ピクシブ百科事典

痛電車

いたでんしゃ

痛車の電車版。現実には鉄道模型で見られる程度で、実在することはほぼありえない…はず。
目次[非表示]

文字通り、アニメやゲームキャラなどの痛い絵柄をラッピングした電車のこと。

痛電車なんかねぇんです!

「痛車」とは、(主に営利目的でない車両に、広告目的ではない)個人の趣味でアニメやゲームのキャラクター等を描いたものを指す言葉であると定義される。鉄道車両の個人所有はきわめて困難であるため、この意味における「痛電車」は現在日本には存在しない。

出版社等のスポンサーが広告費を出して、アニメやゲーム等の広告目的で車体に描かせているものはあくまで「ラッピング広告車両」。たまたま絵柄が痛いからといって、上記の意味における痛電車とは厳密には違うものである。しかしながら見た目の雰囲気は痛車と類似している(むしろそのものである)ため、「痛電車っぽいラッピング車両」と表現することはできるだろう。

ただし、個人所有が困難というのは維持費や置き場所等の事情によるもので、個人所有の車両を一般鉄道路線で走らせること自体は不可能ではない(cf.私有貨車)。現にそれらの条件が鉄道車両よりはまだしも緩いバスの場合は本来の意味での痛バスが実在する。

広がる痛電車(風車両)の世界

元々は、鉄道模型架空鉄道の世界だけの話だった痛電車であったが、実際に痛電車風のド派手なラッピング車両が登場したのにはたまげたものである。ヲタや鉄な人(主に鉄だけでなくアニメ・漫画・ゲームにも興味のある人)は大喜びだが、一般人や乗務員(ヲタな乗務員を除く)にとっては乗車することが「羞恥プレイになる場合がある。
とは言え、有名な作品が多いため、あんまり痛くない…はず…。
なお、ドラえもんアンパンマンポケットモンスターなど広く一般に知れ渡っている(どっちかというと子供が純粋に喜びそうな)アニメ・漫画作品のラッピング車両は「普通のラッピング車両」と同じ類のものと認識されることが多く、「痛電車」とはあまり言われない。

ただしアニメやゲームでなくてもイラストを車両に描くことはあるわけで。水戸岡さんデザインのやつとか。
イラスト次第ではあるが、(「フジサン特急」:富士急行)などある意味痛電車としかいいようがないんじゃなかろうか。

そして、ここで問題になるのが。
鉄道むすめの登場人物を当該キャラの勤務先の路線でラッピングした場合」どうなるかである。
鉄道むすめそのものはトミーテックによるキャラクターであるが、各社においては「自社社員でもある」彼女達を広告等で活用する場面が増えてきており、電車全体へのラッピングが敢行される可能性もゼロではない。
「個人の趣味で」ではないにしろ、よそからの広告ではなく自社のPRに使われた場合、これは半ばぐらいは本来の意味での痛電車になるかもしれない。

…と思ってたら。
函館市交通局(現函館市企業局)さんなにしてはるんですかぁぁ!!
松風かれんラッピング電車を2010年2013年に実際に運行。ちなみに上記リンク先をみる限り、自社企画である。
さらに富山ライトレールでも鉄道むすめのラッピング電車を2013年の夏に2編成運行。なお、2編成運行する事は富山ライトレール側からの提案だとのこと。

痛電車風ラッピング車両の実例

※順次追記いただきたい。なお、ここでは痛気動車も含まれる。



EVA TYPEの500系新幹線はラッピングではなく塗装である。

正面画 JR西日本500系こだま 500 TYPE EVA



関連タグ

痛車 痛戦闘機 痛戦車 痛単車 電車 気動車 痛電

pixivに投稿された作品 pixivで「痛電車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3188

コメント