ピクシブ百科事典

玉川カルテット

たまがわかるてっと

玉川カルテットとは、ベテランの歌謡浪曲漫談グループ。
目次[非表示]

概要

1960年代から活動している歌謡浪曲漫談グループ。
デビュー時のメンバーは玉川ゆたか(リーダー)、松木ぽん太(三味線)、二葉しげる(エレキギター)、松浦武夫(ギター)。
ぽん太としげるがボケてリーダーのゆたか(ゆたか逝去後は後任のリーダー)が扇子でシバくツッコミでお馴染み。(時たましげるがゆたかを扇子でシバく事もある)。また、武夫の囃子(わかりやすくいえばファルセットみたいなもの)も特徴。
1996年にゆたかの逝去したことで解散の危機に陥るも、幾度のメンバーチェンジを得て現在に至る。

ひらけ!ポンキッキ』において目玉のついた卵がキャンプファイヤーの前で踊るコーナーにおいて歌唱を務めたことと、かつて山田邦子が出した、大滝詠一作曲の『アンアン小唄』を1998年にカバーしたことも有名。

ギャグ

  • ♪鮭茶~漬~け~

二葉しげる歌唱のギャグ。北海道関連となるとこのネタを披露する。(この後扇子でシバかれる)

  • ♪金もいらなきゃ女もいらぬ~ ♪あたしゃも少し背が欲しい~!!
二葉しげる歌唱の、玉川カルテットのあまりにも有名なギャグ。
派生ネタとして「♪金もいらなきゃ女もいらぬ~ ♪あたしゃリーダーの座が欲しい~」「♪大きな顔して威張るなリーダー ♪3人いなけりゃただのデブ~」がある。
  • 二葉しげるいじり
上記のギャグの後、二葉しげるの実生活を玉川ゆたか(逝去後は後任のリーダー)が暴露して扇子でシバくネタ。
  • ♪父ちゃん母ちゃんねんねした~ ♪明日の朝に子ができた~
松木ぽん太歌唱のギャグ。
勿論派生ネタとして、「♪じいちゃんばあちゃんねんねした~ ♪明日の朝に死んじゃった~」がある。(いずれのこの後扇子でシバかれる)

関連タグ

芸人 浪曲

pixivに投稿された作品 pixivで「玉川カルテット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 484

コメント