ピクシブ百科事典

瞬獄殺

しゅんごくさつ

瞬獄殺とは、『ストリートファイター』シリーズに登場する『豪鬼』のスーパーコンボ(超必殺技)である。コマンドは弱P弱P→弱K強P。
目次[非表示]

概要

初出は『スーパーストリートファイターIIX』。
最終ステージに待ち構えるベガ豪鬼はこの技で一瞬にして倒しつつ乱入するという衝撃的なデビューを果たしている。
ただし、『IIX』はCPU豪鬼登場時の演出のみで、スーパーコンボとして使用可能になったのは『ストリートファイターZERO』から。
豪鬼の技の中でも最上級に位置するためか、使用条件が他のスーパーコンボよりも厳しい。
(例えばZEROシリーズではゲージを3本消費し、『カプコンvsSNK』のSNK側グルーヴではMAX状態の時間内に使う必要がある)

技としての瞬獄殺

  1. 阿修羅閃空で近づき対戦相手に接近して捕まえる
  2. 画面が暗転して一瞬で無数の打撃を叩き込む
  3. 暗転が明けた後相手は豪鬼の足元に倒れ伏している

この技でKOすると画面背景に「天」という文字が大きく表示される特殊演出が起こる。
つかみ技なので基本的にガード不能なのだが、『ストリートファイターZERO3』のだけは対戦前のイントロ限定でガードしている。

その高いダメージや特徴的な動作、画面暗転に個性的なコマンドなどから類似した特徴を持つ技を「瞬獄殺」と呼ぶことも多い。

他にも、大神のミカン婆が桜餅を瞬獄殺チックな演出で一瞬のうちに作り上げ、その際には「餅」の字が出てくる。

RYU-FINALにおける瞬獄殺

中平正彦氏の漫画『RYU-FINAL』では「無数の拳の連打を繰り出し、それらが相手にインパクトした瞬間に相手の体内で波動拳を放ち、炸裂させる」という描かれ方をされている。

殺意の波動に殺された事に気付かずに闘い続けようとする幾万の魂を相手にするために生まれた技が瞬獄殺であり、
魂を相手にするごとに瞬獄殺は磨かれ、磨かれた瞬獄殺はまた新たな魂を呼ぶ。非常に罪深い拳である。

一瞬千撃

平正彦氏の漫画『RYU-FINAL』で
「一瞬千撃 抜山蓋世 鬼哭啾啾 故豪鬼成 」という瞬極殺を放った時に言っている。一瞬にして千の攻撃を放ち、山を引っこ抜き世を覆し、死んだ魂も泣き叫ぶ、故に豪鬼成りと意味である。

弱P弱P→弱K強P

ヴァンパイアシリーズのモリガンの「ダークネスイリュージョン」と同じコマンドだったため、この技の名前が浸透してなかった当時は、「豪鬼ネスイリュージョン」などと呼ばれていた。

主な使用者とフィニッシュ時の文字

豪鬼・真豪鬼:天
神人豪鬼:神人 (本来の字は上に神・下に人の合成文字)
狂オシキ鬼:神鬼 (本来の字は鬼の上の部分「申」に示偏を組み合わせた合成文字)
殺意の波動に目覚めたリュウ:滅
日焼けしたさくら(春獄殺):春
ダン(殉哭殺):父
ローグ(豪鬼にパワードレインでコピー後使用可能):X(実際には他のハイパーコンボでも出る奴)

他作品での派生・パロディ技

ゴッド・ルガール(ラストジャッジメント):天
ユリ・サカザキ(ユリちょう燕舞):文字は出ないが、フィニッシュ時に低確率で豪鬼のように後ろを向く。
イギー(サンドストーム):犬(ただしジョジョの奇妙な冒険での仕様である、超必KO時の相手のやられカットインが優先され、見えない)
Squigly(名称不明):(日本の格闘ゲーマーの『あったまる』というスラングを海外では『Salty(しょっぱい)』と言うことから来ているらしい)

動画



関連イラスト

【企画】萃香一人百鬼夜行【合作】
某総帥『 (´;ω;`) 』


ドキプリ4話 ありす
WORKING!! 伊波まひる



関連タグ

ストリートファイター RYU-FINAL カプコン
豪鬼 剛拳 リュウ ベガ
阿修羅閃空 ダークネスイリュージョン

真・昇龍拳…(恐らく)対極にあたる奥義。

暗転ロックからの攻撃ワザ

だが断る


ここここの技なんだ!?

pixivに投稿された作品 pixivで「瞬獄殺」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 915435

コメント