ピクシブ百科事典

神帝

しんてい

神帝とは、TCGデュエル・マスターズのカード「神帝アージュ」、「神帝ムーラ」、「神帝ヴィシュ」または「神帝マニ」、「神帝アナ」または「神帝スヴァ」のG・リンク形態またはそれら6体の総称である。 劇場版デュエル・マスターズ 黒月の神帝では神月 ミカドの切札として登場し、激戦を繰り広げた。 4体のG・リンクで完成するため「4体神」とも呼ばれ、ミカドは4体G・リンク形態を「四神」と呼んでいた。 左図は、「神帝アージュ」、「神帝ムーラ」、「神帝マニ」、「神帝アナ」によるG・リンク形態である。
目次[非表示]

カード効果

左上

神帝アージュ 闇文明 (7)
クリーチャー:ゴッド/オリジン 8000+
G・リンク - 《神帝アナ》または《神帝スヴァ》の左横、《神帝ムーラ》の上側
W・ブレイカー
このクリーチャーが他のゴッド3体とリンクしていて、このクリーチャーが攻撃またはブロックする時、このクリーチャーをアンタップしてもよい。

左下

神帝ムーラ 闇文明 (3)
クリーチャー:ゴッド/オリジン 3000+
「G・リンク」 - 《神帝マニ》または《神帝ヴィシュ》の左横、《神帝アージュ》の下側
このクリーチャーがゴッドとリンクした時、自分の手札を1枚捨ててもよい。そうした場合、ゴッドを1体、自分の墓地から手札に戻す。

右下

神帝ヴィシュ 闇文明 (4)
クリーチャー:ゴッド/オリジン 3000+
G・リンク-《神帝ムーラ》の右横、《神帝アナ》または《神帝スヴァ》の下側。
このクリーチャーがゴッドとリンクした時、自分の手札を1枚捨ててもよい。そうした場合、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。

神帝マニ 水文明 (4)
クリーチャー:ゴッド/オリジン 4000+
G・リンク - 《神帝ムーラ》の右横、《神帝アナ》または《神帝スヴァ》の下側
このクリーチャーがゴッドとリンクしたとき、カードを1枚引いてもよい。

右上

「神帝アナ」 水文明 (5)
クリーチャー:ゴッド/オリジン 5000+
G・リンク - 《神帝アージュ》の右横、《神帝マニ》または《神帝ヴィシュ》の上側
このクリーチャーがゴッドとリンクしたとき、相手にバトルゾーンにある自分自身のクリーチャーを1体選ばせ、持ち主の手札に戻してもよい。

「神帝スヴァ」 闇文明 (5)
クリーチャー:ゴッド/オリジン 6000+
G・リンク - 《神帝アージュ》の右横、《神帝マニ》または《神帝ヴィシュ》の上側
このクリーチャーのパワーは、自分の墓地にあるゴッド1体につき+2000される。
このクリーチャーが《神帝アージュ》とリンクしていて攻撃する時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選んでもよい。そのターン、そのクリーチャーのパワーは-8000される。(パワーが0以下のクリーチャーは破壊される)
自分の、カード名に《神帝スヴァ》と書かれているカードがバトルゾーンを離れた時、自分はゲームに負ける。

四体リンク時(リンクする瞬間の効果は省く)
DM-32に収録されたカードのみを使用する場合
神帝ムーラ/神帝マニ/神帝アナ/神帝アージュ    闇/水文明 (3+4+5+7)
クリーチャー:ゴッド/オリジン 20000
W・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃またはブロックする時、このクリーチャーをアンタップしてもよい。

闇単色神帝の場合
神帝ムーラ/神帝ヴィシュ/神帝アージュ/神帝スヴァ    闇文明 (3+4+5+7)
クリーチャー:ゴッド/オリジン 20000+
W・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃またはブロックする時、このクリーチャーをアンタップしてもよい。
このクリーチャーのパワーは、自分の墓地にあるゴッド1体につき+2000される。
このクリーチャーが攻撃する時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選んでもよい。そのターン、そのクリーチャーのパワーは-8000される。(パワーが0以下のクリーチャーは破壊される)
自分の、カード名に《神帝スヴァ》と書かれているカードがバトルゾーンを離れた時、自分はゲームに負ける。

概要

特殊サイクル「オリジン」のゴッド。背景ストーリーでは、オリジン軍の最初の切り札である。
四体のカード名はヒンドゥー教のヨガにおいて、人体に7つあるといわれるチャクラが由来のようだ。
”ムーラ”ーダーラ(Mooladhara)
”スヴァ”ーディシュターナ(Swadhisthana)
”マニ”プーラ(Manipura)
”アナ”ーハタ(Anahata)
”ヴィシュ”ダ(Vishuddhi)
”アージュ”ニャー(Ajna)
カード化はしていないが、七つ目のサハスラーラ(SahasrAra)が存在する可能性はある。
映画ではミカドが妹から奪った「超神龍ルナーズベルグ」の効果を使い四体そろえる布石にしている。
四体揃った時のイラストが「ルナーズベルグ」に似ている。四体リンクすると必ず八つ首になることや種族が「オリジン」なのもそれらしい。(オリジンは日本神話を元にした名前がつくことが多く、またルナーズベルグのモデルはヤマタノオロチである。)
ほぼ専用のサポートカードとして「新月の脈城オリジナル・ハート」が存在する他、なぜかスヴァ単体が覚醒して「神の覚醒者サイキック・スヴァ」となっている。映画でスヴァが「破壊神」と呼ばれ他のパーツとは別格とされていることが関係あるのかもしれない。種族もなぜかデーモン・コマンドとなっているが、「スヴァ」というパーツはデーモン・コマンドがゴッド化したものだと考えると面白い。邪神のように、もとは違う種族を持った者がゴッドになった例はほかにもある。
どちらも神帝とシナジーがあり、神帝自身種族デッキとして優秀なオリジン持ちであるため、専用デッキを作って使うのが良いだろう。

背景ストーリーでの扱い

オリジンの侵略に対する怒りにより7体の超獣が究極進化を遂げ、7体のルナティック・エンペラーが誕生した時、ルナティック・エンペラーのパワーを受けより大きく開いた「時空の裂け目」から現れたかつてない巨大な古代のゴッド
その力で7体のルナティック・エンペラーを倒し、地上の連合軍を圧倒するも、
ボルシャック・NEXが究極進化を遂げた神羅ライジング・NEXとの長きに渡る激闘の末に倒された。

関連タグ

デュエル・マスターズ デュエル・マスターズ
水文明 闇文明 ゴッド オリジン
神月ミカド
プロジェクト・ゴッド
チャクラ 八岐大蛇

pixivに投稿された作品 pixivで「神帝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45002

コメント