ピクシブ百科事典

甘寧

かんねい

甘寧(かんねい)とは、三国志に登場する武将。並びにそれに関連するキャラクター。字は興覇(こうは)。
目次[非表示]

三国志の甘寧

先祖は南陽郡の人であった、巴郡に移住してきたという(『呉書』)。甘寧は計掾(会計報告係)に推挙され蜀郡の丞となったが、しばらくして官を棄てて家に帰った(『呉書』)。

若い頃より気概があって遊侠を好み、不良の若者を集めて武装させ彼らの頭領となった。仲間達は皆羽飾りを背負い、鈴を常に携えていたので、民衆はの音を聞いただけでそれが甘寧一味だと分かったという。派手な装いで外出し、陸路や水路を闊歩した(『呉書』)。人に出会った時は、地方の長官だろうと自分達を盛大に歓待させ、そうしない者には手下を使って財産を奪わせた。また自分が属する地方の長官の領内で犯罪があれば摘発と制裁を行った。このような生活が20年ほど続いたが、あるとき、乱暴をパッタリと止め、いくつか書物を読むようになったという。

194年(興平元年)、劉焉が没し、子の劉璋が跡を継いだ際、李傕が漢中に派遣した扈瑁に呼応した劉璋の将軍である沈弥らと共に、劉璋に反逆したが敗れ、荊州へ逃亡した人物の中に甘寧という人名がある(蜀志「劉焉伝」の注に引く『英雄記』)。

甘寧は荊州の劉表に身を寄せて南陽に住まうようになった。しかし、任用されなかったので、劉表の部下の江夏太守黄祖の元に身を寄せたが、一般の食客としての扱いであった。『呉書』では、以下のように説明されている。

甘寧は手下や食客800名を連れた上で身を寄せたが劉表は文を重んじ武を軽視したため、甘寧は任用されなかった。甘寧は劉表が大成せずやがて滅んでしまうだろうと確信し、巻き添えを避けるため江東に移ろうとしたという。しかし、劉表の部下の江夏太守黄祖の軍勢が夏口に駐屯していたため通過できず、そのまま黄祖の下に留まった。冷遇されたまま3年ほど経過した。後に黄祖の軍の将として、対立する孫権の軍に敗れた黄祖を救援し、その殿を務め、追跡してきた孫権の将である凌操を討ち取るなどの手柄を立てたが、甘寧の待遇はその後も変わらなかった。

都督である蘇飛は甘寧を重用するよう黄祖に諫言したが、黄祖はかえって甘寧の食客を引き抜こうとし、甘寧の食客らは減少していった。甘寧は黄祖の陣営を離反することが出来ずに悶々としていたが、蘇飛の助けにより邾(ちゅ)県の長に推挙され、黄祖の下を離れることができた。甘寧は、かつての食客や新たに部下となった者達数100人を引き連れて、県に向かった。
やがて甘寧はそこを出奔し、孫権に降った。

孫権の配下に

甘寧が身を寄せると、周瑜呂蒙が連名で推薦した為、孫権は旧臣同様に甘寧を遇する事にした。この際、甘寧は、まず劉表と黄祖を討って荊州を押さえ、さらに巴蜀(益州)をも攻め、天下に覇を唱えるという「天下二分の計」ともいえる戦略を提言した。国内の反乱を心配する張昭はこれに反対したが、甘寧は張昭に堂々と反論し、孫権も甘寧の言葉を気に入り、杯を与えて信頼を示した。

208年(建安13年)、甘寧は黄祖攻めに従軍した。江夏で黄祖を討ち破った際、かつての恩人であった蘇飛は生け捕られてしまったが、蘇飛はこっそり人を遣わして甘寧に助命を願った。甘寧もまた蘇飛の恩を忘れず、孫権の前で頭を打ち付けて涙ながらに蘇飛の助命を嘆願したため、孫権はこれを容れている(『呉書』)。孫権は黄祖の軍を吸収すると、甘寧に兵士を与えて当口に駐屯させた。

