ピクシブ百科事典

溝口誠

みぞぐちまこと

ワイが喧嘩百段、溝口誠じゃ!!
目次[非表示]

「ヴォケがっ!」

今は亡きデータイースト対戦格闘ゲームファイターズヒストリー』シリーズの登場人物。
また様々なゲームにもゲスト出演している。

プロフィール

格闘スタイル: 喧嘩空手(喧嘩百段)
出身地: 日本(大阪)
生年月日: 1966年1月1日
身長: 188cm
体重: 95kg
血液型: B型
好きなもの: 浪速恋しぐれ、千恵の手縫いのハチマキ(『KOF MIA』)
趣味: 乾布摩擦
大切なもの: 千絵(彼女)
好きな食べ物: 牛丼
嫌いなもの: 学問、いちびっている奴(河内弁で「調子に乗っている騒がしい奴」のこと)
得意スポーツ: 空手
職業: 高校生(留年中)
年齢: 28歳(『ダイナマイト』)
弱点:頭に巻いてる鉢巻

概要

格闘ゲーム界屈指の熱い漢(関西人)。
見た目のモデルは漫画『魁!!男塾』の主人公・剣桃太郎で、彼も虎型の氣を放つ奥義を持つ。 ただし、溝口の性格自体は同漫画の登場人物・富樫源次に近い。

見た目通りの硬派で、最強の格闘家を目指し、世界中で武者修行の旅をしている。もうじき三十路を迎えるが高校を卒業しておらず、留年を続けている(しかし、基本的に落第は最高学年と同じだけしか出来ない。つまり高校で3年、大学で4年を超えると退学となるのだが……)。
また、千絵(ちえ)という彼女がいるが、詳しいことは明らかにされていない(『KOFMIA』のプロフィールでは「千恵」と表記されていた)。
「コミックゲーメスト」誌で連載された津雲幻一郎氏による『ダイナマイト』の漫画版では千絵は姿を見せており、フルネームは「大槻千絵」とされ、病弱なお嬢様的な雰囲気を持つ、ロングヘアの女性として描かれている。作中では看護師の職に就いており、大怪我を負った溝口が仕事場に転がり込むなどの描写があった。

何故高校生なのかというと、「溝口誠」を音読みすれば「こうこうせい」だからである。
10年も高校に在籍している割には、「え~、う~……ざ、きん、きんぐ、おふ……?」と、 KOF(King of Fighters)すら読めなかったり、頭のほうはMIAのストーリーで 「英語力は中学生レベルにも満たない」 と断言されている。

必殺技の「タイガーバズーカ」を放つときの台詞「タイガーバズーカじゃ!」の語尾の「 じゃ! 」の部分は、 実は『ファイターズヒストリー』時代のCVであるデータイースト社員GORILAlこと森田典志(関西在住)が アドリブで言ったもので、このアドリブによって彼は溝口の声優に抜擢されたという逸話がある。
なお、MIAではSNK作品でロバート・ガルシアガルフォードなどでお馴染みのKay稲毛氏が声優を担当している。

余談だが、彼の必殺技「空中連続蹴り」は、連続入力系必殺技の元祖である(フェイロンの烈火拳より速い)。また「通天砕」はいかにも神龍拳のパクリっぽいが、これもこちらが先(ただし陣(マーシャルチャンピオン)の「天牙連拳」の方が更に先)。

主人公を喰ってしまった漢

『ファイターズヒストリー』の正式な主人公はレイ・マクドガルであり、彼はあくまでも脇役キャラという位置づけに過ぎなかった。
しかし、そのあまりに濃ゆく立ったキャラクター性や技のタイプ、そして格好よさと潔さに「こいつが主人公じゃね?」と勘違いするプレイヤーが続出(レイがデコゲーとしては珍しい普通キャラだったこともあるが)。
まぁ日本人という設定で、鉢巻を巻いておりなおかつ波動・昇竜・突進の格ゲー三種の神器持ち(厳密には違うけど)というテンプレ的な主人公要素があったからというのもあるのかもしれない。
続編である『ファイターズヒストリーダイナマイト』(以下『ダイナマイト』)のCMにおいてはいきなり始めに登場して、溝口が映った時間はかなり長く、対して『ダイナマイト』でも主人公であるレイに関しては映った時間が極端に短かった。また「コミックゲーメスト」で連載された『ダイナマイト』のコミカライズ版では主人公に抜擢されている(逆に本来の主人公であるレイの扱いは非常に悪いものであった)。溝口誠と『ダイナマイト』のその人気はアーケドゲーム専門誌「ゲーメスト」(現アルカディア)からデコを一度倒産から救った男(ゲーム)と言わしめるほどである。
主人公のレイを差し置いて日に当たり続けた結果、「データイーストといえばこいつとカルノフ、後チェルノブと言われるぐらいの人気キャラとなり、スーパーファミコンで発売された続編の『ファイターズヒストリー ~溝口危機一髪!~』では遂に正式に主人公に抜擢された。そして後述のゲスト出演などの待遇ぷり。
その結果、レイは主人公(笑)どころか主人公(悲)のレッテルを貼られてしまい、涙目状態となってしまった。

