ピクシブ百科事典

直江景綱

なおえかげつな

戦国~安土桃山時代の越後国守護代・長尾家及び上杉家に仕えた武将で、越後・与板城主。主に内政家で知られる。仮名は神五郎。また受領名から「直江大和守」とも呼ばれている。
目次[非表示]

概要

生年……1509年(永正6年)?
没年……1577年3月24日(天正5年3月5日)。

直江親綱の子として生まれる。生年は1509年(永正6年)と言われるがはっきりとしていない。

長尾為景・晴景・景虎の三代に渡って仕えた宿将で、上杉四天王の一人。上杉二十五将にも挙げられている。内政のみならず武勇にも優れ、「七手組大将」の一人として戦の指揮も行った。当初は「実綱」と名乗っていた。
直江一族は元々越後上杉家(後年謙信が名乗るのとは別の家)の家臣飯沼家に仕えていたが、同家が為景に滅ぼされるとそれに従う様になり、それと同時に、為景から飯沼氏の居城である与板城の城主を任される事となった。

為景の死後は晴景に仕えたが、晴景と景虎が対立するようになると中条藤資本庄実乃と共に景虎を支持。彼の越後統一に尽力する事となる。しかし、家臣団内部の領土争いに嫌気がさした景虎が、ある日突然出家を宣言して高野山に家出してしまう。長尾政景らが慌てて説得に向かう一方で、景綱はこの間に武田信玄と通じて謀反を起こした奉行大熊朝秀を追放し、景虎を迎え入れる体裁を整えている。

なんとか説得が成功して景虎が帰還すると、奉行として政務や外交に辣腕を振るう。景虎が二度目の上洛をした時は神余親綱と共に朝廷及び幕府との折衝を行い、前関白近衛前久が越後に来訪した時はその饗応役を務めるなど教養も高かったと思われる。北条氏康と戦った関東出兵の際は本拠春日山城の留守居役を任されており、謙信からの信頼も厚かったとされる。1561年(永禄4年)の第四次川中島の戦いでは小荷駄隊を率いて参戦。輸送部隊ながら武田義信を敗走させ、上杉軍が退却する際には殿を務めるなど奮戦した。その後は北条家との同盟に奔走。1562年(永禄5年)に大和守に任官して「政綱」と改名するが、その2年後の1564年(永禄7年)に、これらの功績から謙信の旧名『景虎』から一字拝領して『景綱』と名乗ることを許された。その後は能登遠征に従軍するなどして活躍したが、1577年(天正5年)に病没。享年は69歳といわれている。墓所は新潟県長岡市与板町の徳昌寺。

『上杉家軍役帳』によれば305人の軍役を課せられていたとあり、家中でもとりわけ重きを成していたことがわかっている。景綱には男子がいなかったため、婿養子の直江信綱(総社長尾家出身。父親は長尾顕方・長尾景秀の2説がある)が後を継いでいる。しかし信綱が論功のトラブルで毛利秀広に殺されてしまうと、上杉景勝の命でその未亡人(お船の方)と結婚した樋口兼続が当主となった。

戦国大戦


(左が直江景綱。右は甘粕景持
声優:岡野浩介

敵には義を知らしめ、越後には繁栄を……。それが我が使命よ

戦国大戦では慎重かつ思慮深い面持ちの、初老の紳士といった印象のイラストで描かれており、着物の右袂に「泰」の文字がある。但し、意外にも声は若々しい。

群雄伝では主君・上杉謙信の動向に心配するという一面が時折出ており、やや気が小さい感じの印象がある人物だが、第四次川中島の戦いでは史実通り甘粕景持と共に殿軍を任されて武田軍の大軍勢に奮戦する場面があり、上杉家の重臣としての出番が多く見られる。

カードレアリティは2番目に高いレアカードで兵種は鉄砲隊、コスト2の武力7、統率9、そして特技は防柵持ちと、破格ともいえる優秀なスペックを誇る。

所持計略は「後方陣」で、自身の前方に武力+4の陣を展開する。必要士気は4で、他の強化陣形や采配と比べると費用対効果は高く効果時間も結構長いのが利点。故に開幕からかなり早い段階で打って戦況を有利に進める事が可能。

しかし、主力枠の2コストである自身が陣の恩恵を受けられない事、また自身が鉄砲隊である為、援護射撃を行うにしても撃ち切ると当分は何も援護が出来ない事、自身前方に陣形が展開される為、自城の防衛戦の時には使い辛いという事が欠点。

加えて「後方陣」はもう一人、同じく上杉家の重臣である小国頼久が所持しており、此方はコストが軽く、また兵種が弓足軽である為に自身が強化されなくとも弓矢による後方の援護射撃が可能。それだけに直江は長らく小国の後塵を拝する事となっている。

只、「後方陣」を差し置いて、自身の高いスペックを活かすべく、通常の戦闘に加わる事が出来るのはありがたい所である。

「15XX 五畿七道の雄」へとバージョンアップするに当たり、計略が「後方陣」から「采配」(※)へと変更。これにより「後方陣」は小国の固有計略となり、またその小国(のみならず、他に強化陣形や采配を持つ武将)と組み合わせてバックアップに務めたり、また重ねがけによる強力なコンボを展開する事が可能となった。

(※)消費士気5で範囲内にいる味方の武力を+4にするもので、「戦国大名」カードの武田信玄も所持している。特別な効果は無いがその分癖も無い為、如何なるデッキにも手軽な全体強化要員として組み込む事が可能なのが特徴。

余談

テレビアニメにもなった恋愛ゲームソフト「真剣で私に恋しなさい!」の主人公である「直江大和」の名前のモデルはこの直江景綱だといわれている(景綱の別名の一つとして『直江大和守』がある)。

関連項目

上杉謙信 甘粕景持 直江兼続 戦国時代 戦国大戦

pixivに投稿された作品 pixivで「直江景綱」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26820

コメント