ピクシブ百科事典

物欲センサー

ぶつよくせんさー

多くのゲーム作品において共通して存在する不思議なセンサー。 とくに『モンスターハンター』シリーズにおいて顕著。
目次[非表示]

概要

いつも(=不必要な時)はちょくちょく出てくるのに、
いざ必要になった時には全然出てこない。

・・・こんな経験を味わったことはないだろうか?
これこそが「物欲センサー」である。

元は『ファンタシースターオンライン』のプレイヤーの間で使われていたらしいが、今はむしろカプコンが『モンスターハンター』シリーズにおける半ば公式ネタとして、「物欲センサー退散」のストラップや「物欲センサー退散」Tシャツだとかを商品化したり、ぎりぎりアイルー村に台詞として登場していたりの扱いである。

要らないからといって捨てる、もしくは売っ払っていたりするといずれこういう目に遭う・・・かもしれない。

その他の事例

当然その他のソフトでも存在は確認されている。
特に『ポケモン』は第二世代から登場した色違いや、第三世代後期から完全廃人仕様にシフトした事から対戦用のポケモンをタマゴから理想高個体値を粘る際、プレイヤーが物欲センサーに悩まされていた。
番外では第三世代(RS)のバトルタワーで50連勝すると7連勝ごとに報酬がもらえるのだが、その一つ「こだわりハチマキ」は特に高い人気を誇った。しかし、これも確率が絡んでおりどれだけ勝ち進んでもこだわりハチマキがもらえないという事例が多く確認された。
しかし、当時はまだPSO用語だったので言われていなかった。最近ではPDWでこれに泣かされている人が多い。

その他のゲームでもアイテム集めをするときには大抵物欲センサーが働く。
性能のいいアイテムの数をそろえようとすると大変である。

トレーディングカードやデータカードダス等、実際に商品を手にするものでも存在が確認されている。
そして、最近ではパズル&ドラゴンズモバマススクフェス艦隊これくしょんなどのソーシャルゲームでもガチャや報酬で物欲センサーが確認されている。

ちなみに物欲センサーは対象が人間キャラの場合、推しの鉄板カップリングの相方が出やすいというジンクスもあるようだ。例を挙げるなら、西木野真姫推しの場合はにこまきの相方の矢澤にこばっかり出る、新田美波P(になりたいプレイヤー)の場合はラブライカの相方のアナスタシアばっかり出るといった現象が起こるのである。

ゲーム作品では時間を消費するが、トレーディングカードなどではお金(リアルマネー)を消費する。
はたして厳しいのはどちらだろうか。

実際に存在するのか?

量子力学の世界では、物質構成最小単位である素粒子は常に出現と消滅を繰り返す完全にランダムな存在である。ただしこの素粒子はなんと人間の観察、つまり人間の意思が介することによって傾向を持つというのだ。
それは「シュレディンガーの猫」にあるように、人間の意思が物理法則に影響を与えることを意味している。つまりは人の意思(物欲)が何らかの理由によって乱数に影響を与え、本来ランダムであるはずの乱数に偏りを持たせ、確率を操作できるというものである。
実際に地球規模で乱数発生装置を用いた「大多数の意思による乱数の変動実験」は行われており、9・11やイラク戦争ではわずかながらではあったが、変動が確認されたとされている。
まだ完全には実証されていないが、これが実証できた場合、乱数を利用した商品などはその意思による法則性を考慮しなくてはいけないようになるだろう。


関連タグ

運ゲー ひらけたそら 描けば出る
あるある マーフィーの法則
PSO モンスターハンター
ガシャどくろ :妖怪不祥事案件ではだいたいこいつのせいらしい。

pixivに投稿された作品 pixivで「物欲センサー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1906531

コメント