ピクシブ百科事典

神竜

しんりゅう

主としてFF等のゲームにおいて、ドラゴンの王として恐れられる存在。
目次[非表示]


なお、「神竜」で検索すると「ラーの翼神竜」もひっかかる。

もしかして:神龍(シェンロン)?

FF5における神竜

LV:97 HP:55500 MP:51000

ラストダンジョンに潜んでいる隠しボス。同作品のオメガ(FF)と並ぶ難敵であり、いわゆる「ラスボスより強い隠しボス」の先駆け的な存在。
現在でこそ攻略法が確立されているが、そのあまりの強さから、当時のプレイヤーを大いに悩ませた。

戦闘能力

最初に来る「タイダルウェイブ」で大抵の初見プレイヤーを全滅に陥れる。神竜の
行動速度が非常に速いため気付きにくいが、最初の行動は「なにもしない」で2ターン目で「タイダルウェイブ」なのである。
以降は「吹雪・稲妻・アトミックレイ・ミールストーム・あくまのひとみ・死のルーレット・レベル3フレア・レベル2オールド・マイティガード・通常攻撃」を繰り出してくる。
ボスとしては珍しく「バーサク」が効くのだが、素早さが高い上に2回攻撃なのでゴーレムを召喚してもあっという間に効果が切れる。しかも攻撃力も高いので、「マイティガード」を併用しないと効果が薄い。
強敵には違いないのだが、オメガ戦と違って「珊瑚の指輪」さえあれば戦いにくい相手ではない。
珊瑚の指輪なしで倒すなら、「最大HPを上げて初撃を強引に凌ぐ」「マサムネの強制最速行動を利用して『クイック→飛竜の槍×二刀流×みだれうち→みだれうち』の1ターンキル(Lv50以上推奨)」が望ましい。
倒すと竜の紋章(ドロップアイテム:100%)とラグナロク(宝箱)が手に入る。

入手アイテムのラグナロクが強力な上、レアアイテムを盗める(しかも逃走して量産可能)、強力な防御魔法をラーニングできるなど、殆ど名誉のみの戦闘であるオメガより得るものは多い。
しかし、オメガがセーブポイント直後にいるのに対して、神竜は凶暴なモンスターがひしめくラストダンジョンを延々歩かされた後にセーブポイント直前で遭遇する(しかも、なぜか宝箱に潜んでいる)ことになるため、初見殺しとしてのイメージは恐らくこちらの方が上。

なお、同スクウェアの作品である『ライブアライブ』の幕末編では、神竜をもとにした「魔神竜之介」という敵キャラが登場する。(他にもオメガをもとにした岩間さまという敵キャラも登場する。)非常に手ごわいが倒せば強力な武器が手に入る。

GBA版以降のFF1の追加ダンジョンにも登場しており、FF1の仕様に合わせて調整されているとはいえオリジナルとほとんど変わらない強さを誇る。
こちらのHPが三桁であるのに対して三万オーバーというラスボスを上回るHPである為、倒すには念入りな下準備は必要。倒すともれなくラグナロクがもらえる(ドロップアイテムなので倒す度に何度でも)他に、神竜の隣にある倒した時に開けられる宝箱から「英雄の盾」が入手できる。

神竜・改

GBA版FF5のEXダンジョンに登場するボスの1体で、神竜をさらに強くした感じである。神竜戦でのアイテムを盗んでは逃げるといった作戦は使えない。
戦闘開始直後にマイティガードで、ターンごとにミールストーム・吹雪・炎・ゾンビブレス・稲妻・2回攻撃・ポイズンブレス・ブレスウイング・カーズ・アルマゲスト・タイダルウェイブを繰り出し、HPが半分以下になるとミュートを唱えてから2,3連続攻撃を仕掛けてくる。
しかもカウンターとしてホワイトホール・死の宣告・ゾンビパウダーを、ファイナルアタックとしてギガフレアとメテオを連続で使用し、相討ちを狙ってくる。また、50%の確率でダメージを完全無効化してくるため、神竜以上に厳しい戦闘となっている。
事前にレビテトをかけ、リボンと珊瑚の指輪を(攻撃役以外はアイスシールドも)装備しておき、白、青、時魔法を使えるキャラに正宗を装備させる。戦闘が始まり、最初の猛攻を凌いだら回復役はクイックと回復魔法を唱え、補助役はディスペルでマイティガードを打ち消し、全員を調合で強化させておく。攻撃役は二刀流で魔法剣フレアからの乱れ打ちあるいは飛竜の槍×2装備でクイックからのジャンプ連発を喰らわせる戦法が強力。
神竜改を破れば最強の武器アルテマウェポンが手に入る。

