ピクシブ百科事典

犬川荘助

いぬかわそうすけ

犬川荘助は、戯作『南総里見八犬伝』の登場人物。

南総里見八犬伝』に登場するの珠を持つ八犬士
背中に牡丹がある。

概要

犬川 荘助 義任(いぬかわ そうすけ よしとう)

 長禄3年(1459年)12月1日、伊豆生まれ。
幼名は荘之助。父親は北条の荘官・犬川衛二則任。
 寛正6年(1465年)、父が主君の勘気に触れて切腹。
里見家に仕官している母の従兄、蜑崎輝武を頼って母とともに安房国に向かうが、その途中の大塚で母親が行き倒れる。
以来、大塚家の「額蔵」という名の下男として酷使され、忍従の日々を送っていた。
 文明2年(1470年)、12歳のときに大塚家に引き取られた信乃に世話役兼監視役としてつけられ、信乃が自分と同じ痣と珠を持っていることを知り、出自を明かして義兄弟の契りを結ぶ。
表向きはよそよそしく振る舞ったが、密かに信乃と武芸を競い、その書籍で学んだ。
 八犬士随一の苦労人と見なされている。

関連タグ

南総里見八犬伝 里見八犬伝 八犬伝 犬川荘介

pixivに投稿された作品 pixivで「犬川荘助」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32206

コメント