ピクシブ百科事典

真木清人

まききよと

真木清人とは、特撮ヒーロー番組『仮面ライダーOOO』の登場人物。
目次[非表示]

演:神尾佑

概要

真木的ファクター


鴻上生体研究所の所長を務める天才研究員、年齢35歳→36歳。
オーメダルを用いるツールはほとんどが彼の手によるものである。仮面ライダーシリーズでは珍しい科学者のレギュラーキャラクター。
黒ずくめの服装で、無表情かつ無感情な長身(怪人態のカザリよりも背が高い。設定上カザリは身長212cm)の男性。
劇中での呼び名は主に「博士」及び「ドクター」、メズールからは「ドクターの坊や」。
不気味な人形キヨちゃんを常に左肩に置いている。この人形に話しかける形を取らないとまともに他者と会話ができない。そのためか、人形に危害が及ぶと激しく取り乱す。
また、研究室には「来たるべき終末」を表した絵画が飾られており、キヨちゃん同様大切にされている。

人物

誕生に価値があるとする鴻上光生とは正反対に、物事の終わりに価値観を見出している。
自分の研究以外には興味がなく、その過程でどれだけ犠牲が出ようと気にせず、人質を使う卑劣な作戦も厭わない。
それゆえ、火野映司が怒りを露わにした数少ない人物であり、後藤慎太郎が当初バースの変身資格を蹴った要因にもなった。
また「世界の終焉」という目的のためなら、敵であるはずのグリードとも手を組み、カザリとは利害一致で結託していたが、後に鴻上にバレてしまう。

伊達明仮面ライダーバースの変身者に選んで同居するが、彼の大雑把かつマイペースな性格が災いして、キヨちゃんをおでんの中に落とされたり、「来たるべき終末」の絵画を「物騒だから」と言われて外されそうになったりと、ストレスの要因になっていた。
この時は普段無表情な彼もかなり恐怖していた。
だが、無遠慮ながらも裏表がなく、誰もが敬遠する自分に対しても普通に接してくれる彼に対しては、ある程度の親近感は感じていたようだ。

伊達を自らの一味に引き入れる際に1億を払う契約をしたことから、金銭面に関してはかなり裕福であるらしい。反面、研究以外に無関心であるためか、自家用車は一昔の車種、かつ壊れかけというボロボロのものである。
また、今まで姉以外に人との関わりを持たなかったためか女性耐性は薄く、話す分には問題ないもののメズール人間体に頬を軽く撫でられただけでアヘ顔状態になっている。

ネットムービーでのイメージアニマルはトリケラトプス

終末に向けての行動

伊達が持っていたクスクシエのチラシで、自分を親代わりとなって育ててくれた亡きと瓜二つの白石知世子の存在を知る。
そしてカザリの手によって自らの欲望からシャチパンダヤミーを生み出され戦闘後負傷し、知世子と出会ったことがきっかけで本来の目的を自覚することになり財団を離脱。
自らの邸宅を拠点に、アンク(ロスト)を一味に引き入れたカザリと行動するようになる。後にガメルとメズールも加わる(終末家族)。
そのときに退職金代わりに持ち出した紫のコアメダル5枚を取り込み、恐竜系ヤミーを作ることができるようになった。さらに登場時紫の布が出現する(37話)、腕、影(42話)、後ろ姿など、徐々に身体がグリード化、そして43話で完全に恐竜系グリードギルとなった。
欲望の源泉である人間がグリード化した存在であるため最初から完全体であり、猫系コア8枚(罅割れ1枚除く)+他のコア数枚のカザリを圧倒し、ひびが入ったライオンコアメダル1枚を遺して彼の所持するコアメダルを全て奪い、消滅に追いやった。

最終決戦時には、今までに手に入れたほぼ全てのコアをウヴァに強制的に投入する事でメダルの器暴走形態を生み出し、世界の終末を引き起こす。
それを止めようとしたオーズを一度は退けるが、再戦時にはタジャドルコンボとアンクの連携攻撃に圧倒され、タジャドルコンボの必殺技ロストブレイズの直撃で大ダメージを食らい、直後に発生したブラックホールにバラバラになりながら飲み込まれて消滅した。

彼の過去

幼少時、両親を失った真木は年が離れた姉・仁美によって育てられた。
姉は母代わりとなって真木に愛情を注いだが、時は経ち、結婚を間近に控えるようになってから仁美は豹変。
弟を疎ましく思った姉から、真木は疎外されるようになってしまう。このとき(30話)の仁美の顔は演出による効果もあってか、それ以前の真木の回想で登場した優しい時代からは考えつかないような禍々しい顔つきになっている。

姉の変化に傷ついた真木は、仁美の眠る部屋に火を放ち殺害。
(これが原因で、その部屋は真木の目には常に燃えているように映る)
そして、「醜く変わる前に、美しく優しいうちに完成させる」という歪んだ使命感に取り付かれることになった。

当初、真木は姉の「優しい時代の姉」の記憶の方ばかり回想していたが、知世子と対面した結果、「忌まわしい姉」の記憶を思い出すことになった。
実際「物事は終わりを迎えて初めて完成する」という彼のポリシーは元々仁美が彼に幼い頃から言い聞かせ続けてきた思想であり、仁美本人も性格的に歪んだ面があったようである。

心を開いていた相手は生涯姉のみであったが、姉以外で自分に深く接した伊達明にも情を持ち合わせ、本気で仲間に引き込もうとしていた。
白石知世子にも何かしら思うところがあったようで、最終決戦の直前にキヨちゃんを託している。

なお、キヨちゃんは元々、仁美から「自分の代わりと思え」と、殺害の直前に押し付けられたものである。髪もちゃんとあったのだが、部屋に放火した際に燃えてしまった。

名台詞

姉が死亡した事件現場で過去を思い出した後
「世界は早く終わらせなければならない。美しく、優しい内に…。いずれ、その人を醜く変える前に…。善き終わりを…。」

肩身の人形を弄られるとき
「ん"んやあぁぁめろぅッ!!」

肩身の人形が酷い目にあったとき
「あ"あ"ああアアァァァ…」
「駄目だからー!!投げちゃ駄目だからー!!」

最終決戦に敗北して、ブラックホールに飲み込まれて消滅する直前の最期のことば
「私が……完成してしまう!!」

その他の作品での登場

オール仮面ライダー ライダージェネレーション2では、世界を支配しようとするゴウラの手によってオリジナルの真木博士の記憶を持ったコピー怪人として恐竜グリードが登場、各ライダー達と戦う事になる。


余談

演じた神尾佑氏は、以降も特撮作品に数多く出演しており、『仮面ライダーフォーゼ』で城島ユウキの父親役でゲスト出演しているほか、『ウルトラマンX』では防衛チームの隊長役として真木とは正反対の非常にカッコいい姿を見せている。



関連タグ

仮面ライダーOOO ライドベンダー カンドロイド 仮面ライダーバース
鴻上ファウンデーション 鴻上光生 伊達明
グリード(仮面ライダーOOO) ギル(グリード) カザリ アンク(ロスト) メズール ガメル 終末家族
白石知世子 キヨちゃん
シャチパンダヤミー プテラノドンヤミー ユニコーンヤミー アンキロサウルスヤミー
哀しき悪役 ラスボス
戦極凌馬⇒科学者のメインキャラクター、変身ベルトを作成、マッドサイエンティスト等々の共通点がある。

pixivに投稿された作品 pixivで「真木清人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 280159

コメント