考えるのをやめて逃避しようとする」のではなく「正面から向かい合おう」としている様子が見られた。
第46・47話におけるアクダイカーンとの再戦においても満と薫は積極的な攻撃を行わず、アクダイカーンを説得することに従事していた。説得が通じず、「これ以上咲と舞を傷つけることは許さない」となったときでも説得を諦めていなかったため、忠義や恩義を忘れていないことが伺える。
そのためか、咲と舞と和解してからも一貫して「アクダイカーン」と一定の敬意を持っていたようだ。

風が薫り 月は満ちる



最終決戦時は今までのダークフォールの刺客としての姿(メイン画像のような灰色の衣装)から、精霊の力を受けてそれぞれ新たな変身を果たした。ただし勘違いされがちだがこの姿はプリキュアという扱いではない。
この姿はムープとフープの力を受けており、衣装もある程度(というよりそれを基にしているため)似ている。
ちなみに、後期EDで先行して見られるがこの時から目にハイライトが入るようになった。
この変身についての詳細は後述する。

全てが終わった後は生みの親であるアクダイカーンが消滅し滅びの力が失われたことで自身達も消滅しかけるが、緑の郷の精霊たちの力とフィーリア王女の協力により命を繋ぎ止めた。
平和になった世界では咲や舞たちとともに暮らしているらしく、エピローグでは宮迫学安藤加代らと交流するシーンや咲と舞と共に四季を過ごすシーンが描かれている。服装も本編では見せなかったような様々なものが見られる。
映画「プリキュアオールスターズ」にもゲストではあるが登場シーンがある。

その他

妖精の力を受けた変身形態が存在するため誤解されがちだが、この二人はプリキュアではない。とはいえ、違うと言及されるまではそういう扱いをされることは多かった。
プリキュアでないという定義は、設定を作り上げた鷲尾天プロデューサーや小村敏明シリーズディレクター(監督)によってインタビューや公式のメモリアルブックで言及され、その際に演出やデザイン(フリルなど装飾を減らすなど)上においてもプリキュアと差別化していたことが示唆された。
これにより、二人はプリキュアではないということが明確化されたが、誤解を引きずったファンがプリキュア扱いしていることもある。

オレ達を笑ったか…?


ただ、当初の予定通りに二年目があったならば、仮にプリキュアでなくともルミナスやローズと同様に変身形態与えられていたのでは? とも言われている。
この2人にフリルやリボンの可愛らしい衣装が似合うかどうかは意見の分かれるところだが、二次創作においては咲をブルーム、舞をイーグレットにそれぞれ固定した上で、満にブライト、薫にウィンディを割り当てる事例も見られる。

キュアブライト&キュアウィンディ!
\ふたりはプリキュア/


ただし、本来ブライトとウィンディは二年目があった場合の『咲と舞』のために用意した設定であり、企画消滅に伴って前倒しで登場させたもの、という事は留意しておきたい。

元々満と薫は成田良美がシリーズ構成に就任した後に提案されたキャラで当初は存在しなかった。
五行思想をモチーフとしているダークフォール五大幹部からやや外れた存在であるのはそのためである。
よって、続編があった場合でも彼女たちは正式なプリキュアにはなれなかっただろうが、同プロデューサー作品の続編にはタイトルを重視して生み出された追加戦士が登場している。
そのため、シャイニールミナスやミルキィローズのような番外戦士になっていた可能性もある。

シリーズでの位置づけ

組織を裏切ってプリキュアに協力するキャラの祖先としては、入澤キリヤが存在する。満と薫の画期的なところは、プリキュア達と長らく共闘、前作のシャイニールミナスのようにプリキュアをサポートする立場にあったこと。しかもルミナスとは違い攻撃面での援護も多かった。

関連性こそ特に言及されていないが、裏切ってプリキュアと友情を深め、共に戦うというコンセプトは、後にキュアパッションから始まる「寝返るプリキュア」が登場している。ある意味二人はそれらのの始祖的な存在と言えるだろおう。また、彼女達と同じく、「プリキュア側に寝返って共闘するキャラクター」は後の作品にも出てくるが、レギュラーという形でほぼ1クール近く共闘したというのは満と薫ぐらいのものである。

本来予定にはなかった、正にイレギュラーなキャラではあったが、スタッフからも作品上において大切な存在と考えられている。当時の子供向け製品のパッケージにこそほぼ登場はしていないが、デザインを担当した稲上晃は、後にイラストの寄稿の際や、画集の表紙にしっかり彼女達を描いている。

オールスターズシリーズでも、大切な存在だからこそ「中途半端な立ち位置では出したくない」という理由から、DX2のようにしっかり役割を与えられた作品以外では背景に立つ群衆の一人としての登場に留まり、台詞も存在しなかった。NewStage以降はあまり登場しなくなったが、それでも出番や存在感はある方である。

中の人余談

満と薫「自身」の昇格は無理と承知していても、星空じゃない方のミユキさんの中の人キュアエンプレスを演じたように、別な形でプリキュアとなれないものか、と考えるファンも少なくはない。
…しかし、その障害となる無視できない要素があった。

と、同じ作品の中で変身したケースを除けば、
「過去に妖精、もしくはプリキュアの家族役を演じた声優は、自身がプリキュア役として再登場していない」
というジンクスが存在していたのである。

そして、満役の渕崎ゆり子と二代目・薫役の岡村明美は同じく『Splash☆Star』に登場する月の妖精ムープと風の妖精フープを、初代・薫役の今井由香は『スイートプリキュア♪』で南野奏の母・南野美空を、『ドキドキ!プリキュア』ではキュアエースのパートナー妖精であるアイちゃんを演じており、見事にこの条件に合致してしまっている。

そして2014年、岡村が『ハピネスチャージプリキュア!』において、幻影帝国の女幹部ホッシーワとして久々の登場。しかし今回はかつてのパッションやビートのような展開も考えにくく、ジンクスは続行するものと考えられていた。

…だが、意外な形でこれが打ち破られる日がやって来る

『ハピプリ』第8話のゲストキャラクターとして登場したアメリカのプリキュアチーム「ボンバーガールズプリキュア」。同話のEDクレジットでは伏せられていたが、後にアニメージュ別冊
においてクイーンミラージュ役の國府田マリ子ぐらさん及び石神りん役の小堀幸、そして岡村の三人が担当している(具体的に誰が誰の役なのかは不明)事が明かされたのである。
これにより8年越しの悲願達成となった。やったね薫ちゃん!

満役の渕崎にも何らかの形で登場を望みたいところだが…果たして実現はあるのだろうか?

関連イラスト

1日1キュア落描き 6月12日
DX2での去就が注目されるわけですが。


DX2Ver.の風月プリキュアを早速描いたよ!
満と薫



関連タグ

ふたりはプリキュアSplash☆Star プリキュア プリキュアオールスターズ
霧生満 霧生薫 ムープ フープ

入澤キリヤ - 前々作における改心キャラ枠。プリキュアに多少助力しているが、満・薫のようにレギュラー化はなく、続編では登場もせず。
種の三者 - 前々作において、主君ジャアクキングメンバー全員で反旗を翻した敵チーム。ただしプリキュアとは協力せず第三勢力として行動。
フリーズン・フローズン - 前作の映画版第2弾に出てきた双子の敵幹部。ただし主君への忠誠心は皆無。
ストップとフリーズ(プリキュア) - シリーズ第12作に出てくる双子の敵幹部。

pixivに投稿された作品 pixivで「満と薫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 753377

コメント