ピクシブ百科事典

玩具修理者

ようぐそうほうとふ

小林泰三の小説。または「HUNTER×HUNTER」に登場するネフェルピトーの念能力。
目次[非表示]

小説の玩具修理者

小林泰三の短編小説。同時収録に「酔歩する男」がある。角川ホラー短編賞受賞作品だけあり、二つとも衝撃のラストで知られる。最初は吐きそうになる汁気たっぷりのグロテスク表現に始まり、最後に背筋を凍らす「一行の文」で締めるという芸術作品としても見れるほど完成度が高い。

内容

玩具修理者

ある日、男性と女性の二人がいた。男性は相手の女性が常にサングラスをしている理由が知りたくなり、ふと尋ねた。しかし女性はどうもはぐらかす。それを力強く「教えろ」と言い放つと女性は子供の頃に起こった事を話し始めた。道雄と呼ばれる弟を背負い、真夏の中歩道橋を上っていた時、ふと足を踏み外し歩道橋の階段をまっさかさまに落ちる。女性は重傷を負い、道雄は…死んだ。死んだことがばれたらどうしようと女性は思考を張り巡らす。その時、ついこの辺りで壊れた玩具を要求された通りに直す何か」がいる事を思い出す。そして…

なお、小林泰三の小説「アルファオメガ」にも同名のキャラが登場している。

更に玩具修理者は『ダークスパークウォーズ』に参戦(理由は不明)し、ダークルギエルによってスパークドールズにされたというが…。

クトゥルフ神話に登場する異形の名がいくつか登場するが、クトゥルフとは全く別のベクトルを行く作品。


酔歩する男

ふと「いつも通う店の居場所がわからない」とか「家への帰り方を忘れた」とかいう経験があるある男性「血沼」の元にある一人の老人が現れる。血沼はその男とは一切の面識は無いはずだが、その男は若いころ血沼と「手児奈」という女性を取り合ったという。その手児奈は、ある日二人の目の前で自殺した。お互い彼女を狂気的なまでに愛していた。その時の血沼は「時間を逆行し、手児奈がいる時間に戻る」方法を思いついた。しかし、その方法によって二人の時間は崩壊を始める…


漫画『HUNTER×HUNTER』の念能力の玩具修理者

漫画『HUNTER×HUNTER』の念能力→詳しくはネフェルピトーの記事を参照 。
モデルはどう考えても上記の玩具修理者。ただこっちは「生命を生き返らせる」こともできなければ「全てを要求された通りに元通りにする」事もない。そのかわり「一旦修理対象を完璧にバラバラにする」ことはない。

関連イラスト

ピトー
こんにちは、僕のてんし!



関連タグ

小林泰三  グロテスク  小説  角川ホラー文庫  HUNTER×HUNTER  ネフェルピトー 念能力 ドクターブライス
カイト ゴン コムギ パーム

pixivに投稿された作品 pixivで「玩具修理者」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 88653

コメント