そもそもオメガが改造されるのはまだわかるとして、神竜の改造版とは一体どういう事なのか?まさに謎は深まるばかりである。

FF9の神竜

Lv67 HP:54941 MP:9999
種族:ドラゴン族、飛行
Disc4開始後、インビンシブルに乗ってイーファの樹上空に突入すると、無数の銀竜を蹴散らすイベントの直後にそのまま戦闘開始となる。レベルはそれほどでもないが作中最強のドラゴン族で、非常に高い物攻と素早さで猛攻を仕掛けてくる。
例に漏れず「タイダルウェーブ」や「ツイスター」による強力な全体攻撃で生半可な魔防とHPのキャラクターは瞬殺されてしまい、物理攻撃を仕掛けても高威力のカウンターでHPを大幅に削られてしまう。
しかし自身のHPはそれほどでもなく、また冷属性と風属性が弱点なため、「アイスガ」「アイスガ剣」「ダイヤモンドダスト」「千年の風化」「ツイスター」が使えるのならさほど苦戦はせず、「盗賊のあかし」「カエルおとし」などの固定ダメージ技が高威力になっているならそれを連発させるだけで比較的あっさり倒せてしまう。
非常に低確率だがフライヤの最強体防具である「グランドアーマー」(スタイナーも装備できるが、彼にはさらに強い「ブリキのよろい」がある)が盗めるため、合成素材と費用を節約したいのなら盗めるまで粘ってみてもいい(「盗賊の極意」と「目利きの手触り」装備推奨)。

ダイスDEチョコボにおける神竜

PSで発売されたモノポリー風ボードゲーム『ダイスDEチョコボ』の最終ステージ『いにしえの遺跡』にてオメガと共に登場し、プレイヤー(チョコボ)は両者の争いに巻き込まれる形で戦うことになる。

まず特筆すべきはその特殊能力で、なんと全ての攻撃魔石に耐性を持っている(オメガも同様)。この耐性により、それまでのステージで有効だった「攻撃魔石で状態異常にして乗っ取りを確実に封じる」「加速・減速を利用しての出目操作」「カエルにして攻撃魔石や重ね掛けを封じる」といった戦法が全て封じられてしまう。
しかし友達魔石の効果による状態異常は無効化できないため、デビルフィッシュやマッドマン等で行動を制限する戦法は有効。と言うかそうでもしないと厳しい。
また、攻撃魔石をプレイヤーに直接使ってくることは非常に稀なため、こちらも敵土地への攻撃用や自身の出目操作用に割り切って使用しやすくなる利点とも取れる。

使用する友達魔石はどちらのものもゲーム中最高の38%という脅威のアップ率とその能力から最強の一角とされている。
神竜の「ホーリードラゴン」は自身への毒を無効化するため、3体重ね掛けされれば絶対に乗っ取りされなくなる(友達魔石への毒はアップ率を半減させるため、乗っ取りの有効手段のひとつ)上、発動率は低めだが次の出目が強制的に1にされ、しかもマッドマンのように無効化手段は無い。もし3体重ねられようものならカエル等で徴収を無効化するか破産させて強制的に売却させる以外に対処法は存在しない。
オメガの「ローラー」は眠りと混乱に耐性を持ち、同エリアへの連続配置でアップ率が上昇するので、重ね掛けしたこいつだけで独占でもされようものなら手が付けられなくなる。これだけでも十分強いのだが、リメイク版の『チョコボランド』ではカエル・石化・毒にも耐性が付いてさらに強化され、出目固定による連続徴収以外の目的でホーリードラゴンを使う意味が無くなってしまった。
それだけ強力な分入手のためには『いにしえの遺跡』を3回クリアしなければならないが、それに見合った強力さと言える。
なお、同じく最強の一角とされる「デビルフィッシュ」は第2ステージの2回クリアで解禁されるという超お手軽。

