ピクシブ百科事典

真・女神転生デビルチルドレン

しんめがみてんせいでびるちるどれん

女神転生シリーズの一つ。略称は「デビチル」で、タグとしてはそちらの方が浸透している。
目次[非表示]

概要

マルチメディア インテリジェンス トランスファーが制作、アトラスから販売されたGBソフト及び、そのアニメ版と漫画版。

年齢・小学生層をターゲットにしている女神転生シリーズ。
悪魔との交渉は分かりやすく、悪魔デザインはかわいらしくアレンジされている。
既存の女神転生シリーズと比べ、所謂萌え悪魔も多数登場する。

2000年11月17日にゲームボーイカラー対応ソフトとして発売された「黒の書」・「赤の書」以降「白の書」、「光の書」・「闇の書」、「炎の書」・「氷の書」がリリースされている。

また、「黒の書」・「赤の書」を原作とするテレビアニメ『真・女神転生デビチル』が、2000年10月から2001年9月の間CBC・TBS系列で放送され、「光の書」・「闇の書」を原作とする『真・女神転生Dチルドレン ライト&ダーク』が、2002年10月から2003年9月の間テレビ東京系列で放送された。

コミックボンボン』とのタイアップ、及び藤異秀明による漫画化もされた。全5巻。
こちらは非常に暴力描写や死亡描写が多く、「児童誌のベルセルク」とまで呼ばれている。
2013年にはKCデラックスより新装版も刊行されている。こちらは全3巻。

また、トレーディングカードゲームも発売されている。

でびちる



ゲームシステム

仲魔にした悪魔は「デビライザー」(デビルライザーガン)と呼ばれる銃に封印し、これにより持ち運ぶことができる。
ソフトのバージョンごとに、最初に使える悪魔が異なる。
最初に使える悪魔は、主人公の「パートナー」として扱われる。
パートナーはストーリーが進行することで進化するほか、パートナーごとにフィールド画面で使用できる能力が設定されている。

書ごとに選べる主人公が違ったり、性能の違うパートナーを与えられるなど『ポケットモンスター』を意識した構成が見られる。
ストーリーも、一部リンクするものの違うストーリーを追うかたちになっている。
特に初期に発売した「黒の書」・「赤の書」は、合体システムが違うといった試みが見られている。しかし基本的なシステムは、女神転生シリーズそのままである。

ゲームシリーズ

真・女神転生 デビルチルドレン 黒の書・赤の書

次々デビルを乗り換えてスピード攻略がしやすい「黒の書」と、じっくりデビルを育成する事が可能な「赤の書」が同時発売され、「ソウルハッカーズ」の要素をも盛り込んだ意欲的な作りは、子供向けとは言えゲームシリーズファンをも納得させる作りとなっていた。

TVアニメ化、マンガ化、トレーディングカードゲーム化、とメディアミックス展開も行われ、それぞれ一定の人気を博した。
(これらは登場人物や物語等の基本設定こそ共通しているものの、ゲーム、アニメ、マンガそれぞれに接点は無く、独立した別作品となっている。)

真・女神転生 デビルチルドレン 白の書

真・女神転生 デビルチルドレン 光の書・闇の書

キャラクター・世界観を一新し、作品名も一部改変され「真・女神転生Dチルドレンライトアンドダーク」シリーズ(通称Dチル・海外での販売を考慮し“デビル”と書かなかった)がGBAで発売される。
GBAシリーズ一作目となる「光の書・闇の書」が発売され、前作同様アニメ&カード&漫画連載のメディアミックス展開が成されたが、前作程の人気を獲得する事はできなかった。

真・女神転生 デビルチルドレン パズルdeコール!

真・女神転生 デビルチルドレン 炎の書・氷の書

真・女神転生 デビルチルドレン メシアライザー

「炎の書・氷の書」は攻略本のデビル出現場所データが丸々半分誤植で埋められていたという、ぞんざいな扱いだったという。

この四作品ではGB版の合成システムがより高度に進化しているものの、どのメディア媒体でもその全容が紹介されていないという事もあり、女神転生シリーズファンの間でも、ゲーム内容に関しては充分に周知されているとは言い難い不遇の作品である。

登場キャラクター

GB世代

甲斐刹那
要未来 
クール 
ベール 
高城ゼット/ゼブル 
エレジー
葛羽 将来
王城 嵩治
クレイ 
レイ
ハーミル 
パク

GBA世代

ジン
アキラ 
ランド 
ゲイル
レナ
アミ

関連タグ

女神転生 メガテン アトラス メガテン100users入り コミックボンボン

pixivに投稿された作品 pixivで「真・女神転生デビルチルドレン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 190221

コメント