ピクシブ百科事典

独裁者

どくさいしゃ

政治や集団を一人で操ることができる人物。特に近代国家においての政治を単独で動かす個人(国家元首)や組織(執政党の党首)のことを指す。
目次[非表示]

概要

一個人や単一組織によって政治や集団を支配し操る立場の人物を指す。経緯や形態、思想などは様々だが、権力が単独か少数に集中している点で共通している。

派閥闘争などとは無縁であることから、優れた人物によって主導されることは政治の理想形のひとつとされる。指揮系統が統一されることで、命令伝達が早く進む利点がある。

しかし、完璧な人間などどこにも居ないのが現実であり、一般には最も愚かな政治形態であるとされることが多い。指揮系統が集中しすぎて単独の裁断では処理しきれなくなり、決定者が不在の場合には他者の判断がされずに混乱に陥る危険性を持っている。



スターリンヒトラー毛沢東のように数千万単位の人を殺した暴政者の悪名が知られる一方、近代トルコの礎を築き尊敬されているケマル・アタテュルクシンガポールを先進国に発展させたリー・クアンユーのような例もある。

映画「独裁者」

チャールズ・チャップリンが監督・製作・脚本・主演を務め、ヒトラーとナチズムの風刺を主なテーマとしたアメリカ映画。それまでのサイレント映画からトーキー映画に変えた作品でもある。1940年10月公開だが、日本は当時ドイツと同盟関係にあったため、公開されたのは20年後の1960年になってから。

ストーリー

第一次世界大戦。トメニアの兵士として戦線で戦うユダヤ人である床屋のチャーリー。逃げるチャーリーは将校シュルツを助けたが祖国は敗れ、逃げた時に意識を失い、以後20年も昏睡状態になった。
その20年後のトメニアはチャーリーと瓜二つのヒンケル総統が国を支配し、自由を民主主義を否定し、ユダヤ人を迫害していた。目覚めたチャーリーは現状を理解できずにいたため突撃隊を怒らせてしまったが、突撃隊隊長がかつて助けたシュルツだったため難を逃れた。
隣国オストリッチ進駐を企てるヒンケルはますますユダヤ人迫害を強め、追放されていたシュルツとともにチャーリーは収容所に送られてしまう。
進駐を邪魔しようとする隣国バクテリアの独裁者・ナパロニを何とか説き伏せたヒンケルはついにオストリッチを侵略する。ところがその直前に脱走したチャーリーとヒンケルが入れ替わってしまい、ヒンケルとなったチャーリーは群集を前に演説をすることに。


この演説シーンの為、サイレント映画だと伝えきれないのでトーキー映画に路線変更したという逸話がある。

なお、この映画「独裁者」の製作当時はヒトラーならびにナチスの本当の恐ろしさである「ホロコースト」の事を彼は知らなかったらしい。ヒトラーとナチスを茶化して風刺しているわけだが、もしそれを知っていたら作れなかったという。

代表例

現在(2014年現在)

アレクサンドル・ルカシェンコ(ベラルーシリー・シェンロンシンガポールウラジーミル・プーチンロシア) 金正恩北朝鮮
イサイアス・アフェウェルキエリトリア) ムスワティ3世スワジランド
オマル=アル・バシール(スーダン)

過去(2014年以前)

ヒトラー(ドイツ) スターリン(ソ連) ムッソリーニイタリア) フランシスコ・フランコスペイン) 毛沢東(中国) 蒋介石中華民国李承晩朴正煕韓国) 金正日金日成(北朝鮮) 
サダム・フセインイラク) カダフィ大佐リビアニコラエ・チャウシェスクルーマニア) ポル・ポトカンボジア) サパルムラト・ニヤゾフトルクメニスタン) マルコスフィリピン) ムガベジンバブエ) ピノチェトチリ) ムスタファ・ケマル・アタテュルクトルコ
イディ・アミン(ウガンダ)ジャン=ベデル・ボカサ(中央アフリカ共和国)
モブツ・セセ・セコザイールウゴ・チャベス(ベネズエラ)



関連タグ

政治 独裁 独裁国家 国家 国家元首 君主

pixivに投稿された作品 pixivで「独裁者」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54810

コメント