ピクシブ百科事典

猿の惑星

さるのわくせい

『猿の惑星』とは、ピエール・ブールによるSF小説。および、それを原作とした映画。
目次[非表示]

概要

ある宇宙飛行士が謎の惑星で見た光景。それは言葉を話すと、それに支配される人類だった――
「立場の逆転」により人種差別を抉り出した風刺SF
フランス人の著者が、第二次世界大戦中にインドシナでアジア人を労働力として使っていたところ、日本軍が侵攻し、逆に日本人の捕虜となった経験を基に書かれたと伝えられるが定かではなく、もっぱら第二次大戦後に躍進していった日本含むアジア諸国の台頭に危機感を抱いた欧米人視聴者がその思いをこの作品に投影していたという方が近いかもしれない。
もともと猿のモデルは日本人であったが、その後アメリカ合衆国映画化されると、さまざまな人種の問題を反映するようになる。多種多様な視点から人類社会を批判するというスタイルが「猿の惑星」という作品の特徴となった。

映画

1968年に20世紀フォックス製作で映画化。原作にさらに一ひねり加え、衝撃のラストを用意した。
興行は世界中で大ヒットし、一大ブームを巻き起こす。日本人に侮蔑的と取られかねない作品にもかかわらず日本でも公開されたため、驚いた関係者もいたという。
数々の亜流作品を生み出し、日本でもかの円谷プロが『猿の軍団』というキワドイものを製作している。
ラストの大オチについては、以後の続編がそれを踏まえた話になっていることも含め、世界一有名な映画のネタバレというレベルで知られたところになってしまっている。公式も開き直っており、ソフトのパッケージには惑星の正体を表すアレが思いっきり出てしまっている。

初期シリーズ

タイトル(原題)製作年監督
猿の惑星(Planet of the Apes)1968年フランクリン・J・シャフナー
続・猿の惑星(Beneath the Planet of the Apes)1970年テッド・ポスト
新・猿の惑星(Escape from the Planet of the Apes)1971年ドン・テイラー
猿の惑星・征服(Conquest of the Planet of the Apes)1972年J・リー・トンプソン
最後の猿の惑星(Battle for the Planet of the Apes)1973年J・リー・トンプソン


ヒットを受けて次々に続編が製作されたが、当時の20世紀フォックスは経営危機に瀕していたため、全体的に低予算である。
劇中に登場する猿は、人間が特殊メイクをして演じている。人間と猿の中間をいくその造形は、当時としては特筆に価するもので、メイク担当のジョン・チェンバーズがアカデミー賞を受賞した。
同年に公開された『2001年宇宙の旅』にも猿人が登場するが、こちらはリアルな類人猿そのものである。

PLANET OF THE APES/猿の惑星(Planet of the Apes) (2001年)

2001年にティム・バートン監督の手でリメイクされた。1作で完結。
結末が従来のものと異なるが、これはどちらかというと原作小説に近い。
猿の躍動をワイヤーアクションで表現している他、猿人のメイクも格段に進化している。

新シリーズ

タイトル(原題)製作年監督
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (Rise of the Planet of the Apes)2011年ルパート・ワイアット
猿の惑星:新世紀(ライジング) (Dawn of the Planet of the Apes)2014年マット・リーヴス


2010年代に入ってからシリーズとして新たにリメイクが始まった。
ストーリーは時系列順で、猿と人間の立場が逆転する発端から描かれている。
今作の猿表現は特殊メイクでなく、人間の演技にCGをかぶせるパフォーマンス・キャプチャーという新技術を使った。

関連動画

吹替の帝王第6弾猿の惑星日本語吹替完全版



吹替の名盤第2弾(続〜最後の猿の惑星まで)





関連タグ

小説 / SF小説 / 小説の一覧
映画 / 洋画 / アメリカ映画 / SF映画 / 映画の一覧
/ ゴリラ / チンパンジー / オランウータン
世紀末 / 核戦争
家畜人ヤプー
宇宙猿人ゴリ
人類は衰退しました

外部リンク

猿の惑星 - Wikipedia
猿の惑星シリーズ - Wikipedia
猿の惑星とは (サルノワクセイとは) - ニコニコ大百科

pixivに投稿された作品 pixivで「猿の惑星」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 451774

コメント