ピクシブ百科事典

真田信繁

さなだのぶしげ

真田幸村の元となった歴史上の人物であり、過大評価の代名詞である。真田昌幸の次男。
目次[非表示]

概要

  • 生誕:永禄10年(1567年)

※一説では永禄13年2月2日(1570年3月8日)とも言われている。

  • 死没:慶長20年5月7日(1615年6月3日)
※一説では寛永18年(1641年)とも言われている。

一般的には「真田幸村」の名前で知られるが、存命当時の資料でこの名前は見当たらず、後世つけられたものとされる。

この項目では史実における「真田信繁」について扱うものとし、講談等、各種創作作品で有名になった「真田幸村」については当該項目参照。

この項目では「講談で描かれた事象のうち、史実のように知られる事象」と「実際の史実における事象」との違いを比較する場合のみ幸村を扱うものとする。

真田幸村RT-1


人物

真田昌幸の次男として、1567年に生まれる、兄は信之真田家は当時武田信玄の配下であったが、1582年に武田家が滅亡して以降、人質として上杉家や豊臣家に出されたりしたが、いずれの家でも扱いは高かった。この間、大谷吉継の娘を妻としており、これが関ヶ原の戦いでの伏線ともなっている(兄・信之の妻は本多忠勝の娘小松姫

1600年の関ヶ原の戦いでは、父・昌幸と共に、西軍につき徳川秀忠の軍を上田城にて釘付けにして、関ヶ原に間に合わせなかったという功績を建てるが、肝心の西軍が徳川家康に敗れたため、処刑されそうになった。しかし東軍についた兄・信之の助命嘆願もあり、高野山の九度山に配流となる。

1613年、父・昌幸が配流先の九度山で死去。これを前後して、大坂方と徳川方の緊張が高まり、一触即発の雰囲気となる。そんな中、大坂方からの誘いを受けて大坂城へ入城することになる。(→大坂の陣

後世の創作作品の影響から、戦功が過剰にいわれる事が多いが、大坂の陣以前の真田氏による戦い(上田城での2度に渡る徳川軍の撃退など)の殆どは父・昌幸の主導によるもので、信繁が活躍したとする文献はほとんど存在しない。よって当時は「真田」と言えば昌幸もしくは信之を指すのが常識。創作で、幸村入城の知らせを聞いた家康が「親の方か、子の方か」と問いただし、子(幸村)の方だと聞き安堵したというのはこれが元になっている。

死後

信繁の子のうち次男・守信(大八)が伊達政宗の家臣片倉重長に保護され家臣となる。その存在は幕りされてきたが、後に真田姓を公式に名乗ることを許され、真田信繁の血統を現在まで守っている(なお信之の直系の血筋は江戸時代中期に途絶えているがこちらも現在まで家名は続いている)。他に三男・三好幸信(母親は豊臣秀次の娘(大河ドラマ『真田丸』における「たか」)で、出生は信繁の死の2ヶ月後)は出羽亀田藩主岩城宣隆の元で仕えるなど、いずれも賊軍の将の子としては破格の待遇を各所で受けることになる。

評価

「真田幸村」としての知名度もあって、過大評価の筆頭とされている。
また、毛利勝永の功績を横取りしたことにも当時から批判の声が多く上がっている。
ようするに講談のおかげで評価されているだけの人物ということである。

別名・表記ゆれ

真田幸村(講談・その他創作作品における概要はコチラを参照)
左衛門佐(さえもんのすけ / 記事は他の同名人物の説明)…官位
弁丸…幼名

関連タグ

日本史 戦国時代 真田家 真田兄弟

関連人物

血縁者・親戚

真田昌幸(父) 山手殿(母) 村松殿(姉) 真田信之(兄)
竹林院(妻) 真田大助(子) 真田阿梅(娘)

真田幸隆(祖父) 恭雲院(祖母)
真田信綱(伯父) 真田昌輝(伯父) 真田信尹(叔父)
矢沢頼綱(大叔父) 矢沢頼康(従兄弟違)

大谷吉継(岳父)
小山田茂誠(姉婿/義兄) 小山田之知(甥)
稲姫/小松姫(兄嫁/義姉) 真田信吉(甥) 真田信政(甥)

大坂牢人五人衆

長宗我部盛親 後藤又兵衛 毛利勝永 明石全登

pixivに投稿された作品 pixivで「真田信繁」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 220379

コメント