ピクシブ百科事典

神風

かみかぜ

神が吹き起こす神聖な風。
目次[非表示]

曖昧回避

  1. 神聖
  2. 元寇の時に起きた伝説の暴風。
  3. 特攻航空部隊の名称。
  4. 大正日本駆逐艦とその艦型。初代とその系譜を継いだ二代目がある。
  5. 4のうち二代目をモチーフとしたブラウザゲーム『艦隊これくしょん』の艦娘(キャラクター)。神風(艦隊これくしょん)を参照。
  6. 猿飛肉丸が得意とする忍術
  7. イナズマイレブン亜風炉照美風丸一郎太cpタグ
  8. 神風怪盗ジャンヌ
  9. ポップンに登場する神風トオル


概説

神話

が吹く、または神界から吹き寄せるとされる特別なとされ、日本書紀に「神風(かむかぜ)の伊勢(今の三重)の国は常世の波の敷浪の帰する国なり。この国に居らむと思ふ」という和歌がある。
ギリシャ神話に、神が起こした風がいくつも書かれ、和訳では「神風」と表現された。

元寇

2度モンゴルが襲来してきた元寇が起こり、1274年(文永10年)の「文永の役」と1281年(弘安4年)の「弘安の役」の2度ともモンゴルと高麗朝鮮)の艦隊を暴風が撃破し、侵攻を食い止めたとされる。
しかし、1度目は元軍が戦略的に撤退した後に暴風雨に遭ったのであり、神風は戦況に何らかの影響を及ぼしたわけではない。2度目は旧暦6月(新暦7月)の台風の到来で、博多湾に停泊していた元軍艦隊を壊滅させたが、この時期は台風が定期的に発生するものであり、その事を知らずにいた元軍にとって偶然の出来事ではなかった。

その後、日本を危機から守る伝説の風として伝えられてきた。

軍艦

大日本帝国海軍駆逐艦、及びその同艦型群のこと。
明治期に日露戦争に備えて建造され、戦争には間に合わず就役した。
続いて「八八艦隊計画」の一環として建造された二代目神風型が有名。
9隻からなる艦型群で、第二次世界大戦大東亜戦争/太平洋戦争)に奮戦し、一番艦である神風を残して失った。
一番艦の神風はアリューシャン方面攻略をはじめ、北号作戦四航戦で転戦。終戦時はベトナム方面での輸送任務を務め、シンガポールで終戦、その後は復員船として従事。

詳細はこちら→初代神風型/2代目神風型(駆逐艦)/神風(2代目)

特攻

大戦末期、米軍連合国軍)の前に劣勢に立たされた日本軍は、体当たり攻撃による特攻作戦を組んだ。人間爆弾桜花」や人間魚雷回天」とともに自爆玉砕する特別攻撃航空部隊(特攻隊)が編成され、「神風」の名が与えられて神風特攻隊となり、思ったほどの戦果を上げることはできなかったが、世界にその名が知れ渡った。

現代

世界的には身の危険を顧みない攻撃の比喩として広まっている。
思いがけない幸運に恵まれる事を「神風が吹く」という表現が使われ、ある業界では、女子のスカートの中を拝ませてくれる奇跡の風として言い伝えられている。

関連タグ

神話 伝説 歴史 日本史 軍事 駆逐艦 特攻特攻隊神風特攻隊
中世 元寇 パンチラ 風のいたずら 神風の術

pixivに投稿された作品 pixivで「神風」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6427339

コメント