ピクシブ百科事典

目次[非表示]

目堂郷縷子とは、東方杏旻座における登場人物である。

概要






 目堂郷縷子
(Medougou Ruko)
種族  :怨霊
能力  :眼差しで相手を沈黙させる程度の能力
     (生前:眼差しで相手を石にする程度の能力)
二つ名 :忌まわしき盾の瞳
所在  :庵閔座
職業  :屋敷の警護
テーマ曲:沈黙の眼差し ~Gorgon gaze

杏旻座にて、三面ボスを担当する。

蛇を思わせる様な独自の形状の枝毛と、見る者を萎縮させる黄色の瞳を持つ。因みにイラストでは色のイメージを伝えるべく片目を開いているが、通常はどちらの目も閉じている。翼に見える部分は帯の端の部分。

怨霊の割には明るい性格であるが、とある人物(後述参照)を酷く憎んでいる。

スペルカード


石符「血赤珊瑚」(E/N)
赤石「ブラッドコーラル」(H/L)
英雄「ソンオブダナエー」(E/N)
馘首「我が首を斬りしハルペー」(H/L)
怪符「青銅の手を持つ醜き姉」(E/N)
怪妹「そして我は怪物となる」(H/L)
兜符「冥王隠遁」(Ex)
翼靴「ヘルメスドライブ」(Ex)
盾符「女神の授けしの青銅の盾」(Ex)
怪星「首の星アルゴル」(Co)
「黄金剣を持つ者翼を持つ馬」(Last Word)

尚、三面での彼女のスペルカード発動中は、BGMこそ聞こえるものの、自機側の発射音が聞こえなくなる。これは彼女の能力が全く関係無くなったスペカを少しでもカバーする為の演出(だと良いなと言う妄想)。Exでは彼女の関心はみねるに向かっているため、この演出は適応されず、通常通りSEが聞こえる。(何かバグみたいな演出だなぁ)

能力

その目で見た者を恐怖で萎縮させ、沈黙させる程度の能力。生前は相手を石にする事も出来たが、死に際に流れた血から自分の子供である存在が生まれた所為か能力が若干衰えた様子。

因みに、相手を沈黙させるには相手に恐怖心を抱かせる事が大前提であるので、自分以上の実力者や自分に対して恐怖心を抱かない人物には効果を発揮出来ない。館の者たちと恙無く暮らせるのはこの為である。

バックボーンの様なもの

生前の彼女

元々は、古の時代に行きた美しい少女であったが、とある神(阿天みねる)を侮辱した事でその神に怪物にされ、蛇の髪と視線に射すくめられた者を石に変える力を持つ、それは恐ろしい化け物にされてしまう。更には、とある青年に首をはねられて殺されてしまうのだが、その青年に助言を与えた神の内の一人がみねる本人であった。

死後、上記の経緯によるみねるに対する恨みから怨霊となり、やがて幻想郷に至った。

因みに、彼女はとある古代神話では「メドゥーサ」と呼ばれている。

現在の彼女

現在は流星一角斎静琶と共に、今回の異変の中核を成す建物・庵閔座の警護を務めている。

どういう経緯でアハト一派と関係を持ったかは定かではないが、自分の能力の効かなかったアハトに気に入られた為に警護に雇われた模様。今回、異変を解決に屋敷に乗り込もうとする者がいると言う情報を聞きつけ、幻想郷上空にて対峙するが…?

また、Exでは阿天みねるの所在を聞きつけ復讐を試みようとしている。

備考

因みに彼女は流星一角斎静琶の遠い先祖である。

静琶は元々妖怪化する前は天馬(俗にいうペガサス)だったのだが、その祖たるペガサスは、彼女の死の直後、首から流れた血から生まれており、いうなれば彼女の子供の様な者であるからである。

それを知っているのか知らないのかは定かではないが、仲は悪くない様子。

関連タグ

東方オリジナル 東方杏旻座 流星一角斎静琶 阿天みねる

pixivに投稿された作品 pixivで「目堂郷縷子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 680

コメント