ピクシブ百科事典

砂漠の使徒

さばくのしと

『ハートキャッチプリキュア』に登場する悪の組織。
目次[非表示]

概要

こころの大樹を枯らせ、世界を砂漠にするのが目的の組織。
…なのだが、彼らの詳しい正体や砂漠化したい動機が何であるかは本編では語られなかった。
特に彼らがどこからやってきたのかはまるっきり謎のままである。
本作はプリキュアシリーズでは珍しく「人間界とは異なる不思議な世界がある」という便利な設定を排除していたため、彼らの出自については宇宙人(異星人)説がよく語られる。
上北ふたごのコミカライズ版では実際に宇宙人という設定になっている。はるか昔に母星を失った彷徨える民で、第二の故郷を求めて地球を狙うというパターンである。ただしコミカライズ版は本編とは全く異なる独自設定も多々あるので、これが公式設定として認められているというわけではない。
なお、司令官のサバーク博士も三幹部も、その正体は地球に住むふつうの人間が洗脳されたものであったため、宇宙人起源説をとったとしても、宇宙人はラスボスである砂漠の王デューンただ一人しかいないことになる。

砂漠の使徒の侵略が初めて確認されたのはだいたい400年くらい前で、そのときからプリキュアと砂漠の使徒との果てしない戦いが歴史の裏側で断続的に行われている。いつの時代もプリキュアたちが最終的には勝利し砂漠の使徒を撃退しているが、何十年か立つとまた舞い戻ってくる。

「砂漠→佐幕→新選組」という発想からか、博士と三幹部の衣装には共通して、ダンダラ模様があしらわれている。

今までの敵キャラ達以上に、職務より、自分のマイペースさを重視しており、自分の価値観を押し通しているタイプが多い。

普段は地球と月のそばにある三日月型の星にアジトを構えている。

侵略方法

本作の世界観での地球は「こころの大樹」というものが存在しており、それは地球という惑星の生命力とつながっている。
砂漠の使徒はこころの大樹を枯らすことで、地球の生命力を枯渇させて砂漠化させようとたくらんでいる。

第一話冒頭でこころの大樹は悪の戦士ダークプリキュアの襲撃によって大ダメージを受けるが、大樹は自らの意志で地球のどこかに転移してしまい、行方がわからなくなってしまった。そのため、砂漠の使徒はこころの大樹を枯らすために人間たちを利用しようとしている。

すべての人間の心の中には「こころの花」なるものが存在しており、それはこころの大樹と精神的につながっている。こころの花はその人間が落ち込んだりしたときに弱ってしまうが、普通は枯れるようなことはない。もしも一本でも枯れてしまうようなことが起これば、大樹は自らの身体の一部を引き抜かれたようなことになり、そのたびに大きなダメージを受けてしまう。
そして砂漠の使徒は、心がしょんぼりしている人間のこころの花を物理的に取り出し、それを「デザトリアン」という怪物の姿に変えることができる。デザトリアンは自身がもつコンプレックスを制御できなくなり、悲しみに吠えながら暴れまわる。その行為はデザトリアンの素材となったこころの花をさらに弱らせ、最後には枯れ果ててしまう。

つまり、砂漠の使徒が行う基本的な悪事とは、「心が弱っている人間を怪物に変えて暴れさせ、苦しめること」である。

構成員

首領格

デューン
砂漠の使徒の本拠地、惑星城に居る存在。詳細は不明。サバーク博士の上司で砂漠の王
50年前、キュアフラワーに敗れて宇宙の彼方に放逐されていたが、地球へ再侵攻すべく惑星城とともに地球へ向かってきている。44話で月の裏側にまで到着し、本格的な地球侵攻を再開した。
下記のサバーク博士や三幹部はデューンが地球に到着するまでの先遣隊という扱いである。

サバーク博士
デューンが不在の間の実質的な砂漠の使徒の指導者。ダークプリキュアを生み出したり
三幹部に強化アイテム・ダークブレスレットを授けた。
仮面の下の素顔は……

自分が作り出した決戦兵器であるダークプリキュアの調整と運用に携わり、ダークプリキュアの行動を全て管理している。
が、部下である三幹部に対しては指導や指令を与えることもほとんどなく、基本的に放置。失敗続きなことへの叱咤や処分さえほぼなかった。
自分が一応は「指導者」であることをどうも忘れてるんじゃないか? と思わせるところがしばしば。
三幹部がフリーダムすぎる印象の砂漠の使徒たちだが、上から何の行動指針も与えられなければしょうがない気もする。
三幹部に対して唯一干渉したことが、強化改造アイテムであるダークブレスレットの実験体にすることだったあたり、基本的には指導者というより「悪の組織のマッドサイエンティスト枠」で理解すべき人物なのだろう。

