ピクシブ百科事典

相模線

さがみせん

JR東日本相模線に関するイラストに付けられるタグ。
目次[非表示]

相模線(さがみせん)とは、東日本旅客鉄道(JR東日本)管内の茅ケ崎駅から橋本駅までの路線の名称。また、その区間を走る運行系統の名称である。通称ガミ線。

概要

東京近郊区間内の路線で、全線単線である。神奈川県南部の茅ケ崎市にある茅ケ崎駅から、相模川の東側を沿うように北上し、「海老名市にある」厚木駅を通って、2010年政令指定都市に移行した相模原市の橋本駅までを結ぶ。基本的に全列車茅ケ崎〜橋本の全区間通し運転だが、朝や夕方・夜のラッシュ時には横浜線直通八王子行の電車や、茅ケ崎〜海老名間の区間運行列車も存在する。利用客のほとんどはラッシュ時に集中し、昼間の車内はほとんどスカスカ、混んでいてもちょっと座席が空いているくらいである。発車メロディは上溝駅と茅ケ崎駅を除く全ての駅で相模線オリジナルのものが採用されている。

使用されている列車

全列車205系500番台である。電化前はキハ35系気動車が走っていた。電化される前の計画段階では、電化後は山手線から103系がやってくる予定だったが、当時(1991年)はバブル真っただ中であったためか、当時最新の205系、それも相模線だけの特別仕様車が導入された。乗降客がボタンを押して乗降扉を開閉する謎仕様。一応首都圏なのに……

歴史

相模鉄道相鉄)が1920年に敷設したところから始まる。当時は相模川で採集した砂利を輸送するなど、貨物輸送が中心であった。その後、関東大震災などに襲われながらも、1931年に現在とほぼ同じ形が完成。
そして太平洋戦争(大東亜戦争・第二次世界大戦)に突入すると、急激に軍事需要が高まる。相鉄が苦労の中敷設した路線も1944年6月1日に戦時買収により国鉄相模線となった(現在の相鉄本線は「神中鉄道」という別会社が建設した後に同社が合併により継承した路線である)。
1958年にディーゼル化され、それから8年後の1966年に蒸気機関車が廃止された。1984年4月1日には途中の寒川駅から西寒川駅までの支線が廃止されている。そして民営化直前の1987年3月21日、海老名駅が開業した。1991年に全線電化され、現在も現役車両の205系500番台が導入された(なおこれにより神奈川県は「域内全路線において気動車による旅客列車が全く運行されない都道府県(当時)」となった。現在は東京都奈良県と2003年に沖縄都市モノレールが開業した沖縄県も該当する)。
2016年3月に「駅遠隔操作システム」を導入し、無人駅が増えた。

元々は貨物中心の路線だったが、太平洋戦争終了後の宅地開発、全線電化によるスピードアップ、横浜線への乗り入れの開始、京王相模原線が橋本駅に乗り入れるなどで、今では通勤通学の足として利用されるようになった。

相模線は何故国有化されたか

この理由は定かではないが、当時の戦時体制のもと、東京が攻撃されたときに備えての迂回ルートを確保するためと考えられている。

駅一覧

駅名乗り換え路線線路備考
茅ケ崎東海道線
北茅ケ崎
香川
寒川1984年3月までは「西寒川支線」が分岐していた。
宮山2016年2月21日に無人化
倉見2016年2月21日に無人化
門沢橋 真上の道路は神奈川県内の幹線である横浜伊勢原線を通る。2016年3月13日に無人化
社家2016年3月13日に無人化
厚木小田急小田原線有人駅だが小田急電鉄に管理委託
海老名
  1. 小田急小田原線
  2. 相鉄本線
小田急と相鉄の乗り換えは離れている。
入谷2016年2月21日に宮山駅と倉見駅が無人化される前までは、相模線唯一の完全無人駅だった。米軍座間キャンプ場の最寄り駅。
相武台下2016年3月13日に無人化
下溝2016年3月13日に無人化
原当麻
番田2016年3月13日に無人化
上溝
南橋本
橋本
  1. 横浜線(JR東日本)
  2. 京王相模原線
一部横浜線の八王子方面の直通アリ。
相原
八王子みなみ野
片倉
八王子
  1. 中央線
  2. 八高線
  3. 京王線(京王八王子駅)


関連イラスト

Gaming Century [ガミセン]



関連タグ

キハ35系 205系 JR東日本 横浜線
首都圏色:気動車の塗色。発祥地。

外部リンク

相模線 - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「相模線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14972

コメント