ゲスト出演の多い漢

そのあまりにも濃いキャラクター性から、他のデータイースト作品のみならず、同社の倒産後も他のゲームにゲスト出演することが多いキャラクターでもある。

水滸演武

水滸伝を題材にしたデータイーストの格闘ゲーム『水滸演武』では、プレイステーション版とセガサターンで発売されたアッパー版『水滸演武風雲再起』にゲスト出演。そこ、世界観がそぐわないとか言わない。
必殺技は『ダイナマイト』が基本だが、新技が追加されている。
一つは、飛び道具反射も出来る、バットでぶん殴る技 威血路雨 (いちろう)。 技名は威血路雨なのに彼が一瞬着込むユニフォームはどう見ても阪神タイガースの縦じま模様のものであるが、溝口が知っている英単語はタイガーとバズーカだけだから仕方ない。
もう一つ、デコではおなじみの羊の呪いも持っている。解らない人は、『トリオ・ザ・パンチ』を参照。例のピンク色の羊を召喚、飛ばした子羊が命中した相手を同じ羊に変えてしまう(ダメージも受ける)奇怪な技。出がかなり遅く、気絶させてから出すくらいしか使い道はないが狙ってみたくなる。
ちなみに、MIAのボツボイスにこの技の発動ボイス「呪ったれや」があり、もしかしたら羊の呪いをMIAに登場させようと考えていたのかもしれない。しかしどんな相手だろうとピンクの羊に変えてしまうこの技を出したら流石に世界観を壊してしまうか。
また、どういう心境の変化か、イントロや時間切れ負けポーズでやたらクネクネするようになった。

KOFMIA

『KOFマキシマムインパクト』のアーケード版『KOFMIA』にもゲスト出演している。
彼のストーリーは「自分のバッタモン(と勝手に決め付けた)であるリョウ・サカザキをぶちのめすためにKOFに出る」というもの。
だが、招待されていない溝口がKOFへ参戦出来る訳が無い。そこで溝口が起こした行動、それは…「単身アメリカへ密航し、KOF参加者の格闘家を倒してKOFへの招待状を奪取、乱入」という形での参戦であった。その標的にあがったのはラッキー・グローバーというKOFのキャラクター。彼は以前にも同様の手口で2回も招待状を奪われている。
同じ留年キャラとして、草薙京には一方的な親近感を抱いていて迷惑がられている。そりゃ色々な事情があって留年している人と、学力の事情で卒業できない人を一緒くたにされるのは良い迷惑だろう。
また、ボンガロテリーを代表する台詞「男やったら拳一つで勝負せんかい!!」を文字通り武器を持った相手に言うというサプライズも見せた。
ちなみに原作再現なのか頭部が弱点となっており、そこに攻撃を受けると通常の1.5倍のダメージを受ける仕様となっている。この仕様により、K'の超必殺技の一つである「クリムゾンスターロード」を喰らうと、即死となる。無論、連続技に組み込んだりせずとも、直に叩き込むだけで、である。
KOFMIAには1キャラクターにつき2つのコスチュームが用意されているが、溝口のそれはなんと『ふんどし一丁』である。
溝口用のコスチュームを考えていたデザイナーがなかなかいい案が出ずに疲れて仮眠を取った所、
夢の中で溝口に『チャラチャラしたモンはいらん、ふんどし一つで勝負せんかい!!(大意)』と怒鳴られた為即座にこれが採用された、というエピソードがある。

ちなみにSNKプレイモアは溝口をMIAに参戦させるためだけに、現版権元と契約を交わしたそうである。

喧嘩番長

PSPで発売されたスパイクのアクションアドベンチャーゲーム『喧嘩番長3 全国制覇』にまで隠しボスとして出張。
主人公が溝口を倒すと仲間になり、さらに「ごっついタイガーバズーカ」を伝授してもらえる。

参考動画



関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「溝口誠」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79747

コメント