ダークプリキュア
サバーク博士に忠実な片腕。戦闘力は三大幹部以上。
砂漠の使徒の先遣隊の中では一番真面目に悪事を行おうとしていた。
が、何かしようとするたびに博士に「まだお前が出るには早い」と止められてしまい、ストレスためがちだった。

三幹部

主に作戦を実行する隊長的な存在。デザトリアンを生み出せる。
三幹部の名前の由来は砂漠に住む生き物をモチーフにしている。
その正体は人間のこころの花をベースに創られた存在で、デザトリアンの一種であると言える。
そのため各幹部の本体である眠りについている人間が必ずどこかに存在する。
お互いをライバル視しているが三幹部同士の絆は強い。
一方でサバーク博士やデューンに対する忠誠心などは薄いようで、こころの大樹を弱らせるという仕事を真面目にこなそうとしていない。むしろ、人間界の文化や行事を積極的に楽しんでたり、かなりマイペースな動き方をしていた。

デザトリアンを暴れさせてこころの大樹を弱らせようとするのだが、劇中での破壊活動に計画性はほとんどなく、デザトリアンに選ぶ人間の人選も殆どが偶然見つけたしょんぼりした人である。
結局いつもプリキュアに邪魔されて作戦に一度も成功していない。
本作ではプリキュアにデザトリアンが浄化されるたびに逆にこころの大樹が元気になるという世界法則があったため、第一話でダークプリキュアが頑張ってダメージを与えたこころの大樹を復活させてしまう原因を作っている。
デューン帰還まで三幹部が遊んでいた方が使徒は勝ってたんじゃないかと言われることも…

クモジャキー
三大幹部の1人。硬派で脳筋な武人。中途半端な土佐弁を使う。

コブラージャ
三大幹部の1人。美形のナルシスト。…と思いきや意外にバカ。

サソリーナ
三大幹部の紅一点。勝気なお姉さん。オリエンタルな隠れ美人。

戦闘員

スナッキー
所謂雑兵。数を頼りに攻めかかる。元ネタはジョッカーの皆さん
砂袋。

ボスナッキー
スナッキーのリーダー格の個体。体が少しでかく額に赤いしるしがある。
プリキュアに浄化されると真っ白(文字通り)になる。

怪物

デザトリアン
三幹部が人から抜き取ったこころの花を物体に憑依させ造り出す怪物。
スナッキーそっくりな顔がついていたり、スナッキーのベルトにあるエンブレムが体のどこかにある。
ぬいぐるみから作られた個体は顔は変わらない。
ダークブレスレットで強化され、凶悪な顔つきになる。

デザートデビル
惑星城から発射される星を砂漠にする砂漠の種から生まれる怪物。
OPで毎回プリキュアにやられてるアレである。
しかし本編に出てきた個体は超巨大で、タフネスや再生能力も段違いだった。
TV本編におけるハートキャッチオーケストラを喰らった最初の相手。

劇場版の砂漠の使徒

サラマンダー男爵
地球の砂漠化を実行する際に最初に送り込んだ刺客だったが、あることでデューンの怒りを買い追放された。
現行の幹部と同じくこころの花から作られた存在かは不明。
劇場版に登場。

ルー・ガルー
サラマンダー男爵を現代に復活させ、彼の旅に同行する少年。
三大幹部と違い、男爵が地球人の少年に能力を付与した存在。

コウモリスナッキー
一頭身で手足の無い、コウモリのような羽がついたスナッキー。

関連組織

管理国家ラビリンス - 前作の敵組織。砂漠の使徒と同じく(分野は異なるが)科学技術を活用している。
幻影帝国 - 四作後の敵組織。砂漠の使徒と様々な共通点がある。当初は地球人のみの組織と思われていたが、終盤になって地球外の存在が黒幕だと明かされた。

ショッカー - 他作品に出てくる、宇宙人その正体が明らかになるのはシリーズ第5作だが)が一部の地球人を従えて結成した組織で、とある博士を最高幹部として重用している。……ただし、こちらの博士は指導者としての自覚をしっかり持っている。

関連タグ

ハートキャッチプリキュア

管理国家ラビリンス砂漠の使徒マイナーランド

pixivに投稿された作品 pixivで「砂漠の使徒」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 835558

コメント