ピクシブ百科事典

犬江親兵衛

いぬえしんべえ

犬江親兵衛は、戯作『南総里見八犬伝』の登場人物。
目次[非表示]

南総里見八犬伝』に登場するの珠を持つ八犬士
脇腹に牡丹がある。

概要

犬江 親兵衛(いぬえ しんべえ まさし)

 文明7年(1475年)12月、下総国市川に生まれる。
山林房八と沼藺の子で、小文吾は伯父にあたる。
 幼名は真平だったが、周囲に大八(「片輪」の車という連想によるもの)と渾名され、この名が定着した。
 初登場時は4歳で、このときの事件で生まれつき開かなかった左手が開いて珠が現れ、八犬士ということが判明し、「真平」の名を「親兵衛」に改め、諱を「仁」とした。
後に伏姫神により神隠しに遭い、9歳で異様な成長を遂げて里見義実の前に再登場する。
 儒教の徳目全てを体現した童子で、物語後半の主役といえる。
完璧なまでのヒーローであり、それゆえか「八犬士の随一」を自ら称するなど高飛車な言動が目立つ。

関連イラスト

八犬伝落書き



関連タグ

南総里見八犬伝 里見八犬伝 八犬伝

pixivに投稿された作品 pixivで「犬江親兵衛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8722

コメント