ピクシブ百科事典

石渡太輔

いしわたりだいすけ

石渡太輔とは、ゲーム制作会社・アークシステムワークス(以下、ASW)に所属するゲームクリエイターである。
目次[非表示]

概要

外国音楽に深い造詣があり、自身もバンド活動を行うアーティストとしての一面を持つ。

出世作である『ギルティギア』をはじめ、ASW作品の多くの音響関係に携わっている敏腕クリエイター。

日本人であるが、生まれは南アフリカ共和国

ギルティギアシリーズ生み親にして統括監督であり、主に音楽・キャラクターデザインを担当する。

生粋のロックファンであり、自身も音楽を趣味とすることから、ASWの音響技術に大きく貢献している。

ギルティギア第一作が発売された1998年当時、マイナーであったジャーマンメタルなどの洋楽に注目し、自身の趣味も講じてそのほとんどの楽曲を自ら作曲、積極的にゲームに取り入れていったことで、シリーズのサイバーパンクな世界観と、対戦を熱くする強烈なサウンドを作り上げることに成功した。

また、同シリーズの主人公・ソル=バッドガイの声優も長らく務めていたが、昨今は「自分のような素人より、やはりプロにお任せすべき」という意向から、『GG2』以後は中田譲治氏に席を譲っている。
それでも彼のネイティブ仕込みの発音に親しみを覚えるファンは多く、ゲームの設定画面で石渡氏と中田氏の音声切り替えが可能なように配慮されている作品もある。

現在、『ブレイブルー』シリーズの音響監督も務め、そのほとんどの楽曲の作曲を手掛けている。
やはりこちらでも石渡クオリティは健在であり、さらにクラシック音源をふんだんに盛り込むことで新たな境地を開拓している。

小ネタ

  • ファンからは右渡ミギーとも呼称される。これは""の字を""と見誤った誤植に由来する。
  • 家庭用の開発にはほとんど携わっていない。理由は単純に興味が薄いかららしい、ただし『初代』はPS(言わずもがな家庭用据え置きハード)、『2』はXbox360(やはり据え置き)で出している。
  • 意外とあがり症でもある。『ギルティギアXX』で、収録の際に地声を取られるという緊張感のあまり、缶ビールを2缶飲み干し、トイレで絶叫して喉を潰してから収録に挑んだというエピソードは、ファンの間では有名。
  • ブレイブルーの公式ウェブラジオ『ぶるらじ』にゲスト出演(無印の第3回&続・の第12回)した際の動画のキャラは声を演じた関係からかソル=バッドガイになっていた。(頭にちまきを付けたイラスト)これは『ゲームの食卓』(Webラジオ、MCは磯村知美女史)でも同じイラストが使われている。ぶるらじA第6回&第7回に登場時以降は、ちまきになっていた。
  • 某漫画家同様まったくフケない。すでにギアに改造されているのではと噂されることも。

外部リンク

以下二つは出身校である、アミューズメントメディア総合学院のサイトから
ロングインタビュー
森利道氏 ロングインタビュー<話の流れから、石渡氏も途中参加している。>
wikipedia

関連タグ

ゲーム 制作者 音楽
アークシステムワークス(ASW)
ギルティギア ソル=バッドガイ
ブレイブルー

pixivに投稿された作品 pixivで「石渡太輔」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4708

コメント