ピクシブ百科事典

白金稜

しろがねりょう

白金稜とは、東京ミュウミュウの登場人物である。声 遠近孝一(幼少期:皆川純子)
目次[非表示]

概要

ミュウミュウを束ねるリーダー。μプロジェクトを始めた張本人。当時UMA研究をしていた父の下で、小さい頃から生物科学を学んできたIQ180以上持つ天才。ただし、序盤でのいちごの問いに「ただの金持ち高校生」と答えている。
第1部ではいちごと良い感じになった。至る所でいちごを助け、また猫のアルトになっていちごの猫化のピンチを救ったことも少なくない。アルトになったのは、自らをイリオモテヤマネコのDNAの実験体にして失敗したため。長い間(原作では10分以上)猫のままでいると、元に戻れなくなるらしい。
アニメでは、5年前に考古学者である父親がアメリカのとある遺跡を発掘してから、密かに未確認生物のテクノロジーを解明するために研究をしていた。ところが、何者かの手によって両親は炎を操るキメラアニマに自宅ごと焼かれ焼死した。(原作では、研究中にキメラアニマらしきものに襲われ、父親が自宅兼研究室で火災に遭い、庭にいた母親も稜を赤坂に託して燃える家の中へ入っていった。)以後は父親の研究を引き継ぎ、父のミュウプロジェクトを完成させる事を固く誓い、赤坂と日本に渡り、ミュウプロジェクトを完成させた。その後も赤坂と共にいちご達をサポートし、また、いちごに新たな力として、ミュウベリーロッドやミュウアクアロッドを授ける。
第2部では最初のみベリーと近付いたが、それからは全く音沙汰なし。それどころか、まだいちごに未練があるようにも思える。また、ロイヤルハイネスに襲われたベリーに状況を説明するため、ベリーの中学の理事長室で、赤坂と2人で待っていた事もある。

アルト

原作中期(アニメ版は第28話)から登場。白金稜が猫に変身した姿。持ち前の爪でボス系の野良猫を粉砕する。毛並みは灰色系で瞳は水色系のブルー。黄緑のスカーフを付けている。変身能力としていちごと違い自分の意思で変身ができるが、10分以上猫のままでいると元に戻れなくなるらしい。アニメでは子猫(イチゴ)がファーストキスの相手で、さらに人間姿のいちごにキスをし彼女から2回連続で唇を奪った。本作のマスコットキャラクターの一人。しっぽがかぎ状に曲がっている。

関連タグ

東京ミュウミュウ 碧川れたす

pixivに投稿された作品 pixivで「白金稜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14204

コメント