ピクシブ百科事典

片山まさゆき

かたやままさゆき

片山まさゆき(1959年4月20日-)は、日本の漫画家。麻雀漫画を数多く発表しており、同ジャンルの第一人者と目される。愛称は「片チン」。
目次[非表示]

概要

千葉県旭市出身。明治大学では漫研に入るが、麻雀にのめり込み、そして漫画家として本腰を入れるために中退。その学生にいる間も麻雀ばかり打っていたという。そんな麻雀ジャンキーゆえに、マガジン編集部からも「得意分野を漫画に描け」と言われ、やむなく『ぎゅわんぶらあ自己中心派』を描いたが、これがヒット。また、同じ頃に自分の下手な(謙遜)打ち回しを漫画にした『スーパーヅガン』を『近代麻雀オリジナル』に発表、これもヒットを飛ばし、麻雀漫画界に片山ありと言われるまでになった。

その頃、『近代麻雀』でお馴染み竹書房主催の第1回最強戦で、急遽欠場した桜井章一の代打ちとして飛び込み参加。そして、そこで並み居る強豪プロを差し置き、優勝してしまうなど、実は雀力も玄人跣だったりする。そんな卓越した雀力を遺憾無く発揮し、そしてかねてより描きたかった競技麻雀プロへのリスペクトもこめた作品が『ノーマーク爆牌党』であり、この作品は馬場裕一の闘牌協力もあって、唯一無二の「闘牌だけで楽しめる麻雀漫画」とも言われ、ファンの間では片山作品、ひいては麻雀漫画の最高峰とも評されている。

その後、学生を主眼においた競技麻雀を描いた『ミリオンシャンテンさだめだ!!』、突如麻雀界に降り注いだデジタルvsオカルト論争を主眼にした『牌賊!オカルティ』、そして本人も代表作と位置付けている、女流プロにスポットを当てつつ、初、中級者向けの麻雀戦術書としても評価されている『打姫オバカミーコ』などを連載していき、様々な切り出し口から麻雀に接する人々を描き続けている。

麻雀漫画以外では、ファミコン通信(現:ファミ通)に連載していたファミコンパロディギャグの『大トロ倶楽部』、ギャグ化しつつも、三國志演義をうまく踏襲した『SWEET三国志』などが有名である。

作風について

キャリアは結構長いにもかかわらず壊滅的な画力で有名。ガモウひろしらとともに「絵が下手なプロ漫画家」の代表として度々引き合いに出されるほどで、「いしかわじゅんがアシスタントとして一度頼んだが全く役に立たず、二度目はなかった」とか、「プロの漫画家になってからペン入れの練習をしていた」とか、「スランプに陥った時、二次創作の同人誌を参考にして絵柄を修正した」といったエピソードが知れ渡っている。

しかし、その画力を補えるほどキャラクターに魅力があるのが片山作品の特徴であり、片山ファンにはその個性的なキャラに愛着が湧いている人が多いのも事実。

作品(主な作品)

ぎゅわんぶらあ自己中心派
スーパーヅガン
大トロ倶楽部
ノーマーク爆牌党
理想雀士ドトッパー
まんちょくスナイパーとどめ
ミリオンシャンテンさだめだ!!
牌賊!オカルティ
SWEET三国志
打姫オバカミーコ
サクサク現代史!
満潮!ツモクラテス
雀術師シルルと微差ゴースト

リンク

片山まさゆきの Sweets打(ぶ)ち

pixivに投稿された作品 pixivで「片山まさゆき」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 72148

コメント