劉表の勢力を吸収した曹操と孫権が戦った赤壁の戦いでは周瑜に随行して曹操を烏林で打ち破り、続いて南郡の曹仁攻略に参加した。甘寧はまず夷陵を奪取すべきとの計略を立て、すぐに手勢1000人程を以って陥落させたが、逆に曹仁から5000から6000の兵士を繰り出されて包囲された。甘寧は猛攻に何日も耐え、平然と談笑して屈しなかった。使者を出して周瑜に状況を知らせたところ、周瑜は呂蒙の計略を採用し、凌統だけを留守に残し、その他の諸将を率いて甘寧を救援し囲みを解いた。そして決戦の末、曹仁を撤退させることができた。

214年(建安19年)、曹操の揚州における拠点である皖城攻撃に従軍した際には、呂蒙により升城督(攻城隊長)に任命され、城壁をよじのぼって官吏兵士を先導し、あっさりと敵将の朱光を捕らえた。論功行賞の結果、呂蒙が第一、甘寧はそれに次ぐものとされ、この時に折衝将軍を拝命した。

215年(建安20年)、孫権と劉備が荊州返還を巡って緊張状態になると、魯粛に随行して長沙の益陽を守り、関羽と対峙した。関羽は軍勢3万を号し、精鋭5000人を以って夜半に上流の浅瀬を押えると喧伝した。甘寧はこのとき、300人の兵士を率いていたが、あと500人の兵士を与えてくれれば、関羽の動きを止めるか、さもなくば捕らえることができると進言した。魯粛は甘寧に1000人の選抜兵を預けた。甘寧は夜中に出陣すると、それを聞いた関羽は軍営を瀬に築いたが(関羽瀬)、結局渡河を断念した。孫権は甘寧の功績を称え、西陵太守に任じて陽新・下雉の両県を領させた。

それからまもなくして、孫権は十万の大軍を動員して合肥を攻めた。しかし軍中の疫病などもあって攻めあぐね、結局撤退した。この時孫権が、呂蒙・蒋欽・甘寧・凌統とわずかな手勢しか連れていないのを見て、合肥を守備していた曹操軍の張遼は突如急襲をかけてきた。甘寧は凌統らと共に奮戦し、弓を引い敵を退けるとともに、沈黙する音楽隊に向けて音楽を鳴らすよう鼓舞した。こうして孫権は辛うじて危機を逃れることが出来た。

216年(建安21年)に曹操が濡須へ侵攻した際には、甘寧は前部督となった。孫権は甘寧に特別に酒と米を与えた。甘寧は100人ほど集め、酒食を振舞うと、曹操の陣営に夜半奇襲をかけることを提言した。このとき、渋る部下の都督に対し「将軍である俺ですら死を覚悟しているのに、お前らがそうでないとは何事か」と号をかけ、兵士にまでも自らの酌で酒を振舞って隊を鼓舞したという。こうして結成した決死隊により夜襲をかけると敵兵は混乱し、動揺して引き下がった(『江表伝』によると、1ヶ月後に退却)。孫権は喜び、軍勢2000人を加増した。このとき、「孟徳(曹操)には張遼がいて、私には甘寧がいる。丁度釣合が取れているな」と甘寧の武勇と豪胆さを賞賛したともいう。

性格、その後

甘寧は粗暴で殺人を好んだものの、しかし爽快な人柄で優れた計略を持ち、財貨を軽んじて士人を敬い、手厚く勇者たちを育てたので、彼らの方でもまた役に立ちたいと願った。 凌統とは、かつて甘寧が父の凌操を戦死させたことから不仲であり、甘寧は凌統と会おうとはせず、孫権の方でも凌統に自重するよう求めていた。