どうでもいい事だが、本作の神竜はオーガに襲い掛かられて吹っ飛んだり、マモンに惑わされたり、フロータイボールの目にドキリとしたり、ホーリードラゴンの咆哮に驚いたり、足が無いのにヘッジホッグの棘が足に刺さったり足が無いのにムースを踏んで足が滑ったり足が無いのにマッドマンに足首を掴まれたりしている。
わけがわからないよ


神竜の生態

神竜は一つの世界に1~3体しかいない、希少な存在である。
また、性別はあるのだが「10体の内1体がメス」ということになってしまっている。
そのため、オスがメスになり子を産むということがあるようだ。(一体で二つの生殖器を
持っているということになる。)

竜の巣籠り

竜は繁殖期になると、女性の髪の毛で巣を作るという。そして、巣を作り終わったら
その女性を喰ってしまう・・・そのため、
竜の住む村などは 10年くらいで朽ちてしまうという。

神竜と人間のハーフ

神竜と人間のハーフは、実際に人間と神竜が交わって出来た子供のことを
表すのではなく、何らかの理由で死んだ子供が、死後の世界で神竜の
力を得て、半神竜になった子供のことを表す。
しかし、転生することが出来ない、神竜と同じ体質になってしまう(ふたなり)
人肉を求める者が出てくる(極稀に)・・・・など欠点も多いようだ。

DFFシリーズ

DFFシリーズでは、物語の根幹に深く関わる重要キャラクターとしての登場となる。
ゲーム本編で直接登場する事はほとんどないが、カオス陣営の人物達の会話でその名前が何度か出てくる。
神々の戦いを見守り、それが終わらないよう監視している。その理由は、それぞれの戦士達が傷付き倒れた後、その戦士達の記憶と経験を喰らって自らの力にし、喰らった戦士達をこの世界に召喚された直後の状態にまでリセットする「浄化」と呼ばれる現象を行うため。つまり、DFFの世界は神竜にとって自らの力を楽に高める事ができる絶好の餌場となっていた。
この浄化は単純な蘇生行為ではなく、神竜に力を奪われて記憶も経験値もリセットされるというシステムなので、戦いで受けたダメージが大きく深い傷を負った戦士は浄化に耐え切れず、消滅してしまう。

しかし、神々の戦いを何度も続けようと考えていた神竜の思惑は、大いなる意思の介入により13回目の戦いで終わる事となってしまう。これに憤慨した神竜は、13回目の戦いにてコスモスの戦士達との直接対決で敗北したカオスを消滅する間際にそそのかし、大いなる意思を悪夢の世界へ閉じ込めるよう差し向ける。この悪夢の世界が、隠しシナリオ「知られざる物語」の舞台となる。

ゲーム本編では、カオス専用の召喚獣として登場。発動するとランダムで様々な効果が現れる「無秩序の氾濫」が発動する上、通常の召喚獣とは違い何度も発動される。

また、前述の知られざる物語では「真竜」という強化版が登場。悪夢の世界で力を高め続けた神竜の姿だが、悪夢の世界での存在なので実際に存在している訳ではない模様。
こちらは敵として登場するデスペラードカオスの専用召喚獣として登場。20秒後に「相手ブレイブ0」「相手のブレイブ値を固定」「両者のブレイブを交換」「自ブレイブ値を3倍」のいずれかの効果が発動する「パラドクスの咆哮」を使用する。

pixivに投稿された作品 pixivで「神竜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 112437

コメント