ピクシブ百科事典

猿の手

さるのて

イギリスの小説家W・W・ジェイコブズによる短編小説である。典型的なホラー小説の題材として良く知られる
目次[非表示]

概要

内容としては、おとぎ話でよくある「3つの願い事をかなえてくれる」魔法のアイテムとして猿の手のミイラが使われている。
ただし、その代償はおとぎ話と違って非常に重く、ブラックジョークや皮肉も混ざっている。

あらすじ

ある日、老いたホワイト夫妻とその息子ハーバートは知り合いのモリス曹長からインドの行者から貰い受けた猿の手のミイラを譲ってもらう。
モリス曹長が言うには「このミイラには魔力を籠められており、どんな願いも3つ叶うが、定められた運命を無理に変えようとすれば大きな災いが伴う」と言うのだ。
ホワイト氏は半ば強引に受け取ったが、息子のハーバートは物は試しにと冗談半分に「借金を返済するために200ポンドほしい」と願う。だが、結局その日は何も起こらなかった……

その翌日、老夫婦の下にハーバートの勤務先から訃報が届いた。なんと、息子が勤務先の工場の機械に挟まれて死んでしまったというのだ。
当然ホワイト夫妻は会社に抗議し、賠償を求めるが、会社側は一向に聞き入れない。だが、賠償の変わりに日ごろの勤労の報酬として夫婦に金一封を送る。
その金額は先日息子が冗談半分に願った金額と全く同じ200ポンド……

老夫婦は息子の死を嘆き悲しみ、息子の死を悼んで日々を過ごした。だがある夜、どうしても息子を諦めきれない妻は夫に「猿の手で死んだ息子を生き返らせてくれ」と懇願する。
だが、ホワイト氏は息子の凄惨な死体を見ていたので、懸命に妻をなだめるが、彼女は半狂乱になって生き返らせてくれと訴える。
夫は彼女の気迫にとうとう根負けし、二つ目の願いをかけた。暫くして、夫妻は家のドアを何者かがノックする音に気付く。
夫人は息子が帰ってきたのだと、狂喜して迎え入れようとしたが、その結果を想像して恐怖したホワイト氏は猿の手に最後の願いをかける。
「息子を墓に戻せ」。すると、先ほどまでけたたましく叩かれていた激しいノックの音は突然途絶えた。

結局、平凡な日常にささやかな抵抗を試みたホワイト夫妻は、大きな代償を支払って元の日常に戻ることになったのだった。

余談

xxxHOLicでは猿の手の本物がミセに置かれており、それを購入したとある女性の末路は……
化物語では神原駿河に取り付いた怪異として扱われている。

このほかにも、名や姿を変えて猿の手をモチーフにした作品は多数存在する。

関連タグ

海外文学 掌編小説 ホラー小説
ブラックジョーク
xxxHOLiC 猿マネ椅子盗りゲーム
化物語 神原駿河 レイニーデビル するがモンキー するがデビル

pixivに投稿された作品 pixivで「猿の手」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 412

コメント