ピクシブ百科事典

潜水棲姫

せんすいせいき

ブラウザゲーム『艦隊これくしょん』に登場する深海棲艦の一種。
目次[非表示]

『キタノ…ネェ……?エモノタチ…ガァ……フフ…ハハハ…!』

『キタノ…ネェ……? エモノフゼイ…ガァ……ナメル…ナアッ…!』

概要

艦これ2015年秋季イベント『突入!海上輸送作戦』の第四海域E-4『西方海域戦線 ステビア海』のボスとして初登場した深海棲艦潜水艦を模した巨大な鯨のような艤装が特徴的。
敵の潜水艦としては初の姫クラスであり、戦艦棲姫空母棲鬼駆逐棲姫軽巡棲鬼と各艦種に鬼・姫クラスが続々と登場する中、いずれ潜水艦のボスクラスも登場するだろうと予想されていた事が現実となった。

『ホォラッ…イキナサイ、ギョライタチィ!』

2015年秋季イベントにおいて

難易度によってステータスは異なるが、3桁のHP(丙:110、乙:130、甲:160)を持ち、対潜装備無しでの撃沈は困難。
特に最高難易度である甲作戦で最終形態として出現するタイプは、2年前のコラボイベントで登場した霧の艦隊イオナが敵として現れたかの如き異様な硬さを誇る。
また、難易度を問わず新型機を搭載した空母ヲ級改flagshipまたは戦艦棲姫を伴って登場する。
さらに、甲作戦最終形態ではこの2隻が一度に両方出現し、お供の潜水ソ級単縦陣で開幕雷撃を放ってくるという阿鼻叫喚の様相を呈する。

『イタイッ!ヤメテヨォォ…!』

しかしながら、初登場時に限って言えばイベント最大の見かけ倒しのボスである。
何故なら先制雷撃を撃ってこない上、連合艦隊だと夜戦でも対潜攻撃が通るため連合艦隊の数の暴力で撃沈可能。
また、駆逐艦軽巡洋艦は潜水艦への攻撃を優先する為、随伴のヲ級改や戦艦棲姫に攻撃が吸引されることはない。つまり逆ダイソン。
さらに、随伴の潜水艦は(甲最終形態以外)ノーマルであり、こちらも開幕雷撃をしてくることはないため、実質昼間は上3隻が置物同然であり、下のヲ級(or戦艦棲姫)と駆逐艦2隻を戦艦空母で殴ることで安全に処理可能。
もっと言えば、前回の夏季イベントの防空棲姫に見られた装甲破砕ギミックが取り入れられており、同じ海域の港湾棲姫泊地水鬼を倒し、空母機動部隊でボスへ向かうことで装甲が弱体化する。
この時に破砕効果があるかどうかは、登場時のグラフィック・台詞・戦闘BGMの違いで判別可能。

丙・乙作戦では姫の装甲値が低いため上述のギミックを使わなくても撃沈可能だが、上述の甲作戦最終形態は使わないと厳しい。とはいえ、充実した対潜装備を持ち十分なレベルと対潜値を持った軽巡洋艦と駆逐艦が揃っていれば、甲作戦最終形態でもギミックを使わずに攻略が可能。

『ギョライヨ…ギョライ…ウッフフフフフ!』

2016年冬季イベントにおいて

E-1では水上艦と共に通常艦隊で登場し、以前に危惧されていた「もし通常艦隊で登場すると、非常に少ない対潜戦力で昼戦の間に落とさなければ、夜戦で軽巡・雷巡・駆逐艦が全て無力になる」という状況が現実のものになった。
しかし、本海域は甲作戦でも(遠回りをしなければ)軽巡・駆逐・潜水艦しか登場せず(水上艦混じりの1-5と思えばいい)、航空戦艦&軽空母込みの対潜ガチ装備編成でストレート勝ちでき、ドロップも豊富なボーナスステージとなるので問題はなかった。
……ただし、運がよければ
これが最悪の場合、ラストダンスでT字有利でもこちらのガン積み対潜攻撃をスイスイ避ける・当たってもカスダメというわけのわからない事になるため、提督によって体感的な難易度は大きく異なる。

『ミズガ…モレチャウゥ…!』

2016年夏季イベントにおいて

潜水夏姫」という夏仕様で登場。詳しくはそちらを参照。

「ウッフフッ、マタ モグルノカ…アノ ミナゾコニ……エッ?フジョウ、シテイル?アノ、水面に……?」

2016年秋季イベントにおいて

登場から一年の節目にまた登場。
今回はE-1の輸送部隊の前にボスとして立ちはだかる。
しかし輸送ゲージの仕様の関係上、「勝利A」“以上”さえ確定させればいいので無理に彼女を倒す必要がなく、さんざん爆雷を投げられた末にさっさと撤退されるという傍迷惑な状況に置かれてしまった。

