ピクシブ百科事典

生駒トンネル

いこまとんねる

近畿日本鉄道のトンネルで、大阪・奈良府県境の生駒山を貫くトンネル。
目次[非表示]

近畿日本鉄道のトンネルで、大阪・奈良の府県境に当たる生駒山を貫くトンネル。時代により3本のトンネルが掘られた。

近鉄奈良線生駒トンネル(旧大阪電気軌道生駒トンネル)

近鉄の前身、大阪電気軌道(大軌)のトンネル。全長3388m。大正3年完成。当時日本で2番目に長いトンネルであった。
※当時の日本一は中央本線の笹子トンネル(4656m)
日本初の標準軌複線トンネルでもある。
建設を担当したのは現在では大手ゼネコンとして有名な大林組(東京スカイツリー建設も担当したことでも有名)であったが、完成後の大軌の経営難(乗車券の印刷代や職員の給料すら払えなく、生駒聖天宝山寺から賽銭を借りるほどひどい経営難であった)のおかげで大林組が倒産寸前に追い込まれるにもかかわらず手抜き工事なしで最高の建築素材を使い完成させた。
昭和30年代になって車両が大型化されると狭くなり、新たに新生駒トンネルを建設することになり廃線となった。その後、生駒寄りの数百mが東大阪線(けいはんな線)建設の際に再利用され拡幅された。

近鉄奈良線新生駒トンネル

全長3494m。
旧生駒トンネルが車両の大型化についていけなくなったため新たに掘削したトンネル。
昭和39年完成。現在の近鉄奈良線のトンネルで、近鉄の車両ばかりでなく、阪神なんば線を経由して乗り入れる阪神の車両も通過している。

近鉄けいはんな線生駒トンネル

全長4737m。新石切~生駒間に新たに掘削されたトンネルで、昭和61年完成。その長さから奈良線と2回交差している。前述のとおり、生駒寄りの数百mは旧生駒トンネルを再利用した。
近鉄の車両のほかに、相互乗り入れ相手の大阪市営地下鉄中央線の車両も通過している。

いずれのトンネルも大阪~奈良間を短縮するのに貢献している。

外部リンク

生駒トンネル - Wikipedia

コメント