あるとき、呂蒙の家で酒宴が催されたとき、凌統が刀を持って舞を始めると、甘寧も双戟を持って舞を始めた。呂蒙は刀と楯を持って2人の間に割り込んだ。孫権は凌統の気持ちの深さを知り、甘寧を半州に移してそこに駐屯させることにした。
他にも曹操が濡須へ侵攻した際には、甘寧が「兵士は100人だけでよい」と言った事に凌統が反言し、孫権の面前にもかかわらず言い争いを始めたと言う。またあるとき、甘寧の料理人が小さな失敗をして、呂蒙の下へ逃げ込んだ。呂蒙は甘寧の激しい性格を知っていたので、決して料理人を殺さないと誓わせ、口添えした上で料理人を帰した。ところが、甘寧はこの料理人を樹に縛りつけた上で射殺してしまった。これには呂蒙も激怒して甘寧を処罰しようとしたところ、呂蒙の母は「天下の大局は難しいところに来ています。内輪もめをしている場合ではありますまい」と諌めたので、呂蒙は気持ちを改めて和解を持ちかけた。甘寧は涙ながらにこれを受け、事なきを得たという。

夏口の守備を任されていた孫皎の指揮下におかれたが、年下の孫皎に軽く扱われたため激怒し、陸口の呂蒙の指揮下に変更してもらいたいと孫権に嘆願した。孫権は孫皎に訓戒を与えた。

演義では夷陵で蜀軍の借り出した異民族、沙摩可の弓矢で戦死している。一説によると、当時甘寧はかなり高齢だったとも言われている。

各作品における甘寧

横山三国志

甘寧一番乗り!


甘寧一番乗り!

真・三國無双シリーズ

鈴の甘寧


CV:北谷彰基(無双のみ)→三浦祥朗(無双2以降)
一人称:俺 身長:181cm 年齢:23
孫呉において、「魏の張遼に対抗しうる」と讃えられる猛将。水上戦の妙手で荒くれ者だが侠気に富んだ好漢。
史実と同じく常に鈴を掛けて戦場で赴く事から「鈴甘寧」と称され、自らもこの異名を名乗り武功を重ねていく。
元は長江を荒らし回り恐れられた水賊の長で、足を洗った後黄祖に仕官するも冷遇され敵側の孫呉に馳せ参じる。
得意の奇襲遊撃で呉の勝利に幾度も貢献するが、水賊気分の抜けなさから軍の秩序を乱す自由気儘な独断専行が多く、孫権も頭を悩ませていた。しかし「おっさん」と呼んで慕う上官にして理解者・呂蒙の薫陶の甲斐があり、次第に組織の中での役割と立場を自覚した「武将」として開眼する。
自分を父親の仇として深く憎む凌統からたびたび敵意を向けられるが、本人は詫びもしなければ悪びれもせずただ新しい仲間として接するという甘寧なりの筋の通った誠意が通じ、
次第に彼とも信頼を築いていく。

上記の通り凌統呂蒙、さらには陸遜との絡みが多い為かこの4人を総称して呉カルテットと呼ばれている。

二次創作では史実と同じく凌統と大喧嘩をして呂蒙と陸遜に怒られていることが多い。

無双OROCHIでは孫策遠呂智軍に敗れた後、どういう経緯なのか三国勢で唯一浅井長政の軍勢に入り、曹丕率いる魏軍に加わる。
2では似たような熱血ヤンキーバカ福島正則と喧嘩友達状態となり、呂蒙と加藤清正の胃と頭痛が心配になりそうな状態になる。

恋姫†無双シリーズ

超嫁大戦 ◆ 真・恋姫夢想 甘寧


真名は「思春(ししゅん)」。リンク先参照

蒼天航路

挨拶は?


你們好」→「あいさつは?

三国伝

かんねい


演者は「ケンプファー」。こちらも参照。

レッドクリフ

史実の赤壁の戦いに比べ出番が大幅に増加した結果、甘寧ではなく架空人物である甘興(演:中村獅童)へと置き換えられている。

pixivに投稿された作品 pixivで「甘寧」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2154781

コメント