ピクシブ百科事典

瀬戸健太郎

せとけんたろう

瀬戸健太郎とは、漫画『黒子のバスケ』の登場人物である。
目次[非表示]

プロフィール

所属霧崎第一高校2年生
身長190cm
体重76kg
BMI21.05
背番号5
ポジションセンター(C)
CV四宮豪


概要

前半はベンチでアイマスクを付けて爆睡していたが、第3Qの途中から交代で参戦。
本人曰く「でこを出してないと頭が回らない」らしく、試合に出る時はワックスで髪型をオールバックにする。オールバックにしてない時の頭はボサボサの癖っ毛。額の中心にホクロがあるのが特徴的。
IQ160という驚異的な頭脳の持ち主。頭の回転が速いためか、話し相手の台詞に返答を被せてしまうのは「どうにもなんない」らしい。
自分は頭が良いという自覚がありながら、同時に、それでも花宮には勝てる気がしないと言っている。
センターとしては並の選手だが、花宮とリンクしてパスコースを限定し、花宮をサポートするのが主な役目。メンバーで唯一花宮の思考に付いていけるという彼の頭脳を利用する事で、花宮は全てのパスを100%スティール出来る。
他の霧崎第一のメンバー同様、(大きな描写はないが)ラフプレーもする。

関連タグ

黒子のバスケ 霧崎第一
花宮真 古橋康次郎 原一哉 山崎弘
黒バスC組

pixivに投稿された作品 pixivで「瀬戸健太郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 434107

コメント