ピクシブ百科事典

犬田小文吾

いぬたこぶんご

犬田小文吾は、戯作『南総里見八犬伝』の登場人物。

南総里見八犬伝』に登場するの珠を持つ八犬士
尻に牡丹がある。

概要

犬田 小文吾 悌順(いぬた こぶんご やすより)

 父は武家出身だが、町人として暮らしている行徳の旅籠屋・古那屋文五兵衛の子として、長禄3年(1459年)11月20日に生まれる。
犬江親兵衛は甥にあたり、妹に沼藺、義弟に房八がいた。
 巨漢であり、相撲を得意とする。
 16歳のとき、犬太という悪人を義侠心から殺したため、「犬太殺しの小文吾」、これが転じて犬田小文吾と呼ばれるようになり、また自ら悌順の諱を定めて名乗ることになった。
 数々の人物と縁があり、何故か船虫毛野とはとくに因縁が深い。

関連タグ

南総里見八犬伝 里見八犬伝 八犬伝

pixivに投稿された作品 pixivで「犬田小文吾」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67954

コメント