潜水さんの憂鬱


だんだん「E-1の門番」として爆雷を投げ込まれるのが仕事と化してきている……(汗)

2017年冬季イベントにおいて

期待を裏切らず、今回のイベントでもE-1に登場。
前回のイベント同様に輸送作戦なのだが、今回のE-1は通常海域の1-6と同様の仕様になっており、また通常艦隊で挑むよりも潜水艦隊で挑む方が突破し易い事もあって、半ば無視される状況になってしまった。
しかし!! やはり濃厚な潜水艦ドロップポイントとなっており、U-511・伊401・伊26目当てに爆雷を投げ込まれる日々が続いている。特にE-3に備えて手持ちの潜水艦の種類が少ない提督にとっては重要なポイントとなっている。


イベント最大の被害者?

2015年秋イベントで彼女がボスを務める第四海域だが、このボスマスでは本イベントで初実装となったグラーフ・ツェッペリンをドロップ入手することが出来る。
そのため、ツェッペリンが出るまで何回も沈められ続ける羽目になった。

ツェッペリン掘り
2015秋イベ・E4ネタまとめ



2016年冬イベントでは、上記の通り名誉挽回を果たしたかと思われたが、一度クリアさえしてしまえばラストダンスの最終編成は登場しない(そしてドロップは濃厚)ため、やはり何度となく倒され続ける結果となってしまった。

2016年冬イベント E-1「礼号作戦 準備」



2016年夏イベントにおいては、前回より軽量編成での周回が可能になり、新規艦の伊26に加え、いくらでも欲しいまるゆや装備が優秀な三隈あきつ丸まで出るとあって前回以上にエンドレスでフルボッコにされた。

おまたせ!爆雷しかなかったんだけどいいかな?



2016年秋イベントでも、海域突破後に秋月初月浦波がドロップするため、それらがまだ手元にいない提督にとっては狙い目なので、やっぱりボコられる。
ついでに明石鹿島も出るので、そっち狙いでも爆雷を投げ込まれる羽目に……。

2017年冬季イベントに至ってはドロップメンバーに瑞穂水無月が追加されただけに留まらず、前述通り実質ボスからの降格に加え、遂にボイスと登場グラフィックが完全カットされた
怨嗟の声すら上げられず、他の潜水艦とともにただ沈められるだけになってしまった彼女の明日は一体……。

E-1.日本近海/七尾北湾/舞鶴湾 「光」作戦準備


尤も、ちゃんと沈めてもらえるのならある意味まだ幸せなのかもしれない。そもそも今回、仮にも姫級が本土に最接近しているという危機的状況のはずなのに、これまでのイベントの本土防衛のような危機感溢れる展開には一切ならず、あろう事か潜水艦隊によるガン無視が可能となっている(一応作戦要綱には「敵艦隊の撃滅」が入っていたのに)。つまり鎮守府側からは潜水棲姫は放置して問題なしと判断されている事になる……。


容姿について

以下の要因により、立ち絵からその容姿を把握する事が非常に難しい。

  • 巨大な艤装を収める為にかなり引いた構図になっており、拡大しないと細部が見えない。
  • 腰から90度前傾した姿勢かつ体全体も前のめりになっており、衣服の正面側が全く見えない。
  • 長すぎる髪に隠れて、腕を含めた右上半身が全く見えない(第二形態では右腕だけ見える)。
このため、容姿の半分以上を描き手の想像(創造)力に委ねるしかないという、珍しい状態になっている。
ちなみに、これもまた見えにくいが「潜水棲姫(第一形態)」「潜水棲姫(第二形態)」「潜水夏姫」の全てで表情が異なっている。
また、ゲーム内の画像ではどんなに拡大しても目を瞑っているようにしか見えないが、高解像度で見ると半目ながらも見開いている事が分かる。


関連タグ

艦隊これくしょん 深海棲艦 潜水艦
潜水夏姫

イオナ(霧のイ401)・・・『蒼き鋼のアルペジオ』の登場人物。彼女の登場以前まで、『艦これ』においては高耐久・高火力のチート潜水艦の代名詞であった。

ダイナマイト漁 ・・・熟練提督にとっては、彼女のボスマスが格好の漁場である。

pixivに投稿された作品 pixivで「潜水棲姫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 936664

コメント