ピクシブ百科事典

火炎放射器

かえんほうしゃき

文字通り火炎を放射する兵器。

概要

もしくは引火した可燃性の液体を噴射し対象物を焼く。熱と酸欠による殺傷と炎そのものによる視覚的威圧を主な目的とした兵器
「ギリシアの火」など古くから存在する兵器である。

かつては塹壕トーチカ、ほら穴など限定的な閉鎖空間で高い制圧力を誇っていたが、現在は人道的な批判によりこのような使い方をされることは少なく、またそういった批判が無くとも安全性や効率の問題からナパーム気化爆薬、サーモバリック弾など焼夷効果のある弾頭を装備した携帯ロケット砲などに置き換わっている。
一部では対空用として使われたこともあったが、効果は薄くやがて消えていった。
また、民間レベルでは融雪や除草等に用いられ、現在の軍隊でもテロリストが潜伏する場所の除去をはじめとした視界の確保のための除草器具としても用いられている。

当初は普通の液体燃料を噴射していたが、跳ね返りや燃料が流れ出ることで不必要な被害が生じることから増粘剤を混合しゲル化した燃料が用いられるようになっていった。
民間用途では燃料を噴射する構造ではなく、大きなガスバーナーのような構造となっている。

歩兵が携行するものは背中の燃料タンクと燃料噴出用圧縮空気タンク、発射機がホースで繋がった構造である事が多い。
発射機の噴射口付近には種火となるものがあり(米のM1/M2では6回使用可能な火薬式カートリッジ)、使用の際には種火を灯した後に混合燃料を噴射する。
むき出しの燃料タンクに被弾した場合、混合燃料を撒き散らしながら種火に引火となれば大惨事となる。
創作では燃料タンクに被弾した場合、引火しての自爆、加圧された燃料を推進剤として装備者が飛んでいくといった表現がされることがある。

世紀末では汚物を消毒するために用いられていたりする。
これが案外ネタではなく、実際にバイオ・化学テロの殺菌・無毒化に焼却消毒を行なうことができるよう携帯放射器という名称で陸上自衛隊が採用している。
事実、災害派遣では昭和37年コレラ菌に感染した台湾産輸入バナナの文字通り消毒・焼却作業に用いられた。
翌昭和38年には豪雪での災害派遣で雪の溶雪作業にも用いられたが、除雪作業には効率が悪く使用が中断され、人海戦術での除雪に切り替えられている。
大量の生ゴミによる蝿の大量繁殖を防ぐ為の処理や大量の蚯蚓の死骸処理、演習場の野焼きなどにも使われているようだ。
携帯放射器使用訓練(外部リンク)
一度調達終了したが平成20年度から再び調達が再開されている。

関連タグ

北斗の拳 汚物は消毒だ~!!
自衛隊 陸上自衛隊

pixivに投稿された作品 pixivで「火炎放射器」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 283375

コメント