ピクシブ百科事典

火渡カイ

ひわたりかい

火渡カイとは、漫画・アニメ『爆転シュート ベイブレード』のキャラクター。
目次[非表示]

CV:高乃麗

ベイブレード

ドランザー朱雀)(聖獣)→ドランザーS(スパイラル) → ドランザーF(フレイム) → ドランザーV(ヴォルケーノ) → ドランザーV2 → ドランザーG(ギグス) → ドランザーGターボ → ドランザーMS(メタルスパイラル)

概要

プロフィール

タカオの宿命のライバルにして、タカオと同等の実力を持つブレーダー。「ドランザー」とその進化系ベイブレードをあやつる。かつてはシェルキラーと呼ばれるギャング団をリーダーとしてまとめ上げていた。巨大軍事企業「火渡エンタープライズ」の御曹司。非常にクールな性格で基本的に馴れ合いや助け合いを嫌う様に見えるが、タカオ達がピンチの時に助言をしたり、EDでは動物にエサをあげるなど根は優しい人物。
ハネた灰色と黒のツートン髪、頬のペイントが特徴。瞳の色は無印では赤茶→2002では灰色→Gレボリューションでは紫と作品ごとに異なっている。

アニメ

幼少時に祖父がオーナーである世界征服を目論む組織「ボーグ」に所属していたが、ブラックドランザーの影響でその時の記憶を失ってしまっていた。一度ボーグに戻った際、ブラックドランザーを使用しており、その邪悪な力に飲まれそうになるが、ドランザーを使用したタカオとのバトルを経て、メンバーと和解。以降は一貫して再びドランザーを使用している。
『2002』では自室と思しき場所や一時期、帝王学園中等部に通うという学校生活の様子も描かれている。運転手の話では父とは不仲らしく寄宿舎から帰っても口を利かない。ブレーダーとしての情熱を失いかけていたが、学校の後輩でありベイブレードに情熱を燃やしていたユウヤとの関わりを経て、再びブレーダーとして復帰する。また、聖封士との初戦では唯一引き分ける等、高い実力を保持していた。ユウヤが敵に利用され、廃人同然になってしまった際には憤り、その際に半狂乱状態に陥ったユウヤの幻影に悩まされる事もあったが、見事克服している。後にパーツハンターと称されるキングとクイーンの二人掛かりによる卑怯な戦法で、ヴォルケーノを破壊されてしまったが、新たにキョウジュが開発したヴォルケーノV2でリベンジを果たしている。
『Gレボリューション』では、自らの進むべき道に悩みながら、予選を突破し三度BBAチーム代表となるも、最終的には辞退し、ネオボーグのメンバーとして世界大会への参戦を決意。相変わらず高い実力を保持しているだけでなく、以前よりも更に厳しい鍛錬を積んでいる事で、ほぼ負けなしの実力者となっている。BBAレボリューションとの初戦では、タカオが出場しないと知ると自らスタジアムアウト。決勝においても試合前にセルゲイ、ボリスと対戦し、事前に一試合消化していたタカオと同じ条件で戦おうとする等、タカオとの真剣勝負に拘る様子を見せる。なお、後に彼のマフラーにが、床を凹ませるほどの錘が仕込まれていることが判明している。
ジャスティス5においても、タカオとの再戦に拘り続けBBAの中では唯一BEGA側に就くも、代表決定戦でBEGAの秘密兵器である天才ブレーダーのブルックリンに惨敗した事で、大きく挫折。一人街中を彷徨い続けていたカイは、ユーリの入院している病室でメタルスパイラルを手にした事で闘志が蘇るが、タカオ達と同様、最初はヘビーメタルシステムを使いこなす事も出来ずにいた(それでもロメロからすれば、BBAのメンバーでは最も早くに使いこなしているらしい)。しかし、ロメロとの邂逅を経て完全に立ち直り、Gレボリューションズの「Mr.X」としてジャスティス5戦に参戦。再びブルックリンに対峙し、満身創痍になりながらも攻撃に耐え続け、これまで経験してきた様々な思いをドランザーに託した一撃で見事リベンジに成功した。ブルックリンとの試合後、愛機ドランザーは力尽きたかのように砕け散ってしまい、カイ自身も倒れてしまったが、タカオとブルックリンの最終決戦にて、傷だらけになりながらもその無事な姿を現し、タカオを叱咤激励する。
エピローグでタカオと対峙した時には、キョウジュによる修理が施されていたのか、メタルスパイラルは修復されており、タカオとの約束の野試合で物語を締めくくっている。

漫画

アニメでは描かれなかった両親(父・ 火渡進 、母・名前不明)が登場する。祖父もボーグとは関わりをもたない普通の会長として登場する。
3年前はベイブレードが好きで父親とベイブレードを楽しむ普通の男の子だったが、ベイブレード開発を夢見る父親が、夢を認めず家業を疎かにしている事を怒る祖父と対立し、会社とベイブレードの夢どちらが大事だと問われた際に、ベイブレードを選んで家族の元を離れたために、結果的に自分達を捨てた父親と父親を奪ったベイブレードを憎むようになり、これが影響になって性格も変わってしまい、シェルキラーを作り、ベイブレードに復讐するために四聖獣の力を手に入れようとした。だが、スーパーバトルトーナメント決勝でタカオに敗北たことで、先に倒す相手が出来たと復讐を取り止めた。世界選手権の日本代表チームに選ばれるも、タカオたちと出場する気は無いと告げ、参加選手に野良試合を仕掛けていた。だがユーロチームに惨敗し、タカオに活を入れられ発奮。4回戦に登場し、見事ラルフにリベンジを果たした。ボーグとの決戦後に現れた聖封士を倒すため、タカオたちと共にザガートタワーに突入した。その後開かれることになったG・B・Cの日本代表予選に参加。Aブロックを順当に勝ち進むも、ZOとの野良試合で迷いが生じたまま、代表入りを決める。しかし、大地の出現によりその迷いが決定的なものとなり、予選後に行方をくらまし、タカオと決着をつけるべくロシア予選でイワンを下し、ネオボーグに入る。
最終回の番外編では祖父の跡を次いで社長となっており、 火渡ゴウというよく似た息子をもうけている。

関連タグ

ベイブレード 木ノ宮タカオ 水原マックス 金李
カイレイ

pixivに投稿された作品 pixivで「火渡カイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 